腸内環境改善

【乾物ヨーグルトレシピ集】しいたけを使ったレシピをご紹介

投稿日:

乾物とヨーグルト、どちらも健康食品として私たちの食生活には欠かせない食材です。

そんな乾物とヨーグルトを組み合わせることで、さらに乾物で味わえる本来の素材感や栄養価を引き出すことが出来るのをご存知でしょうか?

乾物の中でも旨味たっぷりで様々な料理に使われることが多い干ししいたけも、ヨーグルトで戻すことでさらなる旨味を引き立たせることができます。

味わいがアップする他に、どんな効果が期待できるのでしょうか?

今回は干ししいたけ×ヨーグルトの効果やおすすめレシピなどをご紹介いたします。

スポンサードリンク

しいたけ×ヨーグルトの効果とは?

しいたけはきのこの中でも一般的で、よく食べるという方も多いのではないでしょうか?

そんなしいたけには栄養素が豊富に含まれています。

今回は特に多く含まれているものを紹介しましょう。

エルゴステロール

しいたけに含まれているエルゴステロールは日光にあたることでビタミンDに変化すると言われています。

そのため、日光に当てて乾燥させた干ししいたけにはビタミンDが豊富に含まれているのです。

ビタミンDはカルシウムやリンといった体に吸収されにくいミネラル類の吸収を良くしたり、血液中に含まれているカルシウムの濃度を一定に保つことで骨を丈夫にするという作用があります。

ビタミンDが不足してしまうと、同時にカルシウムも不足してしまうため、成人では骨軟化症、高齢者では骨粗しょう症が見られる場合もあります。

この他にも神経や筋肉、免疫機能の調節などにも関連していると言われている程、体の中で様々な役割を持っている栄養素です。

レンチナン

レンチナンは免疫機能を司るリンパ細胞の活性化させると言われています。

そのため、風邪予防やがんリスクを低減させる効果が期待されているのです。

ビタミンB群

しいたけに含まれているビタミンB群は、主にB1、B2、ナイアシンです。

これらは糖質や脂質をエネルギーに変えたり、皮膚や粘膜、神経などの健康を守るなどの作用が見られるとされています。

カリウム

カリウムはミネラルの一種で、ナトリウムの排出を促進させることで高血圧を抑える働きがあります。

また、利尿作用もあるとされているため、デトックス効果やむくみ予防にも効果的と言われています。

食物繊維

しいたけに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維です。

これが胃腸にある水分を吸収してかさを増し、それによって便がかさ増しさせたり、腸を刺激して快便に導いてくれます。

しかもデトックス効果も期待でき、しいたけ自体のカロリーも低いためダイエットにぜひ取り入れたい食材の一つです。

これらの栄養素が豊富に含まれているしいたけですが、実は問題点も存在しているのです。

その問題点というのは、干ししいたけを戻す際に水溶性のビタミン・ミネラルが溶け出してしまうということです。

生のしいたけに比べて旨味も多い干ししいたけですが、せっかくの栄養素も水で戻してしまうことで台無しになってしまいます。

ですが、ヨーグルトで戻すことでこの問題を解決することができるのです。

ヨーグルトに含まれている水分(ホエイ)で戻すことによって水溶性のビタミン・ミネラルが溶け出してしまう心配もないです。

加えて、ヨーグルトに干ししいたけを浸けておくことでカリウムやカルシウムといったミネラルの量が水で戻した時と比べて増加します。

そのため干ししいたけの栄養を余すことなく、水戻し以上に栄養をアップさせるためにはヨーグルトが一番オススメなのです。

スポンサードリンク

しいたけ×ヨーグルトのおすすめレシピ

おすすめレシピその1:干ししいたけカレー

材料(4人分)

  • 干ししいたけ 大2枚もしくは小4枚
  • プレーンヨーグルト 約8g
  • いつも通りのカレールウ・具材

作り方

  1. 干ししいたけを容器の中に入れて、そこにヨーグルトを加えます。干ししいたけ全体にヨーグルトが行き渡るようにし、あとはふたをして冷蔵庫で8時間程浸けておきます。
  2. 戻し終わった干ししいたけを取り出して四つ切または半分に切ります。(ヨーグルトを洗う必要はありません)
  3. いつも通りのカレーを作り、煮込むときに先程切った干ししいたけを加えます。
  4. 好みで戻した後のヨーグルトを加えると酸味とコクが加わったいつものカレーとひと味ちがうカレーが完成です。

おすすめレシピその2:干ししいたけと切り干し大根のヨーグルト和え

材料(4人分)

  • 干ししいたけ 大4枚もしくは小8枚
  • 切り干し大根(乾) 30g
  • キャベツ 100g
  • ミニトマト 1パック
  • プレーンヨーグルト 約200g
  • オリーブオイル 大さじ2
  • リンゴ酢 大さじ1
  • 塩・あらびきコショウ 少々

作り方

  1. 干ししいたけと切り干し大根を容器に入れ、ヨーグルトを混ぜあわせます。よく混ざってヨーグルトが全体的に行き渡ったらふたをして冷蔵庫で約8時間程浸けておきます。
  2. キャベツを千切りにし、1分間電子レンジで加熱します。ミニトマトは大きければ4分の1に、小さいものなら2分の1にカットして食べやすい形にしましょう。
  3. 浸けておいた干ししいたけは一旦取り出し薄切りに、切り干し大根も長ければ2分の1程度の長さにしましょう。
  4. ボウルにオリーブオイル、リンゴ酢、塩・あらびきコショウを入れてよく混ぜます。
  5. ボウルの中に干ししいたけと切り干し大根、戻し終わったヨーグルト、キャベツを加えて混ぜあわせます。
  6. 最後にミニトマトを加えて軽く混ぜ、味を見て塩気が足りなければ塩コショウで整えれば完成です。
  7. 少し冷蔵庫に置いておくと味が丸くなり、キャベツもしんなりして食べやすくなります。

まとめ

干ししいたけとヨーグルト、意外な組み合わせに思われるかもしれませんが、様々なアレンジが出来る組み合わせでもあります。

いつもの料理に一工夫干ししいたけ×ヨーグルトを加えるだけで、味が変わるだけでなく栄養価もグッと上がるのでぜひ試してみてください。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-腸内環境改善

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.