スキンケア 乾燥肌・敏感肌

【乾燥肌】花粉症と肌荒れの関係性とは?

更新日:

花粉症は長い人は春が来る前から始まり初夏まで続く場合があります。

花粉症の症状といえば鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどいくつか挙げられますが、花粉症によって肌荒れが起きることもあります。

肌荒れはすぐには治ってくれず、メイクの際にもいつものように仕上げられないので悩みの種となります。

では、なぜ花粉症の時に肌荒れが起きるのでしょうか?

日常生活の中でできる肌荒れのケア法や肌の乾燥対策におすすめな商品を紹介していきます。

スポンサードリンク

なぜ花粉症の時期に肌荒れが起こるの?

花粉症の多い時期である春は元々お肌が乾燥しやすい時期と言われています。

花粉が肌に付着することでかゆみや赤み、乾燥が気になってきます。

また、鼻水を噛む回数が多ければその分ティッシュで肌をこすることになるので摩擦も生じます。

鼻の下が赤くなってカサカサして痛い症状まで出てくることもあります。

そして、花粉症の時はいつもよりついゴシゴシと洗顔をしがちにもなります。

こういった肌に強い刺激を加わることでお肌はダメージを受け続け、バリア機能も低下していくのです。

バリア機能が低下するということは、お肌に備わっている水分の量も減っていくことになります。

ここから花粉症による乾燥肌になるケースが多いのです。

また、乾燥肌が起きることでますますアレルギー反応が強く出る傾向にあります。

ただカサカサしているだけでなく、粉を吹いたみたいになったり、ニキビができるなど乾燥が原因で肌はいろんな不調を示すようになるのです。

いつもとは違うお肌の状態でケアもつい念入りにしてしまいますが、やりすぎは今度はお肌に大きな負担をかけることになるのです。

日常生活の中でできるケア法

花粉症と肌荒れの関係を見ていくと、特に乾燥肌に注意しないといけないことがわかります。

そこで、日常生活の中で実践できるお肌のケア法について以下に記していきましょう。

1:メイク用品を見直す

花粉症の時期にも他の季節で使用しているメイク用品をそのまま使っていると、ダメージを受けやすいお肌には負担が大きくなります。

そこで、花粉症の時期にはメイク用品を見直してみましょう。

できるだけ刺激の強いものは控えたいので、油分の少ないファンデーションを選んでみましょう。

油分が多いとその分花粉もつきやすいので、花粉症の症状を悪化させることになり、さらなる肌荒れを招きます。

花粉症の時期にはミネラルファンデーションが良いでしょう。

さっぱりとつけられてべたつかないので、肌につけた感じも快適です。

花粉もできるだけ付着させないで済むので、ファンデーションを変えるだけでも違うのです。

2:メイクは早めに落とすこと

メイクをしているお肌というだけで負担は大きくなっているのですが、一日外出して帰ってきたお肌には花粉もたくさん付いています。

そこで、帰宅したらできるだけ早くメイクは落とすようにしましょう。

少しでも花粉が付着する時間を少なくするためです。

メイクを落とす際に使うクレンジングについては、刺激の少ないものを使うのもポイントです。

しっかりメイクを落としてくれるのは嬉しいですが、メイクが簡単に落ちるということはそれだけ刺激の強いものだという証拠です。

花粉症の時期にはメイクを落とすクレンジングも慎重に選んでいきたいですね。

3:洗顔はいつもより優しく行う

クレンジングで負担をかけないようにメイクを落とすことが第一ですが、次に行う洗顔もいつもより優しく洗うようにしましょう。

ポイントはしっかり泡立てることです。

ぬるま湯を少し加えながら泡をたっぷり作ってからお肌をこするのではなく、泡で包み込むようにして優しく洗いましょう。

手が直接つかないように泡で洗うという感じで、洗顔をしてみましょう。

そうすればお肌には負担をかけずに洗うことができます。

そして、洗顔する際のお湯の温度にも注意しましょう。

お湯は30度くらいのぬるま湯がベストです。

熱いお湯はお肌の乾燥を招くので、ぬるま湯で洗顔をやってみましょう。

4:ピーリングやスクラブは控えよう

花粉症の時期のお肌はとても敏感になっています。

そして、強い刺激はお肌の乾燥を招いてさらなる肌荒れを起こすので逆効果です。

毛穴をきれいにするために行うピーリングやスクラブもしたいところですが、花粉症の時期には我慢しましょう。

刺激が強いので、お肌の乾燥を悪化させることになります。

弱っているお肌の時にはピーリングなどは控えるようにしてください。

花粉による乾燥対策おすすめ商品紹介

花粉症は肌の乾燥や肌荒れが気になります。

特に乾燥肌で悩んでいる人が多いと思いますが、おすすめな商品をいくつか紹介したいと思います。

1:HANAオーガニック 「ウェアルーUV」

花粉の時期には紫外線対策も必要になってきます。

紫外線によってお肌の乾燥にもなるので、花粉と合わせてUVケアも必須です。

そんな時に日焼け止めに下地にファンデーションと重ね塗りをしていると、お肌には負担が大きくなります。

そこで、日焼け止め1本でファンデーションの代わりもしてくれるオーガニックUVミルク 「ウェアルーUV」がおすすめです。

100%天然の成分でできているので、乾燥肌にも最適です。

ファンデーションなしでも大丈夫なように、毛穴のカバーやシミなどをしっかり隠してくれるので安心です。

メイク崩れもしにくいので、塗り直す必要もなく最低限のメイクで済ませることができるのです。

2:アレルシャット 花粉 イオンでブロック

こちらはフマキラーから発売されているスプレーになっているのですが、ミストタイプの化粧水のようになっているので、メイクの上からでもスプレーできます。

イオンで花粉をブロックしてくれるので、目のかゆみや鼻水の症状も改善されます。

持ち運びに便利なサイズになっているので、花粉症が辛い時期にはいつも携帯しておくと便利です。

花粉を予防することで乾燥肌にもならずに済むので、花粉自体をブロックすることがポイントになっているのです。

1:植物由来のクレンジング アルファピニ28 ボタニカルリキッドクレンジング

花粉対策にはメイクも優しく落とすことが必要になってくるので、植物由来のクレンジングがおすすめです。

肌質が敏感肌である人も問題なく使用でき、赤ちゃんの日焼け止めを落とす際にも使うことが可能です。

オイルフリーで無添加となっているので、弱っている時のお肌にはぴったりです。

セラミドやアミノ酸といった保湿成分も入っているので、お肌の水分量も高めてくれます。

さらに、17種類の植物エキスも入っているので、アンチエイジングだってできるのです。

98%以上植物由来というのが、花粉の時のお肌には嬉しいですね。

まとめ

花粉症の時期には肌がカサカサとして、いつもより乾燥肌に悩まされる、毎年どんな対策をしたらよいかわからないと困っている人は、いつものスキンケアにまずは注目してみましょう。

クレンジングや洗顔といった基本的なことを見直し、ピーリングなどは控えるようにしないといけません。

また、最近ではお肌に優しい無添加仕様になっているスキンケアグッズも数多く登場しています。

花粉症の時期だけでも使用するスキンケアグッズを変えてみると乾燥肌の対策につながります。

その他花粉自体を肌に付着しないようにできる対策も試してみるとよいでしょう。

いつもより乾燥肌になりやすい時は、このような対策をとって花粉症の時期を乗り切りましょう。

よく読まれている人気記事

1

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

2

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

3

ハーブ健康本舗のスッキリライフ通販から発売しているダイエットサプリメント「シボヘール」。 派手な宣伝は行われていないものの、口コミで少しずつ評判が広がっている話題の製品です。 「シボヘール」はきちんと ...

4

市販でも手に入る大人のカロリミットは、おいしく食事をしながらスリムな体型に近づけてくれる魅力的なサプリメントです。 しかし、カロリミットは続けて飲むべきものなので、少しでも安く購入したいでしょう。 そ ...

-スキンケア, 乾燥肌・敏感肌

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.