趣味の見つけ方

【初心者でも分かる】趣味としてのサックスの始め方(必要な道具・費用なども)

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

サックスは木管楽器の一つであり、練習すれば誰にでも演奏できる楽器の一つです。

練習すれば、さまざまな曲をサックスでアレンジして演奏することも可能です。

楽器店だけでなく、中古であればリサイクルショップでも取扱が多いです。

音の問題がありますので、騒音が気にならない練習場所を確保することが重要です。

お値段はピンからキリまであり、数万円~数十万円までさまざまな価格帯が用意されています。

スポンサーリンク




サックスのはじめ方とは

おそらく、多くの人がご存知の楽器の一つに「サックス」が挙げられます。

正式には「サクソフォーン」と呼ばれる楽器なのですが、日本では縮めた言い方であるサックスが馴染み深いのではないかと思います。

子どもの頃、おそらく中学校の吹奏楽部が演奏しているのを見聞きしたのが初めてという人が大半だと思います。

プロになるとジャズ・バンドなどで使用される機会が多く、また、プロの吹奏楽団でも人気の楽器の一つです。

そのためか「サックス=難しい」というイメージをお持ちの方が多いのですが、前述の通り中学校吹奏楽部でも演奏されている、つまり中学生でも練習さえすれば演奏できる楽器であるということです。

木管楽器の一種でありながら、他の木管楽器とは一線を画する雰囲気を持つ楽器でもあります。

木管楽器でありながら金管楽器(トランペットなど)と同じく真鍮製のボディは、圧倒的な存在感を演出します。

そして、演奏方法によってハードな曲からしっとりした曲まで何でもこなせる器用さを持ち、さまざまな曲をサックスで演奏できます。

慣れてくれば、いわゆる「耳コピ」で、さまざまな曲をサックスでアレンジして演奏できるようになります。

また、吹奏楽曲においてサックスがソロを努める部分がある楽曲も多いです(某アニメで、サックスがソロパートを持つ人気楽曲が取り上げられていましたね)。

練習場所の確保という問題は残りますが、楽器の中でも手軽に始められるタイプの楽器の一種であり、趣味として初めてみても面白い楽器です。

スポンサーリンク




サックスを始める際に必要な道具は?

サックスを始めるのに必要なのは、何と言っても楽器「サキソフォーン」です。

これがなければ演奏なんてできませんから。

また、演奏に必要な技術を学ぶためのサックス教材用のビデオや、書籍などがあると練習がはかどります。

他にも、演奏に必要な楽譜などを購入する必要があります。

その道具はどこで手に入る?

基本的に、サックス演奏のために必要なものは全て楽器店で購入できます。

ビデオや書籍に関しては、古本や中古ビデオでも購入できます。

その都合上、サックス本体を含めてリサイクルショップで一式揃えるという手も無いことはありません。

古本から中古の楽器まで揃えているタイプのリサイクルショップであれば、意外と一式揃えることも難しくないのです。

それほど、サックスは多くの人に好まれている楽器でもあるのです。

スポンサーリンク




サックスをするのに、資格は必要?

サックスを始めるのに、特別な資格は必要ありません。

ただし、比較的簡単とは言いましたが、練習無しで演奏できるような楽器はありませんから、きちんと練習する時間を確保できることと、練習で飽きてしまわない忍耐力は求められることになります。

さらに、サックスを練習するための「練習場所」の確保も重要です。

ソロも努められるくらいの重厚感のある音をだすことができるサックスは、集合住宅で演奏すれば確実に近所トラブルの原因になることでしょう。

楽器演奏を趣味とする人の宿命でもありますが、練習場所を確保することはサックスを趣味とする際の最大の課題であると言えます。

楽器練習の場所として最適なのは「音楽教室の空き教室」や「貸しスタジオ」、「カラオケボックス」などを利用することです。

お金はかかりますが、誰にも邪魔されずに練習できます。

公園などで練習するという方法もありますが、音が響きやすいサックスの練習はある程度場所が限られてしまいます。

吹奏楽団に所属すれば練習場所の確保も楽になりますが、一人で楽しみたいという場合はその趣旨に反することになります。

スポンサーリンク




サックスを始める際に必要な費用は?

サックスを始める際の初期費用は、サックスの購入費用が大半を占めます。

それで、サックスの購入費用の相場なのですが、なんとも言えませんね。

オンラインの楽器店のサイトを覗いてみてほしいのですが、サックスのお値段は安いものだと5万円程度で購入できる物もありますが、何十万(100万円近い値段もあり)という高価なサックスも販売されています。

初心者は、せめて10万円前後の価格帯のサックスであれば十分楽しめるかと思いますし、サックスに対する愛着も湧きやすいのではないかと思います。

まとめ

好きな曲をサックスで演奏することができるというのは、大きな満足感を得られる趣味となります。

これを機に、仲間内でバンドを結成するということもできますし、吹奏楽団に入団して本格的に吹奏楽を始めることも可能です。

何かと柔軟性を持ち、好みのスタイルで楽しむことができるというのも、サックスの魅力の一つだと言えます。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-趣味の見つけ方

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2018 AllRights Reserved.