コスメ スキンケア 乾燥肌・敏感肌

【乾燥肌】化粧品別選び方特集:ファンデーション編

更新日:

「肌が乾燥しているから化粧ノリが悪くて・・・」という嘆きの声がよく聞かれます。

乾燥肌の人は、一体どんなファンデーションを選ぶべきなのでしょうか?

ファンデーションにも色々な種類がありますよね。肌が乾燥しがちな人は、パウダーがいいの、リキッドがいいのか、迷ってしまうところです。

ここでは、「パウダーファンデ」と「リキッドファンデ」のメリットとデメリットを考えながら、乾燥肌向けファンデーションの賢い選び方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ノーファンデの場合に注意すべきこと

ファンデーションを使わない「ノーファンデ」は、肌への負担が少ないですし、化粧崩れの心配もなし、短時間でメイクができるとメリットがあります。

特に乾燥肌の人は、「肌を休ませたいから」という理由でノーファンデの日を設けている人もかなりいるようです。

しかし、ノーファンデといえども、肌に全く何もつけないというのはとても危険です。

素肌のまま外に出れば、紫外線や外気の影響をもろに受けてしまうからです。

“肌に負担をかける”というイメージを持たれやすいファンデーションですが、実は、『紫外線や外気の乾燥、チリやほこりなどを肌内部に入り込ませない』という肌にとって重要な役割を果たしてくれています。

だからこそ、ノーファンデの日は紫外線対策を絶対に忘れてはいけません!

ノーファンデだからこそ、「化粧下地(UV効果のあるもの)+パウダー」のセットで紫外線対策をしましょう。

肌にやさしいイメージのあるノーファンデ。

でも、正しいやり方をしなければ、かえって肌荒れや肌トラブルを起こすリスクがあるということを覚えておいてくださいね。

乾燥肌と「パウダーファンデーション」

  • 軽くさっぱりとしたつけ心地
  • 化粧直しがとても簡単
  • リキッドよりも肌への負担が少ない
  • 油分が少なくてメイク落としがラク

リキッドファンデに比べるとカバー力やしっとり感は劣りますが、水分を含んでいないため、防腐剤や乳化剤など肌に負担がかかるものはほとんど含まれていません。

パウダーファンデに起こりがちな粉浮きは、メイク前に保湿成分配合(セラミドやヒアルロン酸など)の乳液や美容液でしっかりと保湿することで解消できます。

肌にとても優しい「ミネラルファンデ」が超おススメ!

パウダーファンデの中でも特に肌に優しいのが「ミネラルファンデーション」です。

ミネラルファンデの原料は天然の鉱物。界面活性剤やシリコン、パラベンなど防腐剤など肌に刺激を与える成分は含まれていません。

酸化の原因となる油分を含んでいないため、クレンジング剤の必要はなく、普通の石けんでファンデを落とせるというのも肌にやさしい理由の一つです。

ただし、ミネラル成分100%配合のものでなければ意味がありません。

ほんの少しのミネラル成分でも「ミネラルファンデです」と名乗っている商品もあるので要注意です。

ミネラルファンデーション選びは“ミネラル成分100%かどうか”ここをしっかりとチェックしてから購入することを強くおススメします。

パウダーファンデのデメリット解消法は?

「時間が経つと粉がふきやすい」という辛い欠点を持ち合わせているパウダーファンデ。

しかし、ベースメイク前にしっかりとセラミドやヒアルロン酸配合の美容液やクリームで保湿してあげることでこれらの悩みを解消することができます。

乾燥肌と「リキッドファンデーション」

  • しっとり感のある使い心地
  • カバー力が高い
  • 肌に密着して水分蒸発を防ぐ
  • 艶やかな仕上がりとなる

リキッドファンデはパウダーファンデよりも、カバー力が高く、肌に密着して水分蒸発を防ぐという面で優れています。

そのため、時間が経っても肌が乾燥しにくいです。

液状なので伸びもよく、艶やかでしっとりした仕上りとなります。

保湿成分配合のエマルジョンファンデが人気!

最近では、「エマルジョンファンデーション」といって、肌にのせた瞬間に液体に変わり、肌に密着すると水分蒸発してパウダーファンデのような仕上がりになるクリーム状のリキッドファンデーションが人気です。

軽く滑らかでありながらツヤ感のある仕上がりとなり、カバー力や保湿力に優れています。

セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分入りのエマルジョンファンデは乾燥肌の人に特に人気です。

「肌に負担をかけたくないけど、ツヤとしっとり潤いもほしい」という人には特におススメしたいファンデです。

まとめ

『パウダーファンデ』と『リキッドファンデ』それぞれメリット、デメリットがあります。

ですが、選び方のポイントさえ押さえればどちらも乾燥肌に適したファンデです。

『慢性的に乾燥が続くのであればリキッドファンデで全体をカバーし、肌の乾燥が改善されてきたらパウダーファンデで仕上げていく』

という具合に肌状態に合わせながら臨機応変に使い分けていくというのが、乾燥肌の人の賢いファンデの使い方だと思います。

最近では、長時間しっとり肌をキープできるよう保湿成分が配合された乾燥肌向けファンデーションも人気のようです。

ぜひとも一度試してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-コスメ, スキンケア, 乾燥肌・敏感肌

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.