開運 開運・占い

【風水で判断】牛革の財布は金運が上がる? 下がる?

スポンサードリンク

更新日:

お店などで良く目にする牛革の財布ですが、牛革の財布をもつことで金運はあがるのでしょうか?

また、メンズ物とレディース物とでは違いがあるのかなどを風水的な観点からみていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

牛革の財布は金運上がる? 下がる?

牛は肉、骨、皮とほぼ捨てるところがなく、人々の生活に役立っていることから牛は豊かさの象徴といわれます。

また、牛皮には蓄財という意味も込められており、牛皮の財布を使うことで金運アップにつながります。

基本的にフクロウやトラなどの動物のモチーフや柄は金運をアップしてくれる力があると言われています。

特に蛇皮の財布は金運アップで有名ですが、希少価値が高く販売されている数も少ない上に高価です。

実際に本物の蛇皮の財布を見ることは少ないのではないでしょうか。

しかし、牛革の財布はごく一般的で、種類が豊富なため自分の好みにあったものも探しやすいと思います。

牛革の財布は手に入りやすく金運もアップさせてくれるという優れものですね。

しかし財布を購入する際に、やってはいけないことがあります。

それは中古品を買って使うことです。

中古品は以前の持ち主の念が入っており、不幸があれば不幸の念が付いたものになってしまうのです。

そのため誰が使っていたかわからない中古品の財布の購入は控えましょう。

また、セールなどで安売りされている財布は、その金額に見合った運気しか入ってこないと言われています。

高い金運を持つ財布を使いたい場合は、安すぎる財布ではなく、それなりにきちんとした値段で売られている財布を購入しましょう。

スポンサーリンク


メンズやレディースで金運は変わる?

まず、メンズ物、レディース物だけで金運が変わってくるということはありません。

しかし、財布の色では大きく変わってくるようです。

金色は、金運アップに非常に良いといわれています。

しかし、金色の財布は、なかなか売っていない上に少し派手で持ちづらいという方も多いのではないでしょうか。

ここで人気なのは、白色の財布です。

白色は、財運を象徴する色であり金色のような金運アップ効果があります。

さらに、風水で白色には強い浄化作用があるとされています。

お金の悩みが尽きないときは、運気自体が下がっているという可能性がありますので白色の財布を持ち、邪気を浄化して運気を上げていきましょう。

白色は、男性も女性も性別関係なく持つことができる色なので白色の財布が優れているといえるでしょう。

スポンサードリンク


スポンサーリンク


財布の内側が牛革でも効果は一緒?

牛革に金運アップの効果があることはわかりましたが、財布の内側だけに牛革がつかわれている場合でも効果があるのか気になりますよね。

実は、直接お金に触れる内側部分こそが重要なのです。

そのため、財布の内側だけが牛革の場合でも金運アップの効果はあるといえます。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

それは、使ってはならない財布の色です。

赤色は、今の金運だけでなくこれから先の金運まで燃やしてしまうといわれています。

そのため、財布の内側が牛革でも外側が赤色の場合は使わないようにしましょう。

そのほかにも金運を下げてしまうよくないことがあります。

レシートや割引券などがたくさん入っていることです。

財布はお金がきちんと休む場所なのでレシートや割引券がたくさんはいっていたら、お金も休めませんよね。

また、購入してから3年以上経っていたり、汚れたりしているボロボロの財布も金運がさがってしまうといわれています。

何故3年なの?と思う方もいるとおもいますが、これは財布の寿命なのです。

人間と同じで財布にも寿命があり、3年経つとどんなに運気のよい財布を使っていてもパワーがなくなってしまいます。

そのため購入してから3年以上経っている財布は使わないようにしましょう。

また、ボロボロの財布は、金運が下がる上に使っていても気持ちがよくないものです。

自分のモチベーションが下がってしまい悪い気を呼び寄せてしまっては、さらに金運は下がってしまいます。

財布は、常に綺麗なものを使いましょう。

財布を買い換える時期としては、風水的に春と秋が良い季節です。

春に購入する春財布と呼ばれるものは、「張る財布」といわれお金がたくさんはいるといわれますし、秋は実りの秋なので「実り財布」といわれます。

逆に避けた方が良いとされる季節は真夏です。

真夏には火の気があると言われ、火の気は赤色と同様に金運を燃やしてしまうと言われるからです。

もし、真夏に財布を買うことがあれば、雨の日にして火の気が少なくなるときを選びましょう。

金運をあげるためにお守りを財布の中に入れている方も多いのではないでしょうか。

実は、風水的に財布のお守りはほとんど意味がないのです。

熊手や招き猫、亀などのお守りが多く売られており、財布のお守りはどこでも買えるイメージですよね。

しかし財布の中に余計なものが入っているのは逆に金運を下げてしまうため、これらは財布に入れないほうがよいでしょう。

まとめ

牛革の財布がいいからといってもやってはいけないことや買うべきではないものが意外とありますね。

これを機に自分が今使っている財布を見直し、金運を上げていきましょう。



-開運, 開運・占い

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.