スキンケア 乾燥肌・敏感肌

【乾燥肌】スキンケア商品別選び方特集:ワセリン編

更新日:

値段が安くてたっぷり入っている昔から定番の保湿剤「ワセリン」。

ここ最近になってじわりじわりと人気が高まってきているようです。

その秘密は、不純物を取り除く技術がアップし、ワセリン自体の質が向上したから。

手や足だけでなく、顔や目周り、乳幼児にまで安心して使えるようになりました。

そして、乾燥肌の人の肌にも優秀なアイテムとして注目を集めているとか。

ここでは、ワセリンが乾燥肌の人に必要な理由をはじめ、ワセリンの種類や効果がある使い方などご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

乾燥肌にワセリンが必要なワケ

乾燥肌の人にワセリンが必要な理由は

  • 水分の蒸発を防いでくれるから
  • 外部の刺激から守ってくれるから
  • 副作用がほとんどないから

以上、この3つが上げられます。

①水分の蒸発を防いでくれる

乾燥肌は角質細胞のすき間が大きくなっているため、肌内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。

だから、乾燥肌の人にとって保湿は何より大事!

しかし、いくら優秀な化粧水をつけても水分が蒸発したら意味がありませんよね。

ワセリンの豊富な油分で肌をコーティングし、肌から水分を蒸発するのを防いでくれます。

②外部の刺激から守ってくれる

乾燥肌は角質細胞の一部が剥がれ落ちたり、ぐらついたりしているため、外部からの刺激を受けやすい状態となっています。

そこでワセリンの登場です。

ワセリンの油分が肌に薄い保護膜を作り、しっかりと肌表面をコーティング。

外気やほこり、化学物質など外部からの様々な刺激から肌をしっかりと守ってくれます。

③副作用がほとんどない

ワセリンの原料は石油から不純物を取り除いたもの。

界面活性剤や合成保存料など肌に害を及ぼす成分が全く含まれていません。

余計な成分が配合されていないから、肌にとても優しい。

ワセリンは肌外部をコーティングする働きはありますが、肌内部にまで成分を浸透する作用はないので、副作用の心配がほとんどないのです。

効果があらわれるワセリンの使い方

このようにワセリン単独で使用するだけでもそれなりの効果は得られます。

しかし、ワセリンが万能な保湿剤というわけではありません。

ワセリンを塗る前に「保湿成分」を肌に入れよう

ワセリンは肌表面に油分膜をつくりコーティングし、水分蒸発を防ぐ働きはあります。

ですが、肌内部に保湿成分を届ける働きはほとんどありません。

そもそもワセリン自体に水分保持能力は全くないからです。

だからこそ、ワセリンを塗る前に、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分配合の化粧水や美容液を使うことが重要です。

セラミドやヒアルロン酸で肌内部に水分を抱え込み、そのあとにワセリンを塗って水分蒸発のためのフタをしましょう。

ワセリンの種類と部位別使い方とは?

ワセリンといっても実は大きく4つの種類に分けられます。

ワセリンの種類とそれぞれの特徴、部位別の使い方について紹介しますね。

黄色ワセリン

ワセリン中で最も精製度が低く不純物の含有量が多いものです。

医薬品や医薬部外品ではなく、雑貨品という扱いとなり、値段が安いというのがウリです。

★ヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)
大きいサイズ350グラムで600円はとても安い!たっぷりと遠慮なく使えます。

お風呂上がりにかかとに黄色ワセリンを塗って靴下を履いて寝るとかかとはツルツルになります。

白色ワセリン

黄色ワセリンより精製度をあげたもので最もポピュラーなワセリン。

「日本薬局方」と表示されたものと表示されていないもの、この2つの種類があります。

ほとんどの人がどちらを使用しても差を感じませんが、皮膚が非常に敏感な人は刺激を感じることもあるので気をつけながら使用してみてください。

第3類医薬品 日本薬局方 白ワセリン

500グラムで720円。こちらも安くてたっぷり遠慮なく使えます。

ハンドクリームとして手荒れ防止につかえます。

プロペト

白色ワセリンの「日本薬局方」よりもさらに不純物の含有量が低いです。

半透明でベタつきが少なく非常に柔らかいテクスチャーなので肌に伸ばしやすいというメリットがあります。

加熱減菌処理がされているので安全面での保障は確かです。

プロペトホーム

病院から処方される品質と変わりないのに処方箋なしでネット通販購入することが可能。
100グラムで800円くらいと白色ワクチンに比べるとちょっとお高め。

  • 目の周りや唇などデリケートな部位に
  • 化粧水を塗ったあとプロペトを塗ってフェイスパック
  • 乳幼児の肌にも安心して使える

サンホワイト

プロペトよりさらに高純度に精製したもの。

サンホワイトは純度が高いため、太陽熱や外気による劣化がしにくいという特徴があります。

プロペクトでもかゆみやかぶれが出てしまう人、皮膚の弱い乳幼児に適したワセリンです。

サンホワイト P-1

400グラムで2980円と値段は高いですが使用感の良さから乾燥肌や敏感肌の人に好まれています。

  • 皮膚が敏感な人に最も適している
  • アトピー、乳幼児の人のお肌に

まとめ

ワセリンにも色々な種類があり、使い方も様々です。

乾燥しているなと感じたらすぐにワセリンを出してちょちょと塗るだけ。

副作用もないし、価格的にも手軽だし、乾燥肌の人にはありがたい保湿剤ですよね。

ワセリンを上手につかって乾燥知らずのお肌になりましょう。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-スキンケア, 乾燥肌・敏感肌

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.