哺乳類

ブリティッシュショートヘアをペットとして飼う際の注意点まとめ【生態・餌・グッズ・病気など】

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ブリティュショートヘアを飼う際には健康管理が最も重要になります。

ブリティシュショートヘアは、いろいろな環境に対応できる猫となっているので、家庭で飼うには非常に飼いやすい種類の猫となっています。

今回は、そんなブリティッシュショートヘアについて、詳しく説明を書いていこうと思います。

スポンサーリンク




ブリティシュショートヘアの生態 昼行性? 夜行性?

ブリティッシュショートヘアの見た目は、ずんぐりむっくりで、顔には丸みがあります。

筋肉質でがっちりとしています。

性格は、とてものんびり屋さんで、穏やかです。

この性格から、あまり活発に運動しないように思われがちです。

しかし運動能力が高く、とても運動が好きな猫になっています。

買うときには、運動できるスペースを設けることが大切です。

スペースが取れない場合は、キャットタワーを用意するなどして、一人で遊べる環境を作ってあげましょう。

運動不足になってしまうと、ストレスがたまってしまうので注意しましょう。

また、運動できないと、筋肉量が落ちてしま、足などに負担がかかってしまいます。

肥満体型になってしまうことによっても関節に大きな負担がかかってしまいます。

これらが原因となって関節が悪くなってしまうこともあります。

これを防ぐためにも運動させることは大事なのです。

ブリティシュショートヘアは筋肉質な体をしていますが、食事だけをいっぱい与えて、運動さないと、肥満体質になってしまいます。

食事を与えたらしっかりと運動させることが肝心になります。

ブリティシュショートヘアは穏やかな性格なのですが、騒がしいところは苦手になります。

騒がしい場所で買うと、ストレスの溜まる原因になるので注意しなければなりません。

ブリティッシュショートヘアはしつけが肝心になります。

ブリティシュシュートヘアをしつけるには、この猫の性格をよく知る必要があります。

ブリティシュショートヘアは、賢くてとてもしつけやすい猫と言われています。

この猫は褒められることが大好きな猫です。

小さい頃にたくさん遊んであげて、うまく遊んでくれた場合にはたくさん褒めてあげましょう。

こうすることによって、大人の猫になった時に、一人で遊ぶことが少なくなったとしても、遊ぶと褒められるということを知っているので、アイヌ資産と遊んでくれることが多くなることでしょう。

この種類に猫は、他の猫に比べて、飼い主さんの言い方をよく理解して聞いてくれます。

叱ることや、ほめることによって学習していきます。

メリハリが大事になります。

叱る際はしっかりと叱ることによって、に度と同じことはしなくなります。

ほめるときは、ブリティッシュショートヘアは抱っこされることが苦手なので、頭や体を撫でてあげましょう。

トイレのしつけは、失敗することは滅多にないです。

一度トイレの場所でトイレをさせてあげれば、そこには臭いが残ります。

2回目以降はそこの匂いを覚えてくれるため、一度目は重要になります。

トイレを思想になったら所定の場所に誘導してあげることが大切です。

とても賢い猫なのですぐに覚えてくれることでしょう。

これも飼いやすさの一つです。

ブリティッシュショートヘアはどんな環境にも慣れることができるという長所があります。

なので、ブリティッシュショートヘアを向かい入れるための準備をしっかりとしておけば、快適に迎え入れることができると思います。

必要なものとかをしっかりと揃えておくことによって、その環境に慣れるのも早くなると思います。

以下の項目では、どんな餌が適しているのか、また、買うために必要なものなどを詳しく説明していきたいと思っています。

ブリティュショートヘアの食事・餌は何? 1日どれだけ必要?

ブリティシュシュートヘアは、丸顔、がっしりとした筋肉質な体が特徴の猫になります。

高タンパクなキャットフードを与えて、筋肉量を維持することによって筋肉が多く、太りにくい体を維持しましょう。

ブリティシュショートヘアは、通常の猫よりも若干大きい猫になります。

若いうちにしっかりと高タンパクなキャットフードを与え、筋力を維持しましょう。

筋力を維持するのを怠ってしまうと、肥満体型になったりその体型になりやすい猫になってしまうので注意しましょう。

ブリティシュショートヘアは、純血種の中では、丈夫な種類で、遺伝子病を発症することはあまりないです。

しかし、歳をとることによって運動量が減ると、太りやすくなってしまいます。

特に穀物は、炭水化物と糖分が豊富に含まれているので、太りやすいです。

このことから、グレインフリー、穀物不使用のものを選ぶことがおすすめになります。

穀物アレルギーを防ぐことにも繋がります。

この種類の猫は、筋肉量が落ちてくると、関節に負担がかかってしまいます。

高タンパクな食事で筋肉量を維持しつつ、あげすぎで肥満にならないように注意しましょう。

脂質は、猫にとって、炭水化物よりもエネルギーに変わりやすい栄養素となっています。

脂質が多いほど満腹感も得ることができます。

穀物不使用のものであれば脂質が多めに深まれているものでもあげて構いません。

スポンサーリンク




ブリティッシュショートヘアを飼うために必要なグッズ

猫用のトイレ

猫用のトイレは必須となります。

飼う猫の大きさ、年齢によっても変わりますが、猫のサイズよりも少し大きめのものを用意するのがオススメです。

キャリーケース

キャリーケースも必須アイテムとなります。

キャリーケースは病院に行く時や、ブリーダーさんや、お店で猫を買った時に持ち運ぶのに必要です。

キャリーケースも猫のおおきさよりも大きめのサイズのものを用意するのがオススメです。

爪とぎ

猫にとって爪とぎはとても重要です。

爪とぎをすることによってストレス解消になります。

爪とぎを用意しておかないと、家のソファーなどで爪とぎをされてしまい家具がボロボロになってしまします。

猫のストレス解消のためにも用意することをオススメします。

爪切り

定期的に猫の爪を切るための爪切りも用意しましょう。

爪を切らないと、ねこが自分の体をかいた時に引っかき傷ができてしまいます。

さらには、家の中にある布などに引っ掛けてしまい思わぬ怪我をしてしまうかもしれません。

猫の爪は定期的に切ることをオススメします。

猫タワー

餌の部分でも触れましたが、ブリティシュショートヘアは肥満に気をつけなければなりません。

また、運動がとても好きな種類の猫になります。

猫タワーを購入し、しっかりと運動させることによって肥満予防になります。

また、運動することによって強い関節を保つことにもつながります。

寝床用のクッション

猫が安心できるような暗くて狭いところに柔らかいクッションなどを置いてあげるとなお良いです。

そこを寝床として猫が安心して過ごせるスペースとなります。

スポンサーリンク




ブリティシュショートヘアがかかりやすい病気

糖尿病

この病気は肥満になることによって発症する病気になります。

この病気は年を取ってからの方がかかりやすいです。

年を取り、遊んだり、運動することが少なくなってしまうと、代謝が下がり、肥満になりやすくなります。

定期的に健康診断を受けることによって早期発見にもつながります。

胃腸炎

この病気は、食べ物や飲み物に含まれる細菌から引き起こしてしまうことがあります。

常に新しいキャットフード、飲料水を与えてあげることによって防ぐことができます。

また、胃腸炎は事前に予防できる手段があります。

それはワクチンの注射を受けることです。

これはお医者さんに行くことによって受けることができます。

お金はかかることになってしまうのですが、できれば受けておいたほうがいいと思います。

病気になった時の治療費のほうが高くつくことになると思うからです。

病気で苦しむ猫の顔も見たくありませんもんね。

事前位防げるものは防ぎましょう。

スポンサーリンク




ブリティッシュショートヘアの基本データ

原産国 イングランド
寿命 14-17歳
体重 4-8kg
体長 40-50cm
性格 おっとり、穏やか
価格帯 200,000-350,000円

原産国

原産国は、イギリス、イングランドです。

イギリスでは長くの間、ねずみ捕りとして飼われていました。

1890年には正式にブリティシュショートヘアとして、キャットショーにてお披露目されました。

ねずみ捕りを得意とする猫であるため、運動能力は高く、筋肉質の体をしています。

この猫は戦争の時代にペルシャ猫やロシアンブルーと同様に絶滅の危機に瀕していました。
この猫は、ペルシャ猫とも後輩をしているため、たまに長毛の子猫が生まれることもあります。

基本は短毛種であります。

アメリカでは、ブリティシュロングヘアとゆう猫種が認められていますが、イギリスでは認められていません。

寿命

寿命は14-17歳となっています。

ですが個体差があるので、長く生きるものでは、15年以上生きる長生きな個体もいます。

体重

  

体重は、4-8kgです。

体長

40-50cmとなります。

性格

性格は、とても落ち着いていて、滅多に鳴くことはないです。

そしてとても頭が良くて、クールだと言われています。

自立心がとても高くて、抱っこは好きではありません。

価格帯

価格帯は平均で200,000-350,000円です。

まとめ

この猫はとても賢くて、しつけもしやすく、とても買いやすい猫となっています。

気をつけないといけないことは、肥満にならないようにするということです。

筋肉を保つためにもしっかりとタンパク質の多い食事をあげつつ、運動も必ずさせてあげなければなりません。

それを怠ってしまうとすぐに肥満の猫になってしまったり筋肉が衰え、関節が弱い猫になってしまいます。

このようなことに気をつけて、ブリティシュショートヘアを飼ってみてはいかがでしょうか。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-哺乳類,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.