http://iden-tity.biz

                    

ドコモ光 光回線

ドコモ光 ウーパの特徴まとめ【速度・キャンペーン・セキュリティ】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ドコモ光は、フレッツ光と同じように複数のプロバイダから一つ選んで契約できます。

プロバイダごとに独自のサービスを展開しており、インターネットをよりお得に、より便利に利用することができる可能性があります。

そのためには、プロバイダごとにどのような特徴があり、自分にとってメリットになるかどうか見極める必要があります。

そこで今回は、プロバイダ「ウーパ(U-Pa)」の特徴について解説します。

スポンサードリンク

ウーパの特徴とは

プロバイダ「ウーパ」は、U-NEXTが提供するプロバイダサービスです。

ドコモ光ではタイプAのプロバイダの一つであり、タイプBのプロバイダのプランよりも月額200円安くインターネットを利用できます。

プロバイダから無料で提供されるメールアドレスは1つ、5GBのメールボックスを利用できます。

メールウイルスチェックと迷惑メールフィルタを搭載しており、メール関連のセキュリティも整っています。

サポートに関しては、「訪問サポート」と「リモートサポート」のどちらか1つに関して、ドコモ光の開通から60日以内であれば1回だけ無料で利用できます。

インターネット利用開始において必要になる通信機器の設定を1回なら無料で利用できるので、インターネット初心者でも安心して契約できます。

ウーパ独自のサービスとしては、第一に「U-NEXTギフトコード1200ポイント(初回のみ付与)」が挙げられます。

U-NEXT専用のサービスサイトにアクセスして、簡単なユーザー登録とギフトコード入力を実行することで、見たい作品を選んで動画や書籍などのコンテンツを楽しむことができます。

次に「AOSBOX cool(U)」を最大12ヶ月間無料で利用できます。

このサービスは、連絡帳や音楽、写真や動画といったデータを、容量無制限&全自動でクラウド上(ネット上)に保管できるサービスです。

デバイスに記録される大切なデータを自動的にバックアップできるので、いざという時にデータを取り出すことができます。

最後に「無線ルーター無料レンタル」があります。

これは、上記のクラウドサービスに加入することを条件として、最大300Mbpsの通信速度に対応した安定性の大きな無線LANルーターを無料でレンタルできるサービスです。

その他にも、さまざまな有料オプションサービスが提供されています。

まずは「端末保証お見舞金サービス」です。

月額500円で利用できるサービスであり、スマートフォンやタブレット端末が故障した際に最大5万円の補償を受けられます。

ただし、ドコモ側でも「ケータイ補償」というサービスがありますので、自分の端末に関わる契約内容をしっかりと把握した上で利用するようにしましょう。

次は「スマートレスキュー」です。

月額980円で利用できるサービスであり、電話1本で月2回まで全国出張サポートを利用できます。

また、特殊技術提供などを、オプション加入者向けに特別価格で提供しています。

次は「SMART USEN」です。

月額490円で利用できるサービスで、USENの700以上のチャンネルをスマートフォンで楽しむことができます。

数多くのチャンネルと月額ワンコインで楽しめるサービスで魅力的ですが、モバイル通信時にはデータ通信量に注意する必要があります。

さらに「U-NEXTビデオ見放題サービス」を利用することができます。

月額1,990円とこれまでのオプションサービスより高額なサービスとなっていますが、10万本以上のラインナップの動画コンテンツを利用できます。

また、毎月付与されるポイントを使うことで最新映像やコミック・書籍などのコンテンツも楽しむことができます。

なお、ウーパの契約条件として、20歳以上の個人のみ対象となっています(20歳未満および法人契約は対象外)。

ウーパの通信速度は遅い?

次に、ウーパの通信速度について解説します。

ウーパの通信速度は、ネット上ではあまり良い評価を受けていません。

特に、夜~深夜にかけての通信速度がかなり致命的であるという口コミもいくつか見られています。

ウーパはUSEN関連のプロバイダであり、前述のオプションサービスによってさまざまな音楽や動画コンテンツを利用できます。

さて、それらのコンテンツを最も利用する時間帯はいつかといえば、朝や昼よりも、夕方以降の利用が中心になるかと思います。

特に、モバイル通信以外でネットを利用して動画コンテンツを視聴する場合、相当なデータ通信量になります。

これが集中することで、回線が混雑しやすくなります。

繋がりにくくなることはある?

実際に、インターネットに繋がらなかったという口コミもいくつか見受けられますが、他のプロバイダであればこれが発生しないというわけではありません。

とは言え、ウーパの場合はその性質上どうしても夜間の通信速度が低下しやすいということも事実です。

インターネットの利用スタイル次第では快適な通信環境を維持できる可能性もありますが、往々にして難しいと言えます。

ウーパを選択する場合、基本的に通信速度に関してはあまり期待しないほうが良いでしょう。

ウーパのセキュリティは問題ない?

次に、ウーパのセキュリティについて解説します。

ウーパでは、月額制のセキュリティサービスとして「WEBROOTインターネットセキュリティプラス(U)」を利用できます。

月額500円で、クラウド上で判定を行う最先端のセキュリティ対策を利用できるサービスです。

「フルクラウド検知」による圧倒的パフォーマンスと、未知の脅威に対する革新的なブロックシステムを兼ね備えています。

また、他社セキュリティソフトと共存可能という特徴もあります。

パソコンだけでなく、スマートフォンでの利用にも最適なサービスとなっています。

デメリットとしては、「無料期間が存在しない」という点が挙げられます。

ドコモ光で選択できるプロバイダの中には、月額制のセキュリティサービスに関して12ヶ月や24ヶ月(あるいはそれ以上)の無料期間を設けている場合があります。

この場合、利用開始から設定されている期間中、プロバイダを解約しない限り無料でセキュリティサービスを利用できます。

無料で利用できるとは言え、その多くはウイルスバスターやカスペルスキーなどの大手セキュリティソフトであり、性能と信頼性は十分であると言えます。

ウーパの場合はセキュリティサービスについて無料期間が無いので、セキュリティサービスについての費用を支払い続けることになります。

タイプAに属するプロバイダとは言え、通信関連の費用を節約できるチャンスが他のプロバイダにはあるという点で見劣りしてしまいます。

また、月額500円という金額は月額制のセキュリティサービスとしては高額な方で、しかもウェブルートの公式サイトで申込んだほうが安上がりになります(3台まで年額5,400円)。

スポンサードリンク

ウーパ独自のキャンペーンはある?

最後に、ウーパの独自キャンペーンについて解説します。

ドコモ光の申し込みに際して、ウーパ独自でキャンペーンを行っている様子はありません。

基本的に、ドコモ光は申込時のキャンペーンについてプロバイダごとの違いはほとんどありません(一部、キャンペーンサイトを用意しているプロバイダあり)。

まとめ

独自サービスやオプションサービスが充実している反面、セキュリティサービスが有料であることと通信速度に不安を抱えるという点はネックとなります。

インターネットサービス本体を中心にして考えると、そこまでメリットの大きなプロバイダというわけでもないように思えます。

ですが、音楽や動画などU-NEXT関連のサービスのように、独自サービスの充実さはドコモ光のプロバイダの中でもトップクラスの充実さであると言えます。

基本的に、U-NEXT関連のサービスを利用する機会があるかどうかで選択の是非を決めると良いでしょう。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2017 AllRights Reserved.