アフィリエイト 画像編集

【備忘録】白舟書体さんの認印作成コーナーが便利だったよという話

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

皆様おはようございます。 ボブでございます。

自分で使ってみて便利だったので、備忘録的に。

 

4月に個人事業主になりまして、自分で請求書を作成するようになりました。

 

郵送する手間が面倒だと思ってしまうので、PDFでオッケーと言ってくれているお客さんにはfreeeで請求書を作って送っています。

 

ちょっと話が脱線しますが、freee最高ですね。

 

銀行口座やクレジットカードと繋げておくだけで明細がアップされていくので、手入力で打ち込む手間がないです。

 

かつ、同じパターンの引き落としとかは学習して自動処理してくれるようになるという。

 

弥◯を使っていた時と雲泥の差です。

 

こんな楽が個人事業主プランのスタンダードの料金、1,980円でできちゃいます。

 

便利な世の中です。さて、話を戻しまして。

 

そんなPDFで送っている請求書ですが、先方に送る際には印鑑が必要です。

 

会社にいた時にはプリントアウトして印鑑押してーとやってましたが、いかんせん事務所にプリンターが無いです。(プリンターを買う気もないです)

 

そこで電子印作成サービスを探している時に、下記のサービスをみつけました。

 

inkan-2

認印作成コーナー
 

これは白舟書体さんという、書体を作っている会社さんが提供してくれているサービスです。

 

日本の名字上位10,000個が入っているとのこと。大体の苗字は入ってそうですね。

 

ちなみに入っていない苗字を入力すると、このようになります。

 

inkan-1

こうなってしまっては、このサービスは利用できないです・ω・

 

残念ながら現状では追加で苗字を入れる予定はないようです。

 

↓こうならなかった方は続きを読んでください。↓

 

苗字の欄に登録されている苗字を入れますと、下記のようなポップアップが開きます。

 

inkan-3

この画像を保存するだけで、電子印として使用できます。

 

簡単ですね。

 

こんな簡単に作れていいんですかね。

 

なお、GIMPを使って背景透過する方法は以前のこちらの記事を参考にしてください。

 

「とある櫻花の画像生成」で作ったロゴを、GIMPで背景透過する方法

こちらも簡単にできます。

 

以上簡単に電子印を作る方法でした。

この記事のURLとタイトルをコピーする

-アフィリエイト, 画像編集

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2017 AllRights Reserved.