便秘 腸内環境改善 身体の悩み

青汁みらいは妊娠中の便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

スポンサードリンク

投稿日:

妊娠中の便秘や赤ちゃんの便秘にお悩みの方の中には、青汁みらいの利用を検討している方がいるかもしれませんね。

妊婦さん・赤ちゃんも青汁みらいを利用できるのでしょうか。

詳しく解説するので、便秘にお困りの方は参考にしてください。

うちのサイトで人気のオリゴ糖入り青汁を見る >

スポンサードリンク

青汁みらいは妊婦さんや赤ちゃんでも飲める?

青汁みらいは、化学合成添加物を使用せず自然由来の成分だけで作られた青汁です。

身体に悪い成分は入っていないので、妊娠中であっても利用できます。

日本人のお腹に合わせた乳酸菌を配合しているので、妊娠中の便秘にお悩みの方にとってうれしい青汁になるかもしれません。

ただし、妊娠中は普段以上にデリケートな時期です。身体に悪いものは含まれていなくても、慣れない成分をとることで体調が変化することはあります。

この点に配慮して、不安を感じる方などは産婦人科の医師に相談してから利用しましょう。

利用してから体調の変化を感じた方も医師に相談してください。

赤ちゃんの利用はオススメできません。桑葉末やマテ茶末、マカなど、赤ちゃんにとって刺激が強いと考えられる成分が配合されているからです。

自然由来と聞くと優しい印象を抱いてしまいますが、赤ちゃんの利用には適していません。

赤ちゃんの便秘対策には、赤ちゃんでも利用できるその他の青汁がオススメです。

あるいは、食事量の見直しやお腹のマッサージ、肛門周囲のマッサージなどで改善することもあります。

これらを試しても改善しないときは、医師に相談しましょう。

妊婦さんに最適な飲み方

妊婦さんは、1日1包の青汁みらいを200ml~500ml程度の水やぬるま湯に混ぜて飲むことがオススメされています。

飲みづらい方は、牛乳やヨーグルトなどに混ぜても構いません。ポイントは、青汁みらいを良く溶かして飲むことです。

飲むタイミングに特別な決まりはありません。いつ飲めばよいか迷う方は、食事の前に飲んでみてはいかがでしょうか。

食物繊維が豊富なマテ茶、糖質の制限をサポートする桑の葉などを配合しているので、便秘対策以上の働きを期待できます。

飲むタイミングを決めておくことで飲み忘れも減らせます。

実感できる時期には個人差があります。普段の生活習慣や食生活、便秘の状態なども影響するからです。

一般的に、相性は3カ月程度利用してから評価するほうが良いといわれています。

すぐに実感できなくても、諦めずに続けましょう。少しずつ実感できるはずです。

まとめ

自然由来の成分で作られている青汁みらいは妊婦さんでも利用できます。

1日の目安量は1包です。ただし、デリケートな時期なので体調の変化などには気をつけましょう。

心配な方や体調の変化を感じる方は、医師に相談してください。

残念ながら、赤ちゃんは利用できません。マカや桑葉末など、赤ちゃんには刺激が強い成分を含むからです。

赤ちゃんの便秘は、他の青汁などをお試しください。

以上に注意すれば、青汁みらいを便秘対策に利用できます。

うちのサイトで人気のオリゴ糖入り青汁を見る >



-便秘, 腸内環境改善, 身体の悩み

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.