趣味の見つけ方

【初心者でも分かる】趣味としてのバイオリンの始め方(必要な道具・費用なども)

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

バイオリンは、大人が趣味として始めてもおかしくない楽器演奏系の趣味の一つです。

音が小さい「サイレントバイオリン」もあり、自宅で練習する際の騒音問題を回避できる可能性があります。

早く上達したい場合は、音楽教室を利用することをお勧めします。

一通り揃えると10万円前後の初期費用がかかることになります。

スポンサーリンク




バイオリンのはじめ方とは

「習い事の代名詞」「オーケストラの主要楽器」「小さめの弦楽器」という印象が強い「バイオリン」を、習い事としてではなく大人の趣味として楽しむこともできます。

子どもの習い事の印象の強いバイオリンですが、実際は音楽教室でも大人向けの教室が充実しているなど、決して大人向けではないというわけではないのです。

バイオリンを趣味として始める方は、楽器演奏に興味があり、子どもの頃にバイオリンを習っていた、あるいはバイオリンをしたかったけど断念したという方が多く見られます。

数ある楽器の中でも「単独で演奏しても演奏映えが良い楽器」の一つであり、音楽団等に参加しなくても楽器演奏を楽しめるのです。

もちろん、楽団に所属して本格的に発表会への参加などを視野にいれることも可能です。

楽器演奏を趣味とする際の問題点である「騒音」に関しては、昨今では「サイレントバイオリン」という、通常のバイオリンよりも音が小さいバイオリンもあります。

今まで音の問題を気にして楽器演奏を趣味とすることを断念していた方も、サイレントバイオリンであれば始められるかもしれません。

バイオリンを始める際に必要な道具は?

バイオリンを趣味として始めるために必要なものは、やはり「バイオリン」です。

これがなければさすがにバイオリンを始められません。

楽器演奏を趣味とする以上、バイオリンのお手入れのためのグッズも必要になります。

また、演奏する曲の楽譜も必要になります。

サイレントバイオリンを使用する場合は、イヤホンなどのオーディオ周辺機器にも拘る必要があります。

スポンサーリンク




その道具はどこで手に入る?

基本的に、バイオリン演奏に必要なものは、バイオリン本体も含めて楽器店での購入が基本となります。

楽譜やお手入れのためのグッズなども総合的に取り揃えており、趣味として始めるレベルであればほぼすべての道具を楽器店で揃えられます。

ただし、品揃えは楽器店ごとに異なり、希望通りの道具を揃えられないケースもあります。

その場合は、インターネット上で運営している楽器店を利用することをお勧めします。

バイオリンをするのに、資格は必要?

バイオリンを趣味として始めるのに、特別な資格は必要としません。

ですが、やはり「楽器演奏」であるために、「音の問題」は避けて通ることができません。

先ほど「サイレントバイオリン」というものを取り上げていますが、「サイレント」とはこの場合「無音」を表す言葉ではありません。

通常のバイオリンとは異なり、音を響かせる部分が省略されており、静音性の高いバイオリンではありますが、決して無音というわけではありません。

お住いの住居によっては、サイレントバイオリンでも騒音が問題となる可能性があります。

そのため、楽器演奏が可能な練習スペースの確保が重要になることは、他の楽器演奏と変わらないと言えます。

楽器演奏の練習場所としては、音楽教室の貸し教室や貸しスタジオ、カラオケボックスなどが挙げられます。

楽団に所属する場合は、練習場所を簡単に確保できます。

スポンサーリンク




バイオリンを始める際に必要な費用は?

バイオリンを趣味として始めるにあたっての初期費用ですが、安くても10万円前後の費用は覚悟しなければならないでしょう。

この手の楽器としては安い値段で購入できるバイオリンですが、それでも楽器や楽譜、その他必要なものを一通り揃えるとなれば、最低でも10万円前後の初期費用を覚悟しなければなりません。

また、バイオリンの演奏技術を学ぶため、バイオリン教室や通信教育などを利用する場合、そのための費用もかさむことになります。

とは言え、バイオリン初心者が技術を学ぶ方法としては、同じく学ぶ立場にある生徒と一緒にバイオリン技術を習得できる音楽教室の利用が基本となると思います。

他の生徒が一緒であることにより、一人で練習するよりも上達のスピードが格段に上がります。

また、音楽教室で練習することで、当面の練習スペースの確保も考慮しなくて済みます。

まとめ

練習を重ねれば、有名な曲から最新の曲まで、さまざまな曲をバイオリンで演奏できるようになります。

最初のうちはなかなか重い通りに演奏できないことも多いですが、根気よく練習を続けましょう。

サイレントバイオリンの存在によって、自宅で練習しても音の問題が気にならない可能性がありますが、あくまでも「無音ではない」ということを理解しておきましょう。

サイレントバイオリンの音量・音質については、動画投稿サイトにさまざまな動画がアップロードされていますので、そちらの方を参考にしてみてください。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-趣味の見つけ方

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2018 AllRights Reserved.