美容

サウナや蒸しタオルを使ってヒートショックプロテインを増やす方法とは

スポンサードリンク

更新日:

最近ではスーパー銭湯にも、サウナが併設されているところが増えてきました。

以前は「サウナ=おじさんが利用する場所」というイメージがありましたが、最近は女性利用者もどんどん増えてきています。

汗をかいてスッキリしたい・何となく健康に良さそうなど、皆さん色んな目的でサウナを利用しているようですが、実はサウナには驚くべき健康効果が隠されているのです。

キーワードは、ストレスで傷ついた細胞を修復するタンパク質である「ヒートショックプロテイン」!

早速、ヒートショックプロテインとサウナの関係についてご紹介します。

スポンサードリンク

サウナによって体温を上げれば、ヒートショックプロテインが増える!

健康な成人の場合、体温が38度になると体内のヒートショックプロテインが約1.5倍になると言われています。

しかしながら風邪による高熱で体温が上がることはありますが、日々の生活の中で体温を上げることはなかなか難しい。

そこで何もしなくてもその部屋にいるだけで体温が上昇する「サウナ」が効果的なのです。

ヒートショックプロテインは、体温を上昇させて2日後に最大量になりますが、その後は徐々に減少していきます。

毎日サウナに入ってしまうと身体が慣れて、熱によるストレスを感じづらくなってしまうので、サウナの習慣は週2回までとしておきましょう。

サウナに入る時の注意点

ヒートショックプロテインを増やすために、サウナを利用するのはとても効果的です。

しかしながらサウナ利用時には、いくつかの注意点を守らなければいけません。

1番大切なのは、十分な水分を摂ることです。

体温を38度まで上げるということは、身体に大きな負荷がかかりますので、サウナの前後で最低500mlの水を飲むようにしましょう。

またヒートショックプロテインの効果を高めたいのなら、サウナから出た後に身体の熱が逃げないようにしっかりと保温することも大切です。

自宅で簡単に!蒸しタオル美容法

年齢を重ねるごとに、肌の衰えを感じる方は多いでしょう。

ですから、年齢に応じたスペシャルなケアは必要不可欠です。

しかしながら、毎日残業続きで自宅に帰ったらすぐに寝てしまうという方や、子育て中で自分にかける時間がないというママは少なくありません。

そこでサウナに変わるヒートショックプロテイン増加方法をお教えいたします。

その名も「ヒートショック蒸しタオル法」です!

方法は、以下の通り☆

  1. ハンドタオルに水分を含ませて透明のビニール袋に入れ、10秒間電子レンジで温めます。
  2. ホカホカのタオルを広げて、顔全体を20秒覆います。
  3. 蒸しタオルの後は、冷水を張った洗面器に顔を10秒ほど浸して、急激に冷やします。蒸しタオル法の重要なポイントは、温水と冷水の温度差!ですから大量の氷を入れて、水をキンキンに冷やすのも、とても効果的です。
  4. 上記①~③を2回繰り返しましょう。

温める→冷やす→温める→冷やすを繰り返すことで、肌は熱によるストレスを感じやすくなるので美肌効果がアップします。

また蒸しタオルを顔に当てる前に乳液や美容クリームを塗っておくと、蒸しタオルの温かさと蒸気でクリームに含まれる美容成分がグングン浸透して、肌がモチモチになります。

熱によるストレスを受けた2日後にヒートショックプロテインによる効果が高まりますから、蒸しタオル法はデートやイベントの2日前に試すと良いでしょう。

ただし注意して頂きたいのは、蒸しタオルの温度です。

電子レンジで温めた場合、見た目以上にタオルが熱くなっているので気を付けないとやけどをしてしまう可能性があります。

1度タオルを広げて、蒸気を逃がしてあげることをオススメします。

是非、ヒートショック蒸しタオル法を利用してツルツル美肌をゲットしましょう。



-美容

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.