スキンケア 乾燥肌・敏感肌

【乾燥肌】スキンケア商品別選び方特集:メイク落とし編

更新日:

「しっかりメイクを落とさなきゃ」とばかりに洗浄力の強いメイク落としでマッサージしたりしていませんか?

メイクを落とすクレンジングはスキンケアの中で最も肌を傷めつけやすい作業です。

クレンジングの種類によっては肌のつっぱりやカサカサを助長させている可能性があります。

乾燥肌を改善するためには、まずは肌に負担をかけないクレンジングを知ることが大事!

ここでは、乾燥肌の人に適したメイク落としの選び方についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

クレンジングの種類とその特徴

メイクを落とすクレンジングにはオイルやジェル、クリームなど様々なタイプがあります。

クレンジングの種類とそれぞれの特徴(メリット・デメリット)を紹介しますね。

オイルタイプ

洗浄力が強いので“濃いメイクでも簡単に落とせて洗い上がりがスッキリする”というメリットがあります。

しかし、必要な肌の保湿成分や皮脂までごっそりと洗い落としてしまうため、肌を傷めつけやすいです。

クリームタイプ

油分と水分の配合バランスがとても良く、“潤いを保ちながらメイクを落とせる”というメリットがあります。

オイルタイプよりも洗浄力は弱く、水性のジェルタイプ、ミルクタイプよりも洗浄力があります。

洗浄力がそれほど高くない分、クレンジングに時間はかかりますが肌への刺激が少なくてすみます。

ジェルタイプ

トロンとしたジェルの弾力が肌への刺激を和らげてくれます。

ジェルタイプにも水性とオイルの2タイプがあります。

水性タイプは肌への負担は少ないですがマスカラなどポイントメイクを落とすのには不向きです。

オイルタイプは洗浄力が強いため、肌への刺激も強くなるでしょう。

ミルクタイプ

“肌になじみやすく、肌が乾燥しにくい”というメリットがあります。

ただし、洗浄力が弱いので濃いメイクの場合、完全にメイクを落としきれないというデメリットもあります。

シートタイプ(ふき取り)

最大のメリットは“いつでもどこでもメイクを落とせる”という点でしょう。

持ち運びやすいですし、忙しいときや疲れているときでもすぐに使えるので便利です。

しかし、アルコール成分が多く配合されているので肌への刺激は非常に強いです。

またシートによる摩擦で肌を傷つける恐れがあります。

乾燥肌の人が避けるべきクレンジング

乾燥肌の人が避けるべきクレンジングは「オイルタイプ」と「シートタイプ(ふき取り)」です。

「オイルタイプ」は肌への刺激が強い

オイルタイプのクレンジングは、とても強い洗浄力があります。

そのため、濃いメイクでも短時間でスピーディーに落とすことができます。

おまけに洗い上がりもスッキリ爽快です。

しかし、皮膚の角質にある細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)、そして皮脂といった肌の保湿を守る大切な成分まで一緒に洗い落としてしまいます。

オイル自体がサラサラしているのでどうしても肌をこすってしまいやすいというのも難点でしょう。

「シートタイプ」は肌に摩擦を与える

シートタイプ(ふき取る)のクレンジングは、忙しいときでも手軽にメイクを落とせるので人気ですよね。

ですが、シートでふき取るという作業はどうしても肌に摩擦を与えてしまいます。

毎日使うとなると肌にとって負担はかなり大きいでしょう。

赤ら顔やシミの原因になりかねません。

乾燥肌向けメイク落としの選び方

乾燥肌に一番おススメのクレンジングは「クリームタイプ」です。

油分も水分も丁度よいバランスで配合されているクリームタイプは他のクレンジングよりも肌への刺激が少ないです。

オイルタイプよりも洗浄力は劣りますが、潤いを保ちながらメイクが落とせるため、乾燥肌の人には向いているでしょう。

クリームタイプの他にもミルクタイプやジェル(水性)タイプも肌への刺激が少ないので乾燥肌の人に向いているクレンジングです。

ただし、両方ともクリームタイプに比べてクレンジング力が弱く、メイクを完全に落としきるのに時間がかかるというデメリットもあります。

クリームタイプのクレンジングを使う際の注意点

クレンジング料はケチることなく、しっかりと適量を使ってください。

「メイク落としは肌に良くないから」という理由でクレンジング料を少ししか使わない人がいます。

しかし、少しの量だとメイクが落ちないため、どうしてもゴシゴシとこすってしまう、という結果に。

その方が肌に摩擦を与えてしまい、乾燥肌を悪化させてしまうでしょう。

まとめ

  • 乾燥肌には「クリームタイプ」が肌にやさしくておススメ!
  • クレンジング料はケチらない

「メイクを落とすだけだから」とメイク落としの役割を甘く見てはいけません。

乾燥肌の症状が和らぐか、ひどくなるかの分かれ目は、メイク落とし(クレンジング)にかかってきます。

乾燥肌だからこそ、できるだけ肌に負担をかけないクレンジング料をぜひ選んで使ってみてくださいね。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-スキンケア, 乾燥肌・敏感肌

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.