スキンケア 乾燥肌・敏感肌

【乾燥肌】スキンケア年代別選び方特集:30代編

更新日:

30代に入ると明らかに20代の頃までの自分の肌とどこか違うことに気づき始めます。

肌に弾力やうるおいがあった肌もいつの間にか乾燥していきます。

  • 化粧水が入りにくくなった
  • 寝不足や疲れがすぐに肌にでる
  • メイクのノリが悪い

というのも肌が乾燥してきた証拠です。

では、30代乾燥肌に必要な保湿ケアとは具体的にどんなものなのでしょうか?

ここでは、30代で乾燥しやすい原因と日常生活の中でできるケア法・30代の乾燥肌の人におススメしたいスキンケア商品の紹介をしたいと思います。

スポンサードリンク

30代に肌が乾燥しやすい理由とは?

30代で乾燥しやすい主な理由は

  • 角質の水分や油分が減ってくる
  • 仕事や家庭、子育てなど自分の時間が取れない
  • 真皮層の働きの鈍り

30代で乾燥に悩むのは、角質の水分や油分の低下、真皮層の働きの鈍りに付け加えて、必要な保湿ケアができていないというのも上げられます。

女性にとって30代とはまさに激動の年代です。

結婚、子育て、仕事と家庭との両立などに追われて自分の自由になれる時間を確保しにくい。

特に子育て中のママは十分な睡眠時間もままならず、仕事や家庭との両立でストレスを溜めている方も多いようです。

加齢による肌内部の変化だけでなく、このような環境的理由から保湿ケアが怠りがちになるというのも30代乾燥肌の特徴といえるでしょう。

30代女性におススメの乾燥肌対策とは

30代女性におススメしたい乾燥肌対策をここでご紹介したいと思います。

  • 生活習慣全般の見直し
  • 「セラミド配合」の美容液を毎日使う

生活習慣全般の見直し

いくら高価な化粧品を使ってもバランスの悪い食生活や十分な睡眠が確保されなければ、潤いある肌をキープすることはできません!

美肌に効果のある食生活送っていますか?

30代の女性は仕事に育児に大忙し。つい自分のことより仕事や子供の方を優先してしまいがち。

気が付いたら「しばらく、まともな食生活を送っていなかった」と我に返ることもあるでしょう。

30代の独身女性の場合でいうと外食はパスタやサンドイッチなど炭水化物中心だったり、「野菜は生サラダで」という食生活の傾向が目立ちます。

炭水化物に関していうとカロリーはあっても栄養はほとんどないですし、生野菜のサラダはビタミン含有量が少ないです。

乾燥肌改善を考えるなら、もっと美肌に貢献できる食べ物を食べたいもの。

たとえば、生野菜サラダよりも温野菜です。

緑黄色野菜なんて最高に美肌作りに必要な栄養素がたっぷり含まれているのでおススメです。

人参やほうれん草などに含まれるβカロチンは抗酸化作用が高く、肌荒れや肌老化を防ぐ働きがあります。

じゃがいもやカリフラワーに含まれるビタミンCも抗酸化作用が豊富です。

肉や魚に含まれる良質なタンパク質も肌を生み出す重要な栄養素となります。

それに、玄米や胚芽米などはビタミンB群、ミネラルなど美肌にとって欠かせない成分がたっぷりと含まれているので毎日でも食べたい栄養素ですね。

美肌は寝ている間に作られる!十分な睡眠取っていますか?

食事には気を使っていても睡眠についてはそれほど重要視していない人も多いようです。

睡眠不足はもっとも肌を荒らします。

実は、肌は寝ている間にしか再生できません。

私たちが昼間活動している間の血液は脳に集中するため、肌にまで栄養は行き渡りません。

眠りにつくと血液は体内部に送り込まれ、当然、肌にも栄養が渡ります。

肌細胞が活発化する夜に十分な睡眠を取ることで美しい肌をよみがえらせてくれるのです。

しかし、乳幼児を抱える30代の女性は、まとまった時間十分な睡眠を取れないかと思います。

これは仕方ないことですが

  • 赤ちゃんが寝たときは自分も寝る
  • 母乳からミルクに切り替えて夜中の授乳をパパと交代

など、少しでもまとまった睡眠時間が取れるように工夫することも大切です。

「セラミド配合」の美容液を毎日使う

30代に突入した肌は季節を問わず1年中保湿ケアをする必要が出てきました。

化粧水+乳液のみのケアは20代までです。

30代に入ったら保湿成分が配合された美容液やクリームもスキンケアの中に取り入れたいものです。

「すでに保湿成分が入っている美容液を使っているけど、乾燥肌は治らない」という人は、ぜひともセラミド配合のものに変えてみてください。

セラミドは私たちの肌にある角質細胞間脂質の一つで肌の水分を維持するのに最も貢献している保湿成分です。

元々肌内部にあるセラミドも年齢と共に減少していきます。

そこでおススメしたいのが「セラミド配合の美容液」です。

セラミドは水に溶けない性質があるので、化粧水のようなものにはほとんど入ってなく、美容液やクリームによく配合されています。

セラミド配合の美容液はたくさん販売されていますが、天然セラミド・ヒト型セラミド・合成セラミド・疑似セラミド・植物セラミドなど種類も豊富でその効果は種類によって変わってきます。

実際に「セラミド配合のものを使っているけど、それほど実感できない」という人は、セラミドの中でも最も保湿力に優れた「ヒト型セラミド」配合の美容液やクリームを使うとよいでしょう。

ヒト型セラミドは人間の肌の中にあるセラミドと同じ構造でできているので、他種類のセラミドに比べて保湿力が高いだけでなく、肌に浸透しやすく、刺激も少ないです。

合成セラミドや植物セラミドなど他のセラミドに比べると値段は高めですが、保湿効果は確実にあらわれるので将来的な投資と考えると使う価値大いにありです。

30代の乾燥肌におススメなスキンケア商品紹介

エトヴォス モイスチャーラインお試しセット4点

保湿力を何より重視した“超乾燥肌の人”のための保湿ケアライン!

「ヒト型セラミド」や「リペジュア」「ヒアルロン酸」といった高保湿成分を贅沢に配合したこだわりの保湿スキンケア商品です。

石けん、化粧水、美容液、クリームとラインで購入するとさらに保湿効果がアップします!

超乾燥肌の人のために保湿成分だけでなく、肌に負担をかけるシリコン、パラベン、石油系界面活性剤、香料などを使用していません。

「石けん」は、ヒト型セラミドなど保湿成分を配合しているからうるおいを守りながら汚れのみを落とすというこだわり。

洗い上がりもプルプル弾力でつっぱり感がありません。

「化粧水」は、バリア機能を促進しうるおいある肌へ。

「美容液」には、ヒト型セラミド5種類(セラミド1・2・3・5・6Ⅱ)を高濃度で配合し、うるおい豊かな肌がキープできます。

最後は、「保湿クリーム」。セラミドやアミノ酸(天然保湿因子)、さらに、4種類のビタミンを配合した贅沢なでしっかりと水分蒸発を防ぎます。

これだけ贅沢な成分を配合しているのに手に届きやすいお値段でコスパ的におススメ!

保湿成分たっぷりだし、肌に負担がかかる成分は使っていないし、毎日遠慮なく使えるし、だから、乾燥肌からうるおいある肌に変化できるのですね。

まとめ

30代の乾燥肌を改善するには

  • 生活習慣全般の見直し
  • 「セラミド配合」の美容液を毎日使う

を意識的に行いましょう。

30代は何かと忙しい年代ですがバランスの摂れた食生活や十分な睡眠を取り、規則正しい生活を送ることで肌の荒れが治まっていきます。

また、5年後、10年後の肌のためにも30代の肌はとにかく保湿が命です!

肌内部の保湿成分が減っていく30代だからこそ、セラミド配合の美容液を毎日使い続ける努力を怠らないようにしましょう。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-スキンケア, 乾燥肌・敏感肌

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.