生活

日野のトラックの特徴と有名な車種とは?

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

日野、またはHINOと呼ばれ、世界に通用する自動車メーカーで、主にトラックやバスなどを製造しています。

トヨタグループの1つとなっており、その実力は確かなものです。

では、どうして日野のトラックは愛されているのでしょうか?

こちらの記事では、他のブランドにはない日野のトラックの特徴と気になるトラックの種類をご紹介します。

また、もしも日野のトラックを売る場合、高価買取してもらうためのポイントも探っていきましょう。

日野のトラックの特徴

日野のトラックの最大の特徴は、エンジンです。

エンジンの馬力は国内トップクラスを誇り、

技術面でも高く評価されています。

加えて、エンジンの故障も少ないのでメンテナンスにもあまりお金がかからないと人気は絶大です。

国産の商用車メーカーの中でも群を抜いて人気があります!

日野のトラックは全国各地にとてもディーラーが多いので、買いやすさの面でも、メンテナンスのしやすさの面でも評判が良いのです。

しかしながら、性能が非常に良いというメリットがある反面、車両本体の値段が非常に高くなっています。

故障も少なくメンテナンス費もかからないことから、ランニングコストがあまりかからないというメリットがありますが、最初にかかる費用は高くなると覚えておきましょう。

それでは、人気と実力ともに国内生産トップクラスの日野のトラックを、1つ1つご紹介していきましょう。

SH セミトラクター 4×2

こちらのトラックには、フルキャブとショートキャブがあります。

特にフルキャブは、現場の作業内容に合わせて柔軟に対応することが出来ますし、多彩な積み荷もとても使い勝手が良いと評判を呼んでいます。

また高い積載性を望むなら、ショートキャブをオススメします。

こちらのトラックは、前回り半径を拡大することが出来ますし、連結全長の変化を抑えてくれます。

よりたくさんの荷物を積みたいという人には、SH セミトラクター 4×2のショートキャブが良いでしょう。

SS セミトラクター 6×4

SS セミトラクター 6×4は、後輪2軸と6×4駆動のシリーズとなっており、軽量タイプも発売されています。

こちらの車両は、安全性能や燃焼性能にとても優れているので、ハイクオリティの車両と言えるでしょう。

また車体の軽量化を望む人が多いことから、車両重量8トン以下を実現させた軽量リヤエアサス車を開発されています。

重い荷物を運ぶときでも、効率よく移動することが出来るのです。

その他にも、長尺物輸送や重量物の運搬にとても最適なFS フルトラクター ポールトラクター 6×4やFN フルトラクター 6×2などのラインナップがあります。

その時々の状況や、荷物の量などによって、トラックの種類を使い分けてくださいね。

日野のトラックを高価買取してもらうためのポイント

トラックは時代に流されない車両なので、比較的高値で買い取って貰えるという特徴があります。

人気と実力共に抜群の日野のトラックを高額で買い取ってもらうためには、エンジンがポイントになります。

日野のトラックの最大の売りである「馬力のあるエンジン」は酷使しすぎないように、大切に走行することが査定額に大きく影響してきます。

もちろん外見がキレイであるのもポイントの1つになりますが、一番大切なのはやはりエンジンです。

買い取られた後も、しっかりと走行・運搬できるというのが最大のポイントになりますので、日頃からメンテナンス心掛けていきましょう。

日野のトラックについてまとめ

人気・実力共に日野トラックは、国内でもトップクラスとなっています。

日野のトラックの特徴をおさらいしてみましょう。

  • エンジンの馬力が魅力的。
  • 故障が少なく、メンテナンス費があまりかからない。
  • 初期費用は掛かるが、ランニングコストは少ない。

このような特徴がある日野のトラックを高額買い取りしてもらうには、エンジンの状態が重要です。

しっかりと日頃のメンテナンスを行っていきましょう。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-生活

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2017 AllRights Reserved.