http://iden-tity.biz/zyosi-nayami

便秘 腸内環境改善

便秘解消効果が出やすく人気の青汁 オススメ比較ランキング

投稿日:

毎日、スッキリできないと気持ちよく一日を始められませんよね。

お困りの方は、オリゴ糖入り青汁を試すとよいかもしれませんよ。オリゴ糖入り青汁には、通常の青汁にはないメリットがあります。

ただし、オリゴ糖さえ入っていれば良いというわけではありません。

ここでは、オリゴ糖入り青汁に期待できるメリットとオリゴ糖入り青汁の選び方などを解説しています。

頑固な便秘にお悩みの方などは参考にしてください。

スポンサードリンク

オリゴ糖入り青汁のメリットとは?

オリゴ糖入り青汁は、青汁にオリゴ糖を加えた商品です。

単に、オリゴ糖を加えただけに思えますが、通常の青汁に比べメリットが大きいと考えられます。

オリゴ糖入り青汁の最大のメリットは、通常の青汁よりも高い腸内環境改善効果を期待できることです。

いうまでもなく、青菜野菜を粉砕した青汁には豊富な食物繊維が含まれています。

食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維にわかれます。

ザラザラした質感の不溶性食物繊維には、水を吸収して膨らみ便のカサを増す働きと腸を刺激して蠕動運動を活発にする働きなどがあります。

ネバネバあるいはサラサラした水溶性食物繊維には、腸内の余分な水分を吸収して便を柔らかくする働きと善玉菌のエサになり腸内環境を整える働きなどがあります。

オリゴ糖にも腸内の善玉菌のエサになる働きがあります。

善玉菌は、腸内に生息する細菌(=腸内細菌)のひとつです。

善玉菌のほかでは悪玉菌があります。善玉菌には腸内環境を安定させる働きが、悪玉菌には腸内環境を悪化させる働きがあります。

腸内環境と便通は密接に関係しているため、スッキリを維持したい方は腸内環境を良い(=善玉菌の多い)状態に保つ必要があります。

食物繊維とオリゴ糖には、善玉菌のエサになり増殖を助ける働きがあります。

食物繊維とオリゴ糖の組み合わせは、腸内環境が乱れている方やスッキリできない方に最適な組み合わせと考えられます。

通常の青汁よりさらに高い腸内環境改善効果を期待できる点が、オリゴ糖入り青汁の最大のメリットです。

オリゴ糖入り青汁には他のメリットも期待できます。腸内環境が整うと健康にうれしい影響が期待できるからです。

例えば、肌を美しい状態に保つ効果を期待できます。

腸内環境が乱れると悪玉菌により毒素が作り出されます。

毒素が腸から吸収されて全身を巡ると、肌に悪い影響が現れます。

オリゴ糖入り青汁は、腸内環境を改善することで悪玉菌の影響を抑えるといわれています。

ダイエット効果も期待できます。腸内に老廃物がたまると、それだけで体重がアップしてしまいます。

オリゴ糖入り青汁でスッキリすれば、排出した老廃物の分だけ体重は減ります。

「オリゴ糖入り青汁は短期間で実感できる」といわれるのはこのためです。

また、腸内環境が整うと代謝も良くなります。これによってもダイエット効果を期待できます。

健康値を改善する働きも期待されています。

オリゴ糖入り青汁を飲むことで、短鎖脂肪酸を作りやすくなると考えられるからです。

短鎖脂肪酸は、腸内細菌が食物繊維やオリゴ糖を発酵するときに作り出す脂肪酸です。

短鎖脂肪酸には、コレステロール合成酵素を阻害してコレステロールの合成を抑制する働きなどがあります。

このほかにも、健康に良い様々な働きを期待できるので、オリゴ糖入り青汁は健康値を改善する可能性があるといわれています。

以上のほかでは、アレルギー症状の緩和を期待する方もいます。

外界と接する腸には、免疫細胞の約70%が配置されています。

免疫細胞は外から侵入してくる外敵と常に戦っています。

腸内環境が悪化して炎症が起きやすい状態に陥ると、腸の免疫細胞はわずかな刺激に反応する過敏な状態になります。

このような状態に陥るとアレルギー症状が生じやすくなります。

腸内環境が安定すると免疫細胞の過敏な状態が解消されやすくなるため、オリゴ糖入り青汁にアレルギー症状の緩和を期待する方がいるのです。

オリゴ糖の優しい甘味で、青汁が飲みやすくなっている点も見逃せないメリットです。

青汁が健康にうれしいことを理解していても、苦味などから敬遠している方は少なくありません。

オリゴ糖入り青汁であれば、苦味が抑えられているので飲みやすいはずです。

オリゴ糖と青汁は相性が良いので、中には飲み物として美味しい青汁もあります。

このような青汁であれば、小さなお子様でもジュース代わりに飲むことができます。

甘味がプラスされると、カロリーを気にする方がいるはずです。

体内で消化されにくいオリゴ糖は、砂糖に比べ低カロリーです。

具体的には、砂糖の半分程度のカロリーしかないといわれています。

オリゴ糖入り青汁は、ダイエット中の方でも利用しやすい青汁です。

青汁の最大のデメリットである「美味しくない」を改善した点もオリゴ青汁の大きなメリットといえます。

オリゴ糖入り青汁はオリゴ糖の種類で選ぶ

オリゴ糖入り青汁を選ぶときは、配合されているオリゴ糖の種類に注意することが重要です。

オリゴ糖には、イソマルオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・アラビノオリゴ糖・ガラクトオリゴ糖など様々な種類があります。

オリゴ糖の種類により、期待できる働きは微妙に異なります。

次のオリゴ糖を配合しているオリゴ糖入り青汁であれば、安心して利用できます。

腸まで届く難消化性オリゴ糖

オリゴ糖は、ヒトの消化酵素で消化されない、あるいは消化されにくい「難消化性」とヒトの消化酵素で消化できる「消化性」に分かれます。

難消化性のオリゴ糖は消化されることなく腸まで届きますが、消化性のオリゴ糖は腸に届くまでに消化されてしまいます。

この違いから、腸内細菌までオリゴ糖を届けて善玉菌を活性化したいのであれば、難消化性のオリゴ糖を配合した青汁を選ぶべきです。

難消化性オリゴ糖には、次の種類などがあります。

  • フラクトオリゴ糖
    砂糖の3~6割程度の甘味を持つオリゴ糖です。アスパラガスやタマネギ、ゴボウ、ハチミツなどに含まれています。一部では、ヘルシーなシロップとして販売されています。
  • ガラクトオリゴ糖
    乳糖とガラクトースから作られるオリゴ糖です。砂糖の3割程度の甘味を持ちます。母乳や牛の初乳などに含まれています。
  • ラフィノース
    砂糖の2割程度の甘味を持つオリゴ糖です。熱に強いので調理に適している考えられています。ビートオリゴ糖、甜菜糖と呼ばれています。
  • キシロオリゴ糖
    砂糖の4割程度の甘味を持つオリゴ糖です。熱や酸に非常に強いとされています。タケノコやトウモロコシなどにわずかに含まれています。
  • イソマルトオリゴ糖
    砂糖の3~5割程度の甘味を持つオリゴ糖です。ハチミツや味噌、醤油などに含まれています。熱や酸に強いですが、一部は消化性です。
  • 大豆オリゴ糖
    砂糖の7割程度の甘味を持つオリゴ糖です。大豆、大豆加工食品に含まれます。イソマルトオリゴ糖と同じく一部は消化性です。
  • 乳果オリゴ糖
    砂糖に近い甘みを持つといわれるオリゴ糖です。ミルクに含まれる乳糖を原料とします。ミルクオリゴ糖、ラクチュロースと呼ばれることもあります。

一番のオススメは乳果オリゴ糖

難消化性オリゴ糖の中で、青汁と相性が良いといわれているのが乳果オリゴ糖です。

乳果オリゴ糖にはどのような特徴があるのでしょうか。

乳果オリゴ糖は、オリゴ糖の中でも特に胃酸に強いと考えられています。

ヒトの消化酵素で分解されないので、胃や小腸で吸収されることなく確実に大腸まで届きます。

大腸に届きた乳果オリゴ糖は、善玉菌のエサとなりその繁殖を助けます。

一連の働きは、1957年にオーストリアで行われた「赤ちゃんに乳果オリゴ糖(ラクチュロース)を加えた粉ミルクを与えたところ便中に含まれるビフィズス菌の数が増えた」研究で確かめられています。

この結果から、乳果オリゴ糖には善玉菌を増やす働きがあると考えらえるようになりました。

現在では、乳果オリゴ糖を配合した便秘薬まで登場しています。

乳果オリゴ糖を配合した青汁は、スッキリに悩む方に最適な青汁と考えられます。

乳果オリゴ糖には、悪玉菌を減らしてアンモニアの発生を減らす働きとアンモニアの吸収を抑える働きもあります。

アンモニアは主に、大腸や小腸でタンパク質を分解するときに作られます。

毒性があるので、肝臓で尿素の材料となり無毒化されます。

肝臓の働きが障害されると、血液中のアンモニア濃度が高くなり中枢神経が障害されて手指の震えをはじめとした脳症状が現れます。

乳果オリゴ糖には、これらの症状を緩和する働きが期待されています。

ミネラルの吸収を助ける点も魅力です。

製品により割合は異なりますが、青汁にはマグネシウムやカルシウムをはじめとしたミネラルがたっぷり含まれています。

ミネラルは現代人の食生活で不足しやすい栄養素です。

乳果オリゴ糖には、カルシウムやマグネシウムの吸収を促進する働きがあります。

乳果オリゴ糖とミネラルを一緒に摂れるオリゴ糖入り青汁は、多くの方にとって魅力的な青汁です。

以上のほかでは、爽やかな甘みがあり水に溶けやすい特徴があります。

水によく溶けるので青汁ととても相性が良いといわれています。

また、爽やかな甘みは、青汁の苦みを程よく消して飲みやすくしてくれます。

乳果オリゴ糖を配合した青汁であれば、通常の青汁が苦手な方でもおいしく飲めるはずです。

これらの特徴から、オリゴ糖入り青汁の中でも乳果オリゴ糖を配合した青汁がオススメされています。

どのオリゴ糖入り青汁を選べばよいか分からない方は、乳果オリゴ糖を配合したオリゴ糖を選ぶと良いでしょう。

購入にあたっては、次のポイントに注意しましょう。

お得に購入するならキャンペーンを活用しましょう

オリゴ糖入り青汁の価格は、購入方法により大きく異なります。

賢く購入したい方は、キャンペーンを利用しましょう。

キャンペーンとは、お得にオリゴ糖入り青汁を購入できる期間限定のイベントです。

初回限定の方に限り割引価格で購入できるキャンペーンや定期購入を申し込んだ方を対象に割引価格で購入できるキャンペーンなどが開催されています。

これらのほか、オリゴ糖入り青汁を美味しく飲めるグッズをプレゼントするキャンペーンなどもあります。

キャンペーンの多くは、オリゴ糖入り青汁の公式サイトで開催されています。

お得にオリゴ糖入り青汁を購入したい方は、公式サイトからチェックすると良いでしょう。

キャンペーンを利用するときの注意点は、適用条件をしっかり確認することです。

キャンペーンの適用条件は、時期や利用する公式サイトで異なります。

定期購入が条件となっている場合は、自分に合わなかった時のことを考えて解約できるタイミングを調べておくと安心です。

定価で購入してもキャンペーン価格で購入しても、届けられるのは同じオリゴ糖入り青汁です。

オリゴ糖入り青汁が気になる方は、公式サイトのキャンペーンを利用してお得に購入しましょう。

まとめ

オリゴ糖入り青汁は、青汁にオリゴ糖を加えた飲料です。

青汁に含まれる食物繊維とオリゴ糖には腸内環境を改善してスッキリを促す働きがあります。

このことから、青汁とオリゴ糖は相性が良いといわれています。

オリゴ糖入り青汁を選ぶときは、オリゴ糖の種類にこだわりましょう。

最もオススメされているのが乳果オリゴ糖です。

乳果オリゴ糖は便秘薬にも配合されているオリゴ糖なので、便秘にお悩みの方に最適と考えられます。

購入は、公式サイトのキャンペーンがお得です。継続することが大切なので、少しでもお得に購入してくださいね。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-便秘, 腸内環境改善

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.