趣味の見つけ方

【初心者でも分かる】趣味としてのドールハウスの始め方(必要な道具・費用なども)

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ドールハウスはミニチュアの家(部屋)を用意する趣味で、既製品から手作りまで幅広い楽しみ方があります。

専門店があれば良いのですが、無ければおもちゃ屋か、ネットショップで購入できます。

手作りする場合は、手先の器用さも求められることになります。

スポンサーリンク




ドールハウスのはじめ方とは

小さな家(部屋)、小さな家具、小さなキャラクターを飾る「ドールハウス」は、今では趣味の一環として知名度を高めています。

ドールハウスと聞くと「小さな女の子の遊び」と思われる方もいらっしゃいますが、リアル志向で完成度の高いドールハウスは、遊びの次元を遥かに超越します。

その風貌はまるでシックなアンティーク(実際にそれだけの価値の品もありますが)、飾っておけば高級志向な洋風インテリアとしても機能してくれます。

しかも、絵画などと異なり、内容物(ドールハウス用の家具とドール)を自由自在にアレンジすることで、同じ構成内容でも変わった見た目に変えることができ、私たちの目を飽きさせません。

お部屋の調度に適したドールハウスを用意できれば、手軽に高品質なインテリアを用意できます。

基本的に市販品のドールハウスセットを購入し、自分なりのアレンジで中身を並べることを趣味の中心とします。

しかし、人によっては「手作りドールハウス」を楽しむという方もいらっしゃいます。

こちらの場合、「ジオラマ」や「模型製作」の趣味の色合いが強いのですが、ドールハウスとは無関係なグッズを組み合わせてドールハウスを仕上げる方法です。

手作りとは言え手間暇かければ高品質なドールハウスに仕上がりますので、世界にひとつだけの高品質なドールハウスを少ない予算で入手できます。

スポンサーリンク




ドールハウスを始める際に必要な道具は?

ドールハウスを始めるにあたって必要なものは、まず最初は「既製品のドールハウス」です。

また、ドールハウスのイメージを明確にするために、書籍を購入する必要もあるかもしれません(インターネットや展示品などでもイメージは可能)。

一から手作りでドールハウスを作りたい場合は、材料と工具類、手芸道具などの道具が必要になります。

どういったコンセプトでドールハウスを作るのかによって必要な材料や道具も異なりますが、慣れてくると必要な道具の種類もわかってくるかと思います。

また、材料もアレンジしやすくなり、手近な材料で望むとおりのドールハウスの構成部品を仕上げる事ができるでしょう。

その道具はどこで手に入る?

ドールハウスは、おもちゃ屋でも販売しているところがありますが、今後利用することを考慮すると専門店を探すことをお勧めします。

ドールハウスの専門店であれば、数多くのドールハウスを目にすることが可能で、今後のデザインの参考になりますし、必要なものを買い揃えやすくなります。

お近くにドールハウス専門店が無い場合は、ネットショップでの購入をお勧めします。

手作りする場合は、ホームセンターや手芸用品店で道具や材料を揃えましょう。

また、材料に関してはそれらのお店で購入できますが、コストを抑えつつ試作品の制作の際の材料の購入にも役立つのは「100円ショップ」です。

一部の工具や手芸道具もここで揃えられますし、ネットでは100円ショップで購入した材料で手作りしたドールハウスの参考画像が数多く公開されていますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク




ドールハウスをするのに、資格は必要?

ドールハウスを始めるのに、特別な資格は必要ではありません。

ドールハウスをアレンジする際の芸術性が求められるでしょうが、個人で楽しむだけなら素質は求められません。

ですが、完成度の高いドールハウスを完成させたいという場合は、作品を作るための表現力や手先の器用さなどが求められることになります。

特に、一から手作りでドールハウスを作成したい場合は、手先の器用さに加えて「材料の特性」を知ることが、リアル感のあるドールハウスを作成するのに必要になります。

手作りのドールハウスは自由度が高く、特定のテーマで作ることの多い「プレゼント用」のドールハウスを作る際には高い完成度を要求します。

喜ばれるものを作るためにも、クラフト系の技術を磨く必要があります。

ドールハウスを始める際に必要な費用は?

ドールハウスを始めるにあたっての初期費用ですが、最初は既製品を買い揃えることになります。

ワンセット購入するに当たっての購入費用は、およそ1万円~2万円ほどで揃えられます。

手作りする際には道具の購入費用に数千円、材料は何を使うかにもよりますがワンセット作成するためにこれも数千円ほどかかるかと思います。

まとめ

ドールハウスは、飾ってよし、贈ってよしの実用性を兼ね備える趣味であり、決して女の子の遊びの範疇には収まりません。

ドールハウスには、その人の願望をトレースするという性質もあり、手軽にマイホームの願望をそこに投影することができます。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-趣味の見つけ方

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2018 AllRights Reserved.