ドコモ光 光回線

ADSLとドコモ光徹底比較【料金・速度・サポートなど】

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ご自宅でインターネットを利用される場合、今では多くのご家庭が「光回線」を利用しています。

ですが、光回線以前に多くのユーザーが利用していた「ADSL」は、今でも利用中のユーザーがいらっしゃいます。

今回は、「ADSL」と「ドコモ光」の特徴を比較してみました。

結果、

「ドコモのスマートフォン」を持っている方であれば、ドコモ光に切り替えていただいたほうが3,000円以上もお得になる!

という結論になりました。

ドコモのスマートフォンを持っていて、お得にインターネットと携帯を使いたいかたは↓から詳しく見てみてください。

>>ドコモ光と携帯電話の割引プランを見てみる<<

ADSLの特徴まとめ

まずは、ADSLの特徴について解説します。

そもそもADSLとは何かと言えば、簡単に言えば「電話線を使ったインターネット」です。

既にひいてある電話線にモデムを加えるだけでインターネットを利用できますので、昨今の光回線のように契約時に初期工事を必要としないという点がメリットになります。

また、光回線契約と比較して月額料金が安めであるという点もメリットになります。

光回線の割引などにもよりますが、条件が良ければADSLは光回線の約半額の料金でインターネットを利用できます。

ドコモ光との比較(料金・速度・サポート体制)

では、主要な部分についてドコモ光とADSLを比較してみたいと思います。

まずは料金面です。

料金面

これは、契約するプランやオプションサービス等の違いにもよりますが、ADSLは安くて2,000円程度、高くても5,000円を下回る程度の料金で利用できます。

一方でドコモ光ですが、プロバイダによって戸建てタイプは5,200円か5,400円、マンションタイプは4,000円か4,200円で利用できます。

ADSLもプロバイダやキャンペーン次第ではありますが、ドコモの半額程度の月額料金で利用できる可能性が高いです。

次に通信速度についてですが、これは比較するまでも無いと言えます。

光回線と言えば、従来よりも圧倒的に回線速度が速いことで有名です。

数値で言えば、ADSLは最大50Mbpsに対して、ドコモ光は最大1Gbpsのプランを選択できます。

1Gbpsはおよそ1,000Mbpsなので、単純計算でドコモ光のほうが20倍速い最大通信速度でインターネットを利用できるということになります。

ADSLはその特性上、NTT局舎から遠い場所での利用は速度が低下したり、空気中のノイズに通信の安定性が左右されるというデメリットがあります。

次にサポート体制です。

サポート体制

ドコモ自体は通信会社として有名な会社ではありますが、ドコモとしての本業はモバイル端末であり、固定回線サービスについては開始当初は評判が悪かったものです。

ですが、ADSLはいわゆる「2025年問題」を抱えており、既に新規契約を打ち切っているプロバイダも多いことから見通しの良くないサービスです。

参考情報:
フレッツADSLは既に新規受付を終了。2023年でフレッツ光エリア内でのADSLサービス提供終了を発表しています。

今後も利用し続けられるかどうかについては光回線のほうが展望がありますので、その点も考慮しなければなりません。

他には「乗り換え時の不通期間の有無」が挙げられます。

ADSLは、回線契約を別のADSLに変更する際には、利用中の回線契約を解約してから乗り換え先の契約を申し込む必要があります。

つまり、利用中の契約を解約することでインターネットが利用できなく時から、乗り換え先の契約に申し込んで利用開始できるまでの間、インターネットが使えなくなるのです。

光回線の場合、乗り換え先の契約でネットを利用できるようになってからでも解約できるので、ネットの不通期間を発生させないことができます。

それと利用可能なエリアですが、ドコモ光を始めとした光コラボは、全国にエリアを広げるフレッツ光の回線を利用しており、光回線の中でもトップクラスの広さの利用可能エリアです。

ですが、電話線を利用するADSLはフレッツ回線が届かないところでもインターネットを利用できます。

その特性上、フレッツ光など光回線が届かない場所に住んでいる人でもインターネットを利用できる方法としてADSLが重宝されているという部分もあります。

ドコモ携帯を持っているなら、ドコモ光がおすすめ

現在でも利用者の多いADSLは、月額料金が安いという大きなメリットがあります。

しかしながら、それを踏まえてもドコモ光のほうがお得に利用できる可能性があります。

それは「ドコモのスマートフォン」を利用している人です。

ドコモ光は、ドコモのスマートフォンなど携帯電話契約をセットで利用することで、携帯電話契約の月額料金を割引してもらえるのです。

その額なんと、月額最大3,500円の割引です。

仮に、ホームタイプAの場合は月額5,200円ですから、最大金額の割引を受けられれば毎月実質2,000円で光インターネットを利用できる計算になります。

もちろん、ADSLも割引を適用することで安くなりますが、「月額料金がとても安い」というアドバンテージが薄れる結果になります。

そうなれば、通信速度の面で大きなアドバンテージを持つドコモ光のほうがメリットが大きくなります。

また、ドコモショップでスマートフォンと固定回線の両方について問い合わせができるという点も大きな魅力です。

全国にドコモショップを展開しているため利用しやすいという側面と、モバイルも固定回線も、通信に関する問い合わせを一本化できるのは少なからずメリットになります。

>>最大15,500円キャッシュバック付きキャンペーンページはこちら

ADSLからドコモ光への乗換に必要な手続きとは

ADSLからADSLへの乗り換えの場合、解約→申し込みという流れになりますが、乗り換え先が光回線ならばそうはなりません。

ADSLの契約中であっても、異なる回線を使用するのでドコモ光に申し込むことができます。

つまり、ドコモ光を先に申し込んで、光インターネットが開通してからADSLの解約手続きを開始すればよいのです。

1~2ヶ月ほどADSLの月額料金を余計に支払うことにはなりますが、前述の通り元々ADSLの月額料金は安いので、そこまでの経済的負担にはならないかと思います。

むしろ、それでインターネットの不通期間を回避できるというのであれば、納得できる投資であるとも捉えられます。

不通期間を発生させないためには、ドコモ光の開通を確認する前にADSLを解約しないということです。

稀なことですが、工事の段階になって光回線が使用できないとなる可能性もあるため、そうなればADSLが最後の砦となります。

ですが仮に解約してしまえば再開通には1~2週間ほどかかることになり、その間はインターネットが使えません。

ドコモ光をきちんと利用できることを確認してからADSLの解約手続きを始めることをお勧めします。

まとめ

ドコモ光と光コラボを比較するのであればまだしも、ADSLとの比較は料金面以外でのメリットがADSLに乏しいことで、あまり重要な比較にはならないのではないかと思います。

加えて、数年のうちにサービスが終了になる可能性も抱えているADSLとなれば、継続しての利用も難しくなります。

料金面でのアドバンテージも、ドコモのスマートフォンのセット割を適用できれば大幅に埋めることができ、安い料金で光回線を利用できるという大きなメリットがあります。

もちろん、あくまでも「光回線を利用できる」という環境にあることが条件となりますが、全国展開するフレッツ光の回線は多くの場所での利用が可能です。

現状でADSLを利用中のユーザーも、ドコモのスマホユーザーであれば間違いなくお得に利用できますから、乗り換えを前向きに検討することをお勧めします。

最大15,500円キャッシュバックのキャンペーン中







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.