便秘 腸内環境改善 身体の悩み

新アサヒ菜善青汁は妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

スポンサードリンク

投稿日:

妊娠中の便秘や赤ちゃんの便秘対策に青汁を検討している方が多いはずです。

新アサヒ菜善青汁は、妊婦さんや赤ちゃんでも飲めるのでしょうか。

妊婦さん・赤ちゃんの利用について解説します。

便秘にお悩みの方は参考にしてください。

>>便通に効果的! おすすめのオリゴ糖入り青汁を見る

>>妊娠中でも安心して飲める、ノンカフェインの便秘茶を見る

スポンサードリンク

新アサヒ菜善青汁は妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

新アサヒ菜善青汁は、妊婦さんであっても利用できると考えられています。

ただし、微量ながら抹茶を含むので、カフェインを摂りたくない方は控えたほうが良いでしょう。

新アサヒ菜善青汁は、原材料を細かく細断しているので妊娠中でも飲みやすいと評価されています。

乱れた腸内環境を整える乳酸菌とオリゴ糖を配合している点も魅力です。

公式サイトで定期コースを申し込めば、通常価格に比べ毎月2,204円もお得に購入できます。

定期コースには、6回のお届けごとに1回分の商品代金が無料になる特典もあります(※定期コースはいつでも好きなときに解約できます)。

利用しやすい青汁なので、妊娠中の便秘対策に最適です。

赤ちゃんの利用は控えたほうが良いと考えられています。

抹茶由来のカフェインを含むからです。

赤ちゃんの便秘には、赤ちゃんでも利用できる青汁がオススメです。

あるいは、その他の対策でも解消を図れます。

定番の対策が、お腹や肛門周りのマッサージ、綿棒にベビーオイルなどを塗ってお尻の穴に差し込んで刺激する、オリゴ糖を混ぜたお水を飲ませるなどです。

これらを試しても改善しないときは病院で相談しましょう。

それぞれの最適な飲み方とは?

妊娠中の便秘対策に新アサヒ菜善青汁を利用したい方は、どのように飲めばよいのでしょうか。

オススメの飲み方を紹介します。

妊婦さんに最適な飲み方

妊娠中でも基本的な飲み方は妊娠前と同じです。

ただし、デリケートな時期なので、妊婦さんは様子を見つつ新アサヒ菜善青汁を飲んだほうが良いと考えられています。

新アサヒ菜善青汁は1箱60包入りなので1日2包を飲めば1カ月分となりますが、妊娠中は1日1包から始めたほうが良いでしょう。

体調に変化がないことを確認しつつ利用してください。

新アサヒ菜善青汁の定期コースは、お届け間隔を「1カ月に1回・2カ月に1回」から選べます。

お届け間隔は定期コース申し込み後に変更することもできます。最初に「2カ月に1回」を選んで、利用状況を見つつお届け間隔を変更すれば手元に新アサヒ菜善青汁をため込むことなく利用できるはずです。

新アサヒ菜善青汁を試してみたい妊婦さんは以上の点に注意してください。毎日、継続すれば実感しやすくなりますよ。

まとめ

妊娠中でも新アサヒ菜善青汁を利用することは出来ます。

ただし、抹茶を含むのでカフェインを摂りたくない方は控えたほうが良いでしょう。

同様の理由で、赤ちゃんは利用できません。

赤ちゃんの便秘は、他の青汁などで改善を図ってください。妊婦さんの飲み方は妊娠前と変わりません。

デリケートな時期なので体調の変化などには注意が必要です。まずは、1日1包から始めましょう。

安全に利用できると考えられますが、体質などによってトラブルを起こす可能性はあります。

気になる点や不安な点がある方は、医師に相談してから利用してください。

>>妊娠中でも安心して飲める、ノンカフェインの便秘茶を見る

>>便通に効果的! おすすめのオリゴ糖入り青汁を見る



-便秘, 腸内環境改善, 身体の悩み

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.