哺乳類

土佐犬をペットとして飼う際の注意点まとめ【生態・餌・グッズ・病気など】

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

土佐犬(とさけん)というと、犬同士が戦う大型の闘犬を想像される方も多いのではないでしょうか。

今回は、闘犬ではなく現在「四国犬(しこくいぬ)」と改名された中型の犬種についてご紹介いたします。

土佐犬というと、一般的に大型の闘犬である土佐闘犬と中型の四国犬を指します。

本来、土佐犬は中型の四国犬のほうを指していましたが、土佐闘犬のイメージが大変強く混同されがちだったため正式名称では「四国犬」と改名されました。

この二つの犬種ですが、四国犬のほうは耳がピンと立っており、体は筋肉質で引き締まっているのに対して、土佐闘犬のほうは耳が垂れさがっていて体全体的に緩んでいるなど、見た目も大きく異なるのです。

四国犬は元来、高知の山岳地域のヤマイヌが祖先とされています。

シカやイノシシを追う猟師が猟犬として飼いならし、繁殖が繰り返されました。

そして現在は、保護の対象である天然記念物に指定されています。

天然記念物…というと大変敷居の高く、家庭での飼育はできないのでは?というイメージがありますよね。

ですが、例えばイリオモテヤマネコのような世界的・国家的に価値のある特別天然記念物ではありませんので、飼育自体は可能です。

四国犬は保護の対象として1937年に天然記念物に指定されており、公益社団法人「日本犬保存会」が定める「日本犬標準」六種のうちの一種となっています。

多くの外来種が次々と日本でも飼われ始めるようになると、日本犬との交配が進み、日本古来の犬種が減少してくるとされたことから、日本犬としての保護が推進されてきました。

日本犬には柴犬などのポピュラーな飼いやすい犬種もいますが、さて、四国犬の飼育はいかがなのでしょうか。

飼育については猟犬の血筋が強いことなど生態や背景をしっかり捉え、飼育を始めてみましょう。

また、飼育に必要な環境など、注意点についても解説いたします。

なお、ここでは、四国犬の紹介として土佐犬という名称を用います。

スポンサーリンク




土佐犬の生態 昼行性? 夜行性?

被毛について

土佐犬は短毛ではありますが、二重毛であるダブルコートです。

上毛を指すオーバーコートは硬くて直毛であり下毛を指すアンダーコートはオーバーコートよりも柔らかく、ふさふさしています。

ダブルコートの動物に全体的に言えることですが、大変抜け毛は多いです。

特に、春と秋の年二回の時期は換毛期であり、それぞれ夏季・冬季に向けた準備をするため、毛が生え変わっていくのです。

お手入れについては、週に大体2~3回ほど丁寧にブラッシングをし、シャンプーは月1回程度が望ましいです。

また、汚れたときも濡れた硬く絞ったタオルでしっかり拭いてあげることで清潔を保つことが大事です。

土佐犬の場合、特にアトピー性皮膚炎などのアレルギー性の皮膚炎が多いです。

ブラッシングをすることで、皮膚病の予防にもつながりますので、土佐犬には欠かせないお手入れといえます。

また、毛色は胡麻、赤や黒褐色が主な色です。

体格について

土佐犬はオオカミのように見えますが、体格はそれほど大きくなく、柴犬よりも一回り大きい中型の犬種です。

標準的な体高はオスが52cm、メス49cm程度です。

現役の猟犬でもある土佐犬は狩りに耐えられるだけの持久力と体力があり、体つきは筋肉質で引き締まっています。

耳は立て耳でピンと立っており、上がった目じりや引き締まった口元など、凛々しいイメージがある一方、しっぽが巻き上がっている犬も多く、そんな可愛らしい特徴も持ち合わせいます。

性格と行動について

性格については、とにかく飾り気のない真面目な性格と言えます。

特に特徴的なのが、非常に高い忠誠心を飼い主に対してのみ持っていることで飼い主以外の人に対しては心を開かない点です。

冷静で勇敢であり、空気を読んで行動しようとするタイプの犬であるため突出して興奮したり、暴れたりする行動はとりません。

愛情深い犬ともいわれていますので、家族との相性も良いといえます。

家庭で飼育するには番犬としての活躍も見込める犬種です。

一方で、他の犬との相性については熟慮する必要があります。

小さいころから一緒に飼育された犬であれば問題ありませんが、例えばドッグランのような場所で見知らぬ犬がいた場合、他の犬を噛んでしまうなど間違えて危害を加えてしまう可能性があります。

そのため、飼い主のコントロール下にない状態でのオフリードは絶対にやめましょう。

また、狩猟本能があるような犬種ですので、多くの運動量を必要とします。

運動不足はストレスにつながり、気性の悪化につながります。

最低でも1回あたり1時間以上、かつ毎日1・2回の散歩をしてあげたいところです。

かなりの運動量ですので、自転車で並走も取り入れてみるのは如何でしょうか。

土佐犬の食事・餌は何? 1日どれだけ必要?

普通の中型犬のドッグフードをフード記載のボリュームに準拠すれば大丈夫です。

土佐犬はアレルギー性の皮膚病や老年性痴ほう症にかかりやすいとされています。

魚を原材料にしたフードはDHAやEPA、オメガ3必須脂肪酸が含まれており、皮膚や脳、血液に良いとされています。

土佐犬がかかりやすい病気は一度発症すると治りにくいものも多いですので、体に良い栄養素の摂取や嗜好品を与えすぎないよう、日頃の食事からケアしてあげることも重要です。

スポンサーリンク




土佐犬を飼うために必要なグッズ

サークル

土佐犬は頭がよく、飼い主への忠誠心が非常に強いです。

その分、飼い主以外の人に対して警戒心を持ち、思わぬ行動をとってしまうことがあります。

家族以外の人が家に訪れる場合などを想定して、サークルの設置とサークルに入るトレーニングが必要です。

サークルにいれる訓練ができていないと、サークルに入っても大きな声で鳴き続けてしまい別の課題となってしまいます。

狭いサークルに入れることを可哀想と思ってしまいがちですが、犬にとってもサークルが自分の場所と思えるように好きなおもちゃやブランケットなどを入れ、自らの「ハウス」となるようにすればよいでしょう。

最初は大変かもしれませんが、サークルに入った時に盛大に褒めてあげたり、命令を出してから外に出した後にまた褒めてあげたりするなど、繰り返しのトレーニングで慣れさせてあげれば、やがて覚えてくれるものです。

トラブルを避けるためにも、また、留守番にも困らないように日ごろから考えてあげましょう。

スポンサーリンク




土佐犬がかかりやすい病気

猟犬であり、筋肉質な体格である土佐犬は運動能力にも優れ病気にはかかりにくいとされていますが、いくつか特有の病気にかかりやすい傾向があります。

「アレルギー性疾患」、「神経痛」、「老年性痴ほう症」などがそれにあたり、どれも日本犬に多い病気です。

一度発症すると治りにくい病気が多いですので、大切な愛犬の小さな変化にも気を付けてあげるようにしましょう。

アレルギー疾患

土佐犬はアレルギー性の疾患を起こしやすいといわれています。

特にアトピー性皮膚炎などにかかることが多く、これは人間と似ていますが、皮膚炎と一生のお付き合いにもなりかねません。

アレルギー性の皮膚炎を起こすと、脱毛やかゆみなどが現れますが、犬の場合、手足で引っ掻いてしまい余計に悪化してしまうケースがあります。

悪化する前に、病院には早めにいく必要があるでしょう。

また、皮膚炎ですので日ごろからのブラッシングなど清潔を保つ努力も必要です。

神経痛

土佐犬は原因不明の神経痛を起こすことがあります。

子犬のうちに発症したのち、成犬になった時には気付けば治っているパターンもあれば、足腰がうまく動かず歩くのに不自由するような重いパターンもあります。

大切な家族のためにも、痛そうに歩いている様子が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

老年性痴ほう症

日本犬は痴ほう症を発症しやすいといわれています。

日本が原産である四国犬も同様で、日本人と古くから生活を共にしてきただけあり、魚を食べて育った背景があります。

魚にはDHAやEPAなど脳や血液に良いとされる成分が含まれています。

近年ではドッグフードの質が格段に良くなっていますが、日本犬の場合には魚の栄養分が体質に合っているとされています。

ペットショップに行くと、犬猫用の塩分控えめの煮干しなどが売られています。

そういったものをあげたり、魚成分配合のドッグフードを取り入れるのも良いでしょう。

魚に含まれるオメガ3必須脂肪酸には皮膚炎を抑える効能もあり、皮膚炎を起こしやすい土佐犬には適しているといえます。

スポンサーリンク




土佐犬の基本データ

原産国 四国原産
寿命 10~12年程度
体重 16kg~25kg
体長 43cm~55cm
性格 賢い、飼い主に対して忠実、冷静で判断能力に優れている
価格帯 100,000円程度

原産国

日本の四国原産です。エリアは高知県が説として有力です。

寿命

10年から12年程度です。

体重

  

16kg~25kg程度です。

体長

オスは49㎝~55㎝、メスは43㎝~49㎝程度です。

性格

賢くて飼い主に対して忠実、闘争心が強い、冷静で判断能力に優れているなどです。

突然興奮するなどしないため大声で鳴いたりせず、比較的無口な犬種です。

価格帯

100,000円程度です。

土佐犬はペットショップに並ぶことはほとんどありません。

公益社団法人「日本犬保存会」など各県やエリアにある支社・支部などで純血種を入手することができます。

日本犬に関する情報提供なども定期的に行っていますので、是非アクセスしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本古来の犬種であること、猟犬として生まれ育ってきたことなどが、性格・行動などが随所に表れていることをご理解頂けたのではないでしょうか。

運動量やスペースはが確保できるか?など、幅広い視野で考えてから、土佐犬との楽しい生活をお過ごしください。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-哺乳類,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.