趣味の見つけ方

【初心者でも分かる】趣味としてのカラオケの始め方(必要な道具・費用なども)

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

カラオケは、ただ歌うだけでなく、ストレス発散やダイエットにも効果的という実用性を兼ね備える趣味です。

カラオケボックスの利用が基本ですが、自宅でカラオケを楽しむこともできます。

その際には防音対策をきちんとしておく必要があり、場合によっては10万円を超える費用がかかることもあります。

スポンサーリンク




カラオケのはじめ方とは

皆さんは、気の合う仲間と一緒に「カラオケボックス」を利用した経験が一度はあるのではないでしょうか?

特に、飲み屋に行けない若い世代だと、複数人で集まったときの最もポピュラーな行き先のひとつになるのではないかと思います。

一昔前は「カラオケ=複数人で」という風潮が一般的でしたが、現在ではいわゆる「ヒトカラ」つまり「一人用カラオケ」が流行っています。

要するに、一人でカラオケを満喫することを趣味とするのです。

以前は「パーティ向け」の利用客が多かったものの、「カラオケ自体を楽しみたい」という需要が年々増加し、現在では一人用専用の部屋を用意しているカラオケボックスも存在します。

カラオケは「歌うこと」を基本としますが、これにはさまざまな要素が含まれます。

まずは「ストレス発散」です。

普段、自宅や公道で大声を出せば、迷惑がられること間違いありません。

下手をすれば、警察沙汰に発展します。

カラオケボックスは(完全ではないものの)防音設備が整っており、マイクを使って大声で歌っても文句を言われることはありません。

普段は出せない大声を出せるカラオケボックスは、最高のストレス発散スポットになるのです。

次に「ダイエット」です。

曲にもよりますが、10分間のウォーキングと同レベルのカロリーを消費できる曲も存在するほど、ダイエットに効果的であると注目されています。

それを受けてか、最近のカラオケマシンでは消費カロリーを表示するタイプのものもあるほどです。

最後に「飲み会等の練習」です。

やはり、飲み会など一定の集まりになると、カラオケをすることが多いです。

忘年会で、皆の前で上手に歌うことができれば、場を盛り上げることが可能です。

そのための練習には、やはり本番同様の機材で大声で熱唱できるカラオケボックスの利用が最適です。

スポンサーリンク




カラオケを始める際に必要な道具は?

カラオケを始めるだけであれば、道具は何も必要としません。

前述の通り、カラオケボックスを利用するだけであれば特別な道具を持参する必要はありません。

ただし、自宅でもカラオケを楽しみたいという場合は「ハンディカラオケ」など、カラオケができる機材等を購入する必要があります。

その道具はどこで手に入る?

以前は、家電量販店でカラオケ用の機械を販売しているところが多かったのですが、最近だとあまり姿を見かけません。

マイクなどの機材であればほぼ確実に品揃えしていると思いますが、カラオケセットなどは難しいかもしれません。

お近くの家電量販店で展示されていない場合、スタッフに聞いて在庫が無いか、取り寄せ等できるか確認してください。

ネットショップを利用しなければ購入できない可能性もあります。

スポンサーリンク




カラオケをするのに、資格は必要?

カラオケを始めるのに、特別な資格は不要です。

一人でカラオケを楽しむ場合、音痴であっても聞く人は誰もいませんので、練習にはうってつけです。

ただし、カラオケボックスを利用する場合は、そこでトラブルを起こさないように注意しましょう。

下手にトラブルを起こして出禁を受けてしまえば、利用できるカラオケボックスの数が減少してしまいます。

お住いの地域によってはカラオケボックスがあまり立地していないような場所もありますので、1箇所で出禁を受けるだけで利便性が大幅に低下してしまいます。

また、カラオケセットを購入して自宅でカラオケを始める場合は、音の問題を解決しなければなりません。

自宅内にカラオケ用の防音設備を備えた部屋を用意する場合は、かなりのコストがかかります。

個人向けのダンボール製の個室を用意する場合、部屋全体と比較するとコストは抑えられますが、数万円クラスの出費になります。

最近だと、マイク用の防音カバーが開発され、数千円の値段で購入できます。

これは、カバーに口をあてて歌う形式となり、マイクの音はヘッドホンで聞くことができ、高い防音率を持つ商品が多いです。

しかし、中にはあまり防音性能を発揮できていないものも多いようですので、購入を検討される際にはレビューなどをチェックして、きちんと防音できるものを用意しましょう。

スポンサーリンク




カラオケを始める際に必要な費用は?

カラオケを始めるための費用ですが、カラオケボックスを利用する場合は1時間あたり200円~300円ほどで利用できます。

料金システムはカラオケボックスごとに異なりますので、どういった料金システムであるか利用前にきちんと確認しておきましょう。

自分の利用スタイルに合致した料金システムを採用しているカラオケボックスがお勧めです。

自宅用のカラオケセットを購入する場合は、ものによってピンからキリですが数万円の費用がかかることは想定しておく必要があります。

防音対策も、どういったレベルで実施するかで、数千円~数十万円まで考えられます。

まとめ

何かと実用性の高いカラオケは、もはやパーティ向けの楽しみ方ではなく、個人で趣味として楽しめる時代です。

もちろん、友人知人で集まったときの楽しみ方でもありますので、その時に場を盛り上げられるように日頃から練習しておくという点もまた実用性を持ちます。

カラオケボックスに一人で行くのは抵抗を感じることもあるでしょうが、慣れればさほどでもないようです(店員さんも、そうした需要があることは理解していますので)。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-趣味の見つけ方

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2018 AllRights Reserved.