生活

豪華客船のぱしふぃっくびいなすの特徴・客室の違い・料金まとめ

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ぱしふぃっくびいなすは世界や日本の海を舞台として、極上のひと時やサービスを提供している豪華客船です。

クルーズ船の大きさや料金など、ぱしふぃっくびいなすの特徴について大まかにまとめてみました。

スポンサーリンク




大きさ、全長はどのくらい?

ぱしふぃっくびいなすは気取らない独特なクルーズやスタイルで人気を集めています。

  • 予想以上に美しい場所で船上では楽しい出来事やイベントがたくさんありました
  • 提供される料理は全て美味しくて日本人の好みにマッチしています
  • 高級ホテルと変わらないような暮らしができたので満足しています

このような口コミの評判を獲得していて、初めて豪華客船クルーズへと参加する方にもおすすめです。

以下では、ぱしふぃっくびいなすの大きさや全長など基本的な情報をまとめてみました。

全長:183.4m
全幅:25m
総トン数:26,581トン
客室:238室

他の日本船と比較し、飛鳥Ⅱよりも小さくてにっぽん丸よりも大きいという位置付けです。

船内の施設は豊富で、花をデザインテーマにあしらったダイニングルームのプリマヴェーラやお客様専用の食事場所となるグラン・シエクル、若々しい雰囲気のピアノサロンのアルカンシェルなどがあります。

エンターテイメントやリラクゼーションにも力を入れていて、のんびりとしたクルーズ旅行を楽しめるのは間違いないでしょう。

客室の種類と、それぞれの違い

ぱしふぃっくびいなすでは他のクルーズ船と同じで、全てのお客様が満足できるようにありとあらゆる客室が用意されています。

客室の種類によってどんな違いや特徴があるのかまとめてみました。

ロイヤルスイートルームA

アルカイック:日本人が馴染みやすい和をテーマとしたお部屋で、バスルームは海側に大きな窓を採用して広々とした海を見ながらリラックスできる
モダン:家具や照明、アクセサリーなど部屋全体をモダン風にアレンジしていて、大海原を眺めながらバスルームでくつろぐことができる

ロイヤルスイートルームB

エレガント:アイボリーやピンクを使った色で部屋全体を作っていて、エレガントさを象徴した雰囲気になっている
ノーブル:ツインベッドやウォークインクローゼットが用意されており、中世ヨーロッパの雰囲気を上手く演出している

これらのロイヤルスイートルームに加えて、費用を抑えたい方には3つの客室がおすすめです。

  • スイートルーム:海側に大きな窓があるので大海原を一望でき、リビングとベッドルームの2つに分かれたゆとりのある空間になっている
  • デラックスルーム:ゆったりと開放感を実感できるようなお部屋で、室内のカラーコーディネートが非常に美しい
  • ステートルーム:アイボリー調にまとめたオーソドックスな客室で、開放感のある空間が魅力的なポイント

満足できる船旅になるのかどうかは、客室の選び方によって変わります。

部屋のランクに加えて予算も同時に考慮しなければならず、ぱしふぃっくびいなすの公式サイトの写真を見ながら決めてみてください。

スポンサーリンク




正規料金で乗船したらいくらかかるのか

ぱしふぃっくびいなすへと正規料金で乗船したらどのくらいかかるのか、公式サイトの代表的なクルーズプランを幾つか挙げてみました。

  • 竿燈・ねぶた東北二大祭りクルーズ(迫力ある夏祭りが見どころ):220,000円~915,000円
  • 夏休み 屋久島・周防大島クルーズ(世界自然遺産の島が見どころ):138,000円~560,000円
  • 阿波おどりと関門海峡花火クルーズ(夜空を彩る約13,000発の花火が見どころ):189,000円~732,000円
  • 熊野大花火と南紀クルーズ(水面に広がる海上花火が見どころ):141,000円~570,000円
  • クルーズ&京都 貴船川床と琵琶湖3日間(京都と滋賀で涼めるのが特徴):99,000円~138,000円

短期間のクルーズも多く、週末の休みを利用して満喫することも可能です。

格安料金で参加する方法はあるの?

ぱしふぃっくびいなすのクルーズを格安料金で参加したいのであれば、以下の2つの方法をおすすめします。

  • 期間限定で実施されているキャンペーンを利用する
  • クルーズ専門会社でのプランやコースで割引を適用させる

日本を代表する豪華客船だからこそ取り入れられているキャンペーンやプランも多く、予算を抑えながら自分に合ったクルーズを見つけて旅行を満喫できるでしょう。

ぱしふぃっくびいなすの公式サイトやパンフレット以外にも、実際にクルーズへと参加された乗船ブログや日記サイトの情報も総合的に判断して決めるべきです。

まとめ

以上のように、大きさや客室の種類などぱしふぃっくびいなすの特徴をまとめてみました。

  • フレンドシップをコンセプトとして掲げている
  • アットホームな雰囲気を作り出している
  • 船内イベントを充実させている

こういった魅力的なポイントが多く、日本を代表する豪華客船なのは間違いありません。

クルーズ船を利用した旅行の機会は少ないため、短い期間でもゆっくり満喫したい方はぱしふぃっくびいなすのクルーズを選んでみてください。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-生活

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2017 AllRights Reserved.