ソーシャル

【備忘録】TweetDeck内で適用されるキーワードもしくはユーザーのミュート機能 追加方法

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

まいど、ボブです。

PCでTwitterをやることが多いんですが、もっぱらTweetDeckを使ってます。

TweetDeckだとタイムラインの他にも、検索ワードで1列作って見れたりするので、色んなツイートを見たい時に便利です。

そんなTweetDeckですが、複数垢追加しているとミュートの設定など面倒ですよね。

今回はそんな場合の対処法です。

TweetDeckでのミュート方法

TweetDeckで複数垢一気にミュートする便利な方法があります。

1.歯車マークを押し、設定を開く

まずはTweetDeck左下の、アイコンが表示されている箇所上の歯車マークを押します。

その中に「設定」もしくは「Settings」があるので、それを押します。

2.Muteを選択し、キーワードもしくはユーザーを追加する

「設定」もしくは「Settings」を開くと、こんな画面が出てきます。

この左一番下にある「Mute」を選択します。

こんな画面が出てくるのですが、右の「Mute」横が”Words or phrases”の場合はミュートしたい単語もしくはフレーズを。

”Tweet Source”の場合はミュートしたいユーザー名を入れてください。 なおユーザー名の場合はアットマークは無しで大丈夫です。

これでミュートしたいものを追加した上で、右下の「Done」を押せば完了です。

まとめ

以上がTweetDeckでのミュートのやり方です。

複数垢を運用する上で便利なTweetDeck。

余計な手間は減らして、アカウント運用の時間を増やしていきましょう。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ソーシャル

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.