口コミ・体験談 美容

【なつぅみプロデュース】オリゴ糖配合の青汁ハッピーマジックを体験してみたレビュー

スポンサードリンク

更新日:

野菜不足を補うのに、青汁が良いとよく耳にします。

通販会社のCMでも、多くの人が「野菜の代わりに青汁を飲んでいる」と言っていますが、本当に効果はあるのでしょうか。

私もついに青汁を試してみたので、体験談をご紹介しようと思います。

私が飲んでみた青汁は、他の青汁と少し違っていて、複数の成分が配合されたもの。

青汁は何を選べば良いのか悩んでいる方、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

青汁は種類が多すぎて選びにくいのが現状

ここ数年の値上がりもあり、なかなか満足な量の野菜を摂取することができない日々を送っていました。

購入するとしても、いつも安売りされている同じ野菜ばかりで、正直なところ味にも飽きてきていました。

そこで、私もついに青汁を試してみることにしました。

早速ドラッグストアで青汁を物色してみたのですが、大麦若葉のみの青汁や、ケールと配合されたもの、砂糖や果汁が入ったものなど、多種多様。

一体どの青汁を選べば良いのか、さっぱり分かりませんでした。

何となく、一種類の成分が配合されているものよりも、複数の栄養素が入っているものの方が良いのかなという想像はつきます。

しかし、口コミなどを参考にしてみると果汁や砂糖などが配合されているものを飲んで太ってしまった人の感想もあり、なかなか良いものを見つけることができません。

とはいえ、大麦若葉100%など従来の青汁だけのものは飲みきれる自信がなく、味の問題にぶつかってしまいます。

飲みやすくて、余分な成分が過剰摂取にならないものはどれだろう、と探しているうちに見つけたのが、『ハッピーマジック(Happy magic)』という青汁です。

市販ではなく通販でしか購入できない青汁なのですが、複数種類の栄養成分が配合されているので野菜不足以外に美容にも良さそう。

そう思い、このハッピーマジックを試してみることにしました。

青汁ハッピーマジックの魅力は成分の豊富さ

ハッピーマジックは青汁なのですが、オリゴ糖やはちみつも配合されており、青汁というより美容ドリンクに近い印象です。

もちろん、青汁でおなじみの大麦若葉、ケール、クマザサも入っています。

これに加えてキウイフルーツエキス、リンゴポリフェノールや穀物発酵抽出物(酵素)なども配合。

キウイフルーツにはビタミンやカリウムなど、美容に欠かせない成分がある上、消化を促進させてくれる酵素も含まれています。

ポリフェノールも体の酸化を抑制する効果があると言われており、このことから、野菜不足だけではなく美容で悩む人にもぴったりの成分ばかりが配合されていると分かります。

そして先に挙げたオリゴ糖も、ハッピーマジックの魅力のひとつ。

配合されているのはイソマルトオリゴ糖という種類のもので、大豆製品に多いオリゴ糖です。

はちみつにも含まれています。

イソマルトオリゴ糖は砂糖のような甘みがありながら、カロリーがかなり低く、しかも腸内の乳酸菌のエサとなってくれます。

しっかり摂取すれば乳酸菌が増える手助けをしてくれ、結果的に腸内環境の改善にもつながります。

ハッピーマジックには食物繊維も配合されているので、イソマルトオリゴ糖やはちみつで腸内環境を整え、食物繊維でお通じをスムーズにできそうです。

青汁を飲むだけでお通じまで改善できるのは、なんだか得した気分です。

価格も定期コースで購入するとそれほど高くなかったので、私も思い切って申し込むことにしたのです。

ハッピーマジックを飲んでみた感想

ハッピーマジックは抹茶風味と甘味タイプの2種類あり、私は甘味タイプを選択。

フルーツエキスやカロリー0のラカンカを使い、低カロリーながら美容に良い成分がたっぷり入っているタイプです。

届いたハッピーマジックを開けてみると、青汁とは思えない可愛い個包装のスティックが入っていました。

1回あたりの量が決まっている上、個包装なので職場にも持って行けます。

しかも可愛い外見なので、いかにも「ダイエット意識してます」「お通じ対策はじめました」といった感じが出ないのが良いです。

野菜不足の解消のために飲んでいるというより、おしゃれな美容ドリンクを持ち歩いているようで、堂々とカバンやデスクの引き出しに入れておけます。

早速届いたハッピーマジックを飲んでみることにしました。

飲みやすいと宣伝されているとはいえ、やはり青汁。

最初は多めの水で作りました。

本来はカップ1杯程度のお水で良いらしいのですが、味のことも考え、マグカップに多めの水で入れてみました。

見た目は普通の青汁といった感じで、水にもすぐに溶けてくれます。

おそるおそる一口飲んでみて浮かんできたのは、甘いという感想。

緑茶に砂糖を少し混ぜたかのような、あっさりとした味のなかに優しい甘みが広がります。

青汁の言葉だけでイメージしていたような青臭さ、植物特有の臭みが全然ありません。

これなら最後まで無理なく飲めそうです。

2日目は水の量を少し減らして飲んでみましたが、それでも臭みはなく、すっきりとした口当たりで一気に飲み干せました。

少し時間を置くと水と分離してしまうほど濃厚な粉末ですが、溶けやすいため少しカップを揺らすだけでまた水と混ざり合ってくれます。

がぶがぶ飲みたい時は多めの水で作り、そうでない時はカップ1杯分の規定量の水で作って飲むようにしました。

薄めでも濃いめでも美味しく飲めたので、青汁を買ってみたいけれど味が心配という人は、ハッピーマジックを最初の青汁に選んでみることをおすすめします。

私も味が心配でしたが、ハッピーマジックは飲み干した後も青臭さを全然感じません。

おかげで今も毎日きちんと飲めています。

ハッピーマジックを飲んでみて感じた効果

ハッピーマジックを飲んで次の日は、あまりこれといった効果は感じませんでした。

ただ、普段よりお腹が張っているような気がしたので、体調でも崩したのかなと思ったくらいです。

さらに次の日は、心なしかお通じがいつもよりスルッと来たように感じました。

もしかしてこれはハッピーマジックに配合されていた食物繊維やオリゴ糖が効いているのかな、と思ったのですが、まだ明確な効果を実感するほどではありませんでした。

それでも毎日飲み続けていると、4~5日くらい経った頃からお通じが同じような時間帯にくるようになっていることに気付きました。

今までは朝だったりお昼だったり、ひどい時は夜寝ようと布団にもぐった頃に来ていたのに、ハッピーマジックを飲んでからは時間のバラつきがなくなってきたのです。

ハッピーマジックを飲む以外は特にこれといって特別なことをしたわけでも、腸に良いものを食べたわけでもありません。

このことから、ハッピーマジックがしっかりお腹に効き始めたのだと分かりました。

今もハッピーマジックを飲み続けていますが、そのおかげかお通じが滞る日はなくなりました。

私の場合、飲みやすい味だったので夜は食事中に飲むようにしています。

実はイソマルトオリゴ糖は熱に強い一方で胃酸に弱いという特徴があるため、単独で飲んでもあまり腸まで届かない可能性が高いのです。

しかし、私のように食事と一緒にとることで、胃酸が薄れたり、オリゴ糖が食べ物の繊維質のすき間に入り込んでくれることで腸まで届きやすくなります。

そのおかげもあってか、私の場合はしっかりお腹に効果を感じています。

これからハッピーマジックを飲む人も、食事と一緒に飲んでみてはいかがでしょうか。

ハッピーマジック自体にも食物繊維が入っているため、通常のオリゴ糖よりは腸まで届きやすいと思いますが、食事と一緒だとさらにその可能性は高まるはずです。

ハッピーマジックを体験してみた感想まとめ

初めての青汁でしたが、私はハッピーマジックを選んで良かったと思っています。

最初から値段や手に入り安さだけを重視して市販の適当なものを選んでいたら、味で挫折していたかもしれません。

ハッピーマジックは飲みやすい上、オリゴ糖入りなのでカロリーの心配もありません。

果汁や砂糖を配合して飲みやすくした青汁がたくさん販売されている中で、甘味類にまでこだわっているのは珍しいのではないでしょうか。

美容に良いキウイエキスや、ダイエット効果も期待できる酵素も配合。

その割には青臭さも妙なクセもなく、あっさりと飲めます。

効果も一日一杯を数日続けただけで、しっかりお通じとして現れてくれました。

青汁を始めてみようか検討中の方や、私のようにどの青汁なら飲み続けられるか分からないという方は、ハッピーマジックから試してみることをおすすめします。



-口コミ・体験談, 美容

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.