http://iden-tity.biz

                    

ドコモ光 光回線

ドコモ光 シナプスの特徴まとめ【速度・キャンペーン・セキュリティ】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ドコモ光は、他の光コラボと大きく異なる特徴を持っています。

それは、フレッツ光のように「プロバイダを選べる」という点です。

プロバイダは、インターネットを利用するにあたって重要な役割を果たしており、これ抜きでインターネットは利用できません。

そして、プロバイダごとにさまざまな違いがあるので、その違いを理解した上でプロバイダを選ぶ必要があります。

そこで、ドコモ光で利用できるプロバイダの一つ「シナプス(SYNAPSE)」の特徴について解説します。

シナプスの特徴とは

まず、シナプスは鹿児島県に本社を置く「株式会社シナプス」が提供するプロバイダサービスです。

本社が鹿児島とは言え、契約は全国どこでも、ドコモ光の利用が可能であれば利用可能です。

ドコモ光では「タイプA」に属するプロバイダの一つであり、もう一つのグループである「タイプB」よりも月額料金が200円安く設定されています。

少しでも月額料金を安くしたいユーザーにとってメリットがあります。

ドコモ光の固有サービス「ドコモ携帯電話セット割」と合わせれば、毎月の通信費を大幅に削減できるチャンスとなります。

メールアドレスは、1アドレスであれば無料で取得できます(1GBのメールボックス容量)。

2アドレス目以降は、1つにつき月額200円で取得できますが、これはあまりお勧めできません。

月額200円というのは、プロバイダメールとしては平均的な金額なのですが、わざわざ月額料金をプラスしてまで利用することは賢いとは言えません。

プロバイダによっては、数個のメールアドレスを無料で取得できる場合があります。

また、プロバイダメールとは別に「フリーメール」もありますので、今の時代、メールアドレスの取得にお金をかける必要はほとんどありません。

シナプスの通信速度は遅い?

次に、シナプスの通信速度について解説しますが、そのためにも「光回線の通信速度」について解説します。

ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsです。

プランを選び間違えなければ、最大で1Gbpsの通信速度でインターネットを満喫できます。

通信速度が速いと、ウェブサイトの表示が速くなり、ファイルのダウンロードが短時間で終わり、動画サイトも途切れること無く快適に視聴できます。

ですが、通信速度はあくまでも「最大速度」であり、理論上の数値でしかありません。

通信速度を左右する要因としては、例えば「周辺機器のスペック」が挙げられます。

例えば「LANケーブル」は、古い規格だと100Mbpsまで対応できるものがあります。

1Gbpsはおよそ1000Mbpsであり、100Mbpsまでしか対応できないLANケーブルの場合は1Gbpsのプランを活かせません。

他にも、周辺機器では「ルーター」など、さらにお使いのパソコン等の「デバイス」のスペックも問題となります。

そして、通信速度を下げる要因の一つとして「プロバイダの違い」も挙げられます。

プロバイダごとに異なる通信速度が設定されているのではなく、そのプロバイダの通信設備でカバーできないほど多くのユーザーがいることで通信が混雑してしまうことが原因です。

これは地域ごとに異なるので、同じプロバイダでドコモ光を利用していても速度の評価はユーザーごとに異なります。

繋がりにくくなることはある?

では、シナプスの場合はどうなのかと言えば、通信速度に関する情報はあまり見られません。

ですが、シナプスは公式サイトに「サポート掲示板」というものがあり、これにはユーザーからのさまざまな問い合わせとそれに対するシナプス側の対応が掲載されています。

通信速度に関する書き込みは、少し古いのですが2016年9月~10月にかけてやり取りが行われています。

また、プロバイダによる通信速度の違いはユーザー数の多さにも依存します。

それに照らして考えると、大手プロバイダとは異なり知名度がそこまで高くないと言えるシナプスの場合、地元鹿児島やその周辺地域以外ではそこまでユーザー数は多くないのではないかと思います。

ただし、通信設備がどれほどのものかわからないため断言は出来ません。

いかんせん口コミが少なく、実際に使用してるユーザーの声がわからないので推測も難しいのですが、悪評についての情報もほぼ見当たらないのでそこまで悪いことにはならないのではないかと思います。

次に、シナプスのセキュリティについて解説します。

シナプスのセキュリティは問題ない?

プロバイダごとに異なるセキュリティを月額制で提供しており、無料期間が設定される等の差別化も図られています。

さて、シナプスの場合はどうなのかと言えば、セキュリティソフトとして知名度の高い「カスペルスキー」の月額版が提供されています。

税込み540円で利用できるセキュリティソフトであり、1ライセンスで3台のデバイスにセキュリティを施すことができます。

ただし、他社と異なり「無料期間」は設定されていません。

多くのプロバイダでは12ヶ月もしくは24ヶ月間、月額制のセキュリティソフトを無料で利用できるサービスが実施されています。

例えば月額400円で24ヶ月間無料で利用できるサービスが有るとすれば、2年間で最大9,600円の節約になります。

無料期間がないので、月額制のセキュリティソフトを導入する絶対的な理由がなくなります。

なお、メールに関するセキュリティとしては、「ウイルスメールチェック」と「迷惑メールフィルタ」を無料で利用できます。

この2種類は、プロバイダによっては有料で提供されているため、無料で利用できることは多少なりアドバンテージとなるでしょう。

ただし、他社では無料(もしくは初回のみ無料)として設定されている「リモートサポート」と「訪問サポート」は有料での提供となっていますので注意しましょう。

シナプス独自のキャンペーンはある?

申し込みに際して、現時点ではシナプス独自のキャンペーンは実施されていません。

独自サービスとしてはこれまでに挙げたもの以外ですと「メール転送サービス」が利用できます。

サービス名は「えらんでメール転送」です。

このサービスは、ユーザーのメールアドレス宛に送信されたメールを、指定した他のメールアドレスに転送できる機能を持ちます。

その際、さまざまな条件を設定できるため、例えば「携帯電話に件名と差出人のみ転送する」という使い方ができます。

また、設定によって転送後もメールを残す事もできます。

詳しい設定方法はシナプスの公式サイトに記載がありますので、利用する際にはサイトを確認しながら設定を行いましょう。

他には、「ホームページ」や「ブログ」といったサービスもありますが、どれも有料での提供となります。

月額料金が加算されてしまいますので、多用することはお勧めできません。

まとめ

全体的に見て、無料で利用できるサービスや独自サービスが少ないという印象を受けます。

光回線は長く利用することになりますので、必要なサービスが有料での提供となると、通信費がかさんでしまいます。

月額料金が安めのタイプAに属しているとは言え、経済的とは言い難いです。

「サポート掲示板」の仕組みはなかなか便利で、一部を除き1,2日以内にサポートが対応しているあたり、サポートの手厚さは垣間見えます。

ただし、リモートサポートや訪問サポートが有料での提供となっているので、実際に何らかのサポートを個別に受けたいという場合はコストがかさむことになります。

「選択肢として無し」というわけではありませんが、そこまで魅力を感じるプロバイダとは言い難いです。

お住いの地域によっては予想外のポテンシャルを発揮することも十分考えられますので、直近の口コミを参考にしながら検討することをお勧めします。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2017 AllRights Reserved.