哺乳類

豆柴犬をペットとして飼う際の注意点まとめ【生態・餌・グッズ・病気など】

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

柴犬は、日本の犬種の中でも一番小さいとされています。

その柴犬をさらに小さく改良したものが豆柴犬です。

大人の犬になっても、愛嬌のある顔をしていて海外からも人気のある犬種です。

今回はこの豆柴犬について飼い方などを細かく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク




豆柴犬の生態 昼行性? 夜行性?

豆柴犬の性格は、ほぼ柴犬と同じ性格をしています。

柴犬の甘えん坊なところが少し残り、活発に動き、愛嬌があります。

飼い主には忠実でとても賢い犬種となっています。

縄張り意識が強く、信頼していない相手には警戒することもあります。

しかし、飼い主との関係性やしつけがちゃんとしていれば寂しがりで甘えん坊な一面もあるので、他の犬種以上にとても良い家族の一員、パートナーとなる犬種です。

一般的には、オスはやんちゃ、メスはおとなしく警戒心が強いとされています。

メスは落ち着きがあるので室内ではオスよりは飼いやすいので、一頭でおもちゃで遊んだりとまったりと過ごせると思います。

また、警戒心が強いのも特徴の一つとなっています。

豆柴は、大人の犬で4-7kgとなっています。

綺麗好きで、室内の自分のケージなども汚すことは滅多にありません。

しつけのポイントですが、最初に、信頼関係を築くことが大事になります。

警戒心の強い豆柴は、信頼がない相手の言うことは素直に聞いてくれません。

毎日のコミュニケーションを欠かさず行い、信頼関係を作ることがしつけ成功の近道です。

また、指示をする際にはアイコンタクトが重要になります。

アイコンタクトをできるようにするには、愛犬が名前を覚えるところから始めなければなりません。

名前を呼んで、目があったら餌をあげる、などのことをして、覚えさせましょう。

また怒る時に名前を呼ぶのは逆効果になってしまいます。

なぜかというと、怒る時に名前を呼ぶと、時運の名前が怒られるときの言葉と愛犬が勘違いしてしまうからです。

怒る時は名前を呼ばないように注意しましょう。

指示をしっかりと聴かせるためには、主人との上下関係をしっかりさせなくてはなりません。

飼い主がリーダだということを愛犬に理解させるには、生活にメリハリをつける、ということが大事になってきます。

愛犬がどれだけ可愛くてずっと一緒にいたいと思っても、一緒に寝たりしないで、遊びの始まりと終わりにメリハリをつけ飼い主がしっかりとコントロールすることによって飼い主がリーダーであると理解させることができます。

柴犬はしっかりしつけができていれば、無駄吠えは滅多にしません。

無駄吠えをしたとしてもすぐにやめさせることができます。

豆柴が吠えるときは、警戒している時と、要求がある時と言われています。

警戒時の無駄吠えの場合は、人とのふれあいに慣れさせることによって軽減されます。

吠え始めた時に軽く叱って、吠えるのをやめたらしっかりと褒めてあげましょう。

要求の吠えの場合は、飼い主との上下関係がしっかりと築けていない場合に起こります。

この場合は上下関係を見直す必要があります。

豆柴の噛み癖は小さな頃からしっかりとしつける必要があります。

戯れたがる場合は軽くしかり、遊ぶのを止めるなどして、人を噛んではいけないということを学ばせる必要があります。

そして、かんでもいいおもちゃを用意することによって、人を噛まずにおもちゃを噛むようになります。

トイレのしつけは、愛犬がトイレに行きたがった際に誘導することでしつけられます。

一度してしまえばそこに匂いがつき、覚えやすくなります。

毛も短く、体が小さいため、最小限のブラッシングですみます。

シャンプーも月1程度でいいので、子供や年配の方が飼育しやすのも特長です。

小柄なため室内飼育に向いており、室内ならば、一緒に生活することもできて、病気などの異変にもすぐ気付くことができます。

また、業者によっては、病弱で短命である豆柴もいるので、購入前にきちんと調べる必要があります。

また、最初は元気でも後々病気にかかってしまう豆柴もいるので、自分にあった豆柴を見極めることが最重要となってきます。

小柄の柴犬を豆柴として売っている悪質な業者もいます。

豆柴を買ったはずなのに育てているうちに大きくなってしまい、業者に変金を求めたり、可愛くないので捨ててしまって利という案件が増えています。

このような無責任なことにならないためにも、事前の下調べが重要です。

オークションで売っている犬にこのようなことは多いので、しっかりとしたブリーダーを探すことをお勧めします。

豆柴犬の食事・餌は何? 1日どれだけ必要?

豆柴犬の餌はとても気を使わなければなりません。

豆柴犬は柴犬同様に、アレルギー体質の個体が多く、アトピー性皮膚炎になってしまいます。

そのため、きちんと品質管理された良質な餌でアレルギー対策をすることができます。

とうもろこしや小麦、牛肉、大豆、豚肉は犬にとってとても消化しにくい食べ物となっています。

アレルギー反応が出る場合が多いため、餌を購入するときはしっかりと原材料を確認して、動物性たんぱく質を使用している餌を選ぶようにしましょう。

このように、しっかりとその犬にあった餌を選ぶことによって、犬の健康や長生きにつながっていきます。

スポンサーリンク




豆柴犬を飼うために必要なグッズ

ケージ

家の中で飼う場合に必須となるアイテムです。

犬にも安住の地は必要なので、大きめのサイズのものを用意すると良いでしょう。

大きめのものは、寝床やトイレ、餌なども一緒に置いておけるため、お留守番させるときには便利なものとなっています。

食器

餌を入れるための食器です。

軽すぎると食べながら食器が移動してしまうので滑らないものや重みのあるものにしましょう。

不快すぎても食べづらくなってしまうので、浅めで底が平らになっているものを使用するとなお良いです。

給水器、水入れ

食器のように浅めで重さがあるものを使用しましょう。

食器のようなものに水を入れると、いたずらして部屋がびしょびしょになったり、衛生面上綺麗ではありません。

ボトルタイプのものを使用すると衛生面上もよくなりいたずらも防止することができます。

散歩用のアイテム

犬にとって散歩は重要なものです。

しっかりとさせてあげましょう。散歩に必要なアイテムとしては、首輪、ハーネス、レインコートなどです。

首輪だけだと抜けてしまう恐れもあるため、ハーネスにしてあげるとなお良いと思います。

また、急な雨、夕立にも備えて、レインコートは常に持ち歩いておきましょう。

お手入れアイテム

まずはブラシです。定期的にブラッシングをしてあげないと、皮膚病の原因にもなります。

なので、豆柴犬の場合、短毛種用のブラシを使用してブラッシングしてあげましょう。

爪切り

爪切りもしっかりと犬用のギロチン型と言うものがあります。

こちらを購入し、正しいやり方で爪のお手入れをしてあげましょう。

シャンプーとリンス

豆柴犬は皮膚が弱いため、しっかりと犬用の低刺激なものを選んであげましょう。

出ないと皮膚の病気の原因となってしまいます。

スポンサーリンク




豆柴犬がかかりやすい病気

アトピー性皮膚炎

この病気は、ノミ、ハウスダスト、ダニ、食べ物のアレルギーなどが原因で引き起こされてしまう病気となっています。

豆柴犬は特に皮膚が弱いため、かかりやすくなっています。

症状としては、皮膚のかゆみ、ひどくなってくると皮膚がただれてしまうこともあります。

防ぐためには、犬を毎日よく観察して、早期発見することによって、慢性化を防ぐことが可能です。

ひざ関節の脱臼

この病気は、小型犬によく見られる病気となっています。

先天的なものと後天的なものがあり、先天的なものは、ひざ関節の異常が原因とされています。

後天的なものは、打撲や高所からの落下によって骨が変形してしまったことが原因とされています。

この病気を予防するためには、ひざに負担をかけないことが最も重要になります。

フローリングなどの床は、膝に負担をかけてしまいます。

床に絨毯やマットを引いて膝に負担のかからないような環境づくりが大切です。

緑内障

この病気は眼圧が高くなることによって視覚障害を起こす病気です。

この病気のほとんどが、瞳孔を開いたまま充血し、眼球がいつもよりも大きくなってしまうという症状が起きます。

また、目が痛くなるので、頭を撫でようとすると嫌がるようになります。

こちらには予防策はないのですが、犬の様子を常にチェックし、早期発見することが病気の進行を抑えることにつながります。

スポンサーリンク




豆柴犬の基本データ

原産国 日本
寿命 10-12歳
体重 4-6kg
体長 28-34cm
性格 従順で誠実 警戒心が強い
価格帯 300,000-600,000円

原産国

原産国は日本です。

もともと日本犬である柴犬を品種改良し、小さくしたものが豆柴です。

寿命

寿命は10-12歳となっています。

ですが個体差があるので、長く生きるものでは、15年以上生きる長生きな個体もいます。

体重

  

体重は、4-6kgです。

体長

オスは30-34cm、メスは28-32cmとなっています。

プードルよりもやや大きいサイズ感となっています。

性格

豆柴は柴犬を品種改良したものなので、性格も豆柴に受け継がれています。

少し甘えん坊であり、とても活発で愛嬌のある性格です。

そして、飼い主に従順で賢いです。

警戒心が強い性格でもあるため、見知らぬ人には甘えたりはしません。

価格帯

価格帯は平均で30,0000-600,000円です。

大きさがちいさければ小さいほど価格は高くなります。

高い個体では、1,000,000円を超える個体もいます。

まとめ

豆柴犬についていかがでしたでしょうか。

豆柴犬は小さくてとても愛嬌のある犬です。

とても賢く、しつけするのにも苦労はないでしょう。

豆柴犬はネットで偽物もたくさん売られているので次買うときは注意して買いましょう。

豆柴犬は飼い主に従順な性格です。

きっと飼い主にとってとても良いパートナーになることでしょう!







この記事のURLとタイトルをコピーする

-哺乳類,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.