アフィリエイト

僕が「アフィリエイトサイトの文章はそこそこでええんちゃう?」と思っている理由

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

みなさま、おはようございます。 ボブです。
みなさんは自分で記事を書いていますか?その記事はどういったルールで書いていますか?
おそらくそれぞれのルールがあると思いますが、僕のルールは「いかにリンクを踏んでもらいやすいか」を考えるようにしています。

 

コンテンツはそこそこで良いでしょと思う理由

SEOに昔から関わっていらっしゃる方であればこのサイトを知っていると思います。

http://www66.tok2.com/home2/aigyagehee/anago/

anago

 

このサイトは「アナゴさん」というキーワードでずっと上位をキープしています。

残念ながら「アナゴさんの奥さん」では順位が下落してしまいましたが。

 

Googleがこのサイトを上位表示している限り、正確なコンテンツの理解なんてしてないでしょと考えています。

また、外部リンクを当てていれば、ある程度のコンテンツであれば上位表示できるだろとも考えています。

 

なので、僕が作るコンテンツのルールは「人の役に立つ」ではなく、「いかにリンクを踏んでもらいやすいか」となっています。

 

自分の中で文章のテンプレートを決めてしまう

僕の場合はサイトの作り方として、10ページ位の文章とランキングという形を最初のサイト構築の決めごととしています。

 

その各ページに入れる文章の形も

  • 1,500文字前後
  • 3段落+導入とまとめ
  • 1つの段落で1つの結論を出す

と決めています。至って普通ですね。

ですが、こう決めておくことで文章の構成案を作成する際の考える時間を減らすことが出来ると思っています。

 

また、自分のサイトで説明し過ぎないことでさらなる情報を求めて広告主のサイトをクリックすると思っています。

 

僕なら2,000文字以上の文章は読まないです


ひめこさんがおっしゃっているこれは、僕も同じですね。
漫画以外の本を読むことが減ってしまったので、1,500文字以上になると読む気が無くなってしまいます。

まだ目次があれば自分が必要な項目だけは確認するかもしれませんが・・・。

 

まとめ

人と会うといろんな手法の話が入ってくると思います。

その中からどれを選択するかが重要だと思います(自戒も込めて)







この記事のURLとタイトルをコピーする

-アフィリエイト

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2017 AllRights Reserved.