美容

フィジーウォーターは妊娠中や赤ちゃんに飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

スポンサードリンク

投稿日:

フィジーウォーターは、自然豊かなフィジーで採れた天然のシリカがたっぷり配合されている女性に大人気のミネラルウォーターです。

「赤ちゃんにミネラルウォーターはダメ」とか、「妊娠中は硬水よりピュアウォーターがいい」など、いろいろと巷では言われています。

では、フィジーウォーターは妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ここでは『フィジーウォーターは妊娠中や赤ちゃんに飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?』について調べてみました。

スポンサードリンク

フィジーウォーターは妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

フィジーウォーターは妊婦さんや赤ちゃんが飲んでもいいのか?

フィジーウォーター販売先である【株式会社インターパイロン】のフリーコールに問い合わせてみました。

赤ちゃんが飲んでも成分的に害はない(健康的に問題はない)ですが、お母さんの判断に任せます。

妊婦さんが飲んでも大丈夫ですが、体調に不安があるようでしたら主治医にご相談してみてください。

という返答をいただきました。

ただ、色々と調べてみると“シリカ水=赤ちゃんには向いていない”という情報を多く見かけます。

赤ちゃんはフィジーウォーターを飲んでもいい?

赤ちゃんにシリカ水がおススメできない理由とはいったい何なのでしょうか?

どうやら軟水と硬水に関係があるようです。

シリカ水にも軟水と硬水の種類があるようです。

世界保健機構(WHO)の硬度の分類は以下の通りです。

  • 軟水が0~60mg/ℓ未満
  • 中硬水が60mg/ℓ~120 mg/ℓ未満
  • 硬水が120 mg/ℓ~180mg/ℓ

水の硬度は、水に含まれるミネラル分の量によって決まります。

フィジーウォーターは、シリカをはじめ、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどたくさんのミネラル成分が入っています。

なので、硬度は、軟水より高く「105mg/ℓ」となります。

赤ちゃんはまだ内臓機能が十分にできあがっていません。

赤ちゃんに水分を与える際は、ピュアウォーター(かぎりなく硬度がゼロに近い軟水)がおススメといわれているのは、内臓に負担がかからないからです。

硬度が105mg/ℓもあるフィジーウォーターを飲ませることで内臓に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

フィジーウォーターの販売元である【株式会社インターパイロン】フリーコールでは、「赤ちゃんに与えても害はないけど、お母さんの判断に任せる」と言われていました。

しかし、個人的には、内臓が正常に働くといわれている5歳までは無理に飲ませなくてもいいと思っています。

それに、赤ちゃんの体内にはシリカがもともと備わっていますし、母乳やミルクで十分にミネラル分を摂取することが可能です。

どうしても飲ませたい場合は、お医者さんに聞いてみてからの方がいいでしょう。

妊婦さんはフィジーウォーターを飲んでもいい?

妊娠中というのは、血液量が50%も増加するため、体は水分を欲します。

むくみ症状に悩まされやすい妊娠中ですが、水分が足りずに血液がドロドロになると血栓ができてしまうリスクもあります。

赤ちゃんに十分な栄養を送り込むためにも良質な水分を十分に摂ることが大事になってきます。

フィジーウォーターにはマグネシウムがたっぷり入っています。

マグネシウムは、妊娠中に悩みやすい便秘解消に役立つ成分としても有名で水分吸収を高める働きがあります。

水分吸収力が高いので固くなった便をやわらかくし、排便を促すことができます。

その他にも妊婦さんの体に貢献をもたらすミネラル成分がいっぱい!

コラーゲンの生成を促す「シリカ」、健康な骨や歯を作るのに欠かせない「カルシウム」、利尿作用があり、むくみ解消に繋がる「カリウム」など必須ミネラルがたくさん配合しています。

成分的にはバッチリだとしても海外から販売されているお水ということで安全面的にはどうなのでしょうか?

フィジーウォーターは添加物など余計なものは一切加えていない完全無添加の天然シリカ水です。

様々な団体や食品管理システムの検査をクリアし、日本の厚生労働省のガイドラインにも合格しており、品質的に安心なお水として証明されているので心配いりません。

だから、妊娠中であっても安心して飲むことができるというわけです。

そうはいっても、妊娠中は普通の体とは違います。

主治医からアドバイスをもらい、体調を見ながら飲むようにしてくださいね。

最適な飲み方とは?

赤ちゃんと妊婦さんがフィジーウォーターを飲む場合の最適な飲み方をご紹介します。

赤ちゃんに最適な量と飲み方

先程もお伝えしましたが、赤ちゃんの内臓機能は未発達です。

軟水よりも硬度の高いフィジーウォーターは、ミネラルが豊富な分、赤ちゃんの体に負担をかけてしまいます。

乳幼児期のうちは、フィジーウォーターの飲用は控えておいた方がいいでしょう。

妊婦さんに最適な量と飲み方

飲むタイミングに決まりはありません。

食前でも、食事中でも、お風呂上りでも、好きなときに飲んでオッケーです。

しかし、一度にまとめて大量に飲むと腎臓に負担をかけてしまうので気を付けて!

妊婦さんは自分の血液に加えて赤ちゃんの血液も一緒にろ過するので腎臓にとってはかなりの重労働です。

1回に1杯(200CC)ほどの量がベストかと思います。

妊婦さんに冷えは絶対に禁物です。

冷蔵庫でひんやり冷やさずに常温に置いたものをいただく方がいいでしょう。」

便秘症の妊婦さんは、朝起きたらすぐにコップ1杯のフィジーウォーターを飲むことで朝からスッキリできるのでおススメしています。

まとめ

以上が『フィジーウォーターは妊娠中や赤ちゃんに飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?』でした。

フィジーウォーターは、

  • 乳幼児のうちは飲ませない方がいい(内臓機能が未熟なので)
  • 妊娠中は飲んでも大丈夫(主治医や体調と相談しながら)

ということが分かりました。

妊娠中はホルモンバランスの変化や運動不足で便秘に悩まされたり、肌荒れをしたり、何かと問題を抱えやすい時期です。

便秘解消にも、肌荒れ予防のためにもフィジーウォーターを飲んで体とお肌のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。

フィジーウォーターは、公式サイトからのキャンペーンを利用するとかなりオトクです。

定期購入に申し込むと最大17.5%まで割引!

そのうえ、フィジーウォーターオリジナルグッズがもらえちゃいます。

今なら春のキャンペーン実施中なのでこの機会を利用してぜひともご試し下さいね。



-美容

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.