ウエディング

「家族だけの結婚式」で出来ることやメリット・デメリットは?

更新日:

家族だけの少人数の結婚式を挙げるカップルが増えています。

家族だけの結婚式を挙げるカップルにはさまざまな思いがあります。

どこまでの人を紹介すればいいのか分からない、予算に合わない、アットホームな式にしたいなど、その理由はカップルによって違います。

家族だけの結婚式は普通、兄弟が式を挙げない限りなかなかお目にかかることができません。

実際に自分がやってみて初めて分かることも多いものです。

ここでは実際にどのような結婚式ができるのか、家族だけの結婚式のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

メリット・デメリットを知ることで結婚式の参考にしてもらえるのではないでしょうか。

家族だけの結婚式を考えているカップルは、ぜひ参考にしてください。

>>30名以下のウエディング特集を見てみる

スポンサードリンク

家族だけの結婚式では何が出来るの?

実際に、家族だけで挙げる結婚式では何ができるのでしょうか。

家族だけとはいえ、ゲストに親族を含めて式を挙げるカップルも大勢います。

その場合、普段疎遠になっている親戚との繋がりが持てるいい機会にもなります。

女性の場合では、両親に花嫁姿を見せてあげたかったという声がとても多いのが印象的です。

招待客や準備に気を使う必要もそれほどないため、和やかな雰囲気の中、リラックスして結婚式を行うことができるのではないでしょうか。

家族だけの結婚式のデメリットとは?

家族だけで行う結婚式は、親族との距離が近く、アットホームに式を行うことができそうです。

しかし実際は地味になりすぎないようにするなど気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

メリハリをつけて、食事会ではない結婚式らしくすることを意識する

和やかなムードにしたい、ゲストに食事を楽しんでもらいたいカップルは、さまざまな思いを持って結婚式のプランを立てることと思います。

しっかりとプランニングし、メリハリのある段取りをしておくことが必要です。

これが欠けると、「ただの家族との食事会」みたいなことになりかねないからです。

少人数の結婚式を専門にしているサービス会社もあります。

ただの食事会にしたくないと考えているカップルは、しっかりと結婚式の計画を練る必要がありそうです。

結婚式に変わったことはしないほうがいい

家族、親族だけで結婚式を行う場合、どうしても年配の方が多い式、披露宴になりがちです。

ユニークな挙式やオリジナリティのある式にすると驚かれることもあるので、従来の形に乗っ取った挙式にすることをおすすめします。

選ぶ会場に制限がある

家族だけの結婚式ではどうしても人数が少人数になります。

このような場合、専門式場などでは、会場が少人数に対応していない場合があります。

会場の広さによっては「○人以上で利用可能」と制限があることがほとんどです。

ホテルなどの小宴会場、レストランや料亭などがいいかもしれません。

>>自分の近くのエリアで対応してくれる式場を見てみる

会場はアクセスの良い場所を選ぶ

会場はアクセスが良い場所を選ぶほうがいいでしょう。

特に遠方から親戚を呼ぶ場合には注意しておきたい点です。

低予算で済むと思っていたら割高になることもあるので要注意

ホテルなどでは少人数用の結婚式用にパッケージプランが組まれていることがあります。

プランを考える際注意したいのは、総費用ではなく、一人当たりにかかる費用です。

例えば10名で65万円のプランがあります。

プランに含まれるものは、挙式、ヘアメイク、衣装、ドレス、料理、飲み物、写真、控え室、席料、音響、照明、サービス料などです。

これを10名で割ると1人当たり65,000円もしていまします。

もし30名であれば1人当たり21,600円ほどになります。

挙式量や音響やサービスなどは人数によって変わらないため割高になってしまうこともあります。

友人や上司への報告に手間がかかることもある

結婚することを報告しなければいけないのは、何も家族や親族だけではありません。

普段お世話になっている上司や同僚、また友人たちにも報告が必要です。

結婚すると聞いた友人や会社関係の人たちからお祝いをいただくこともあるかもしれません。

結婚の報告をハガキで送ったり、メールを入れたり、またお祝いのお返しを1件1件していかなかくてはならない手間があります。

結婚式であれば1度に報告ができますが、このように個別に対応する必要があるため、時間と手間がかかってしまうこともあります。

家族だけの結婚式のメリットとは?

家族だけの結婚式では話をする時間をしっかり取れることが魅力的です。

同僚や上司、友人を呼んだ披露宴ではなかなかをお互いの家族の交流を深めることはできません。

家族だけの結婚式では、歓談時間をしっかり取れるので、互いの親族の交流を深めることができるのがポイントです。

感謝の気持ちを伝えることができる

新郎新婦と家族の距離が近くアットホームな結婚式にすることが可能です。

距離感が近いからこそ、普段なかなか伝えることができない感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

準備に手間がかからない

また招待客リストと招待状の作成、参加者の座席配置表、引き出物の発注など頭を悩ませる必要はありません。

結婚式の準備には半年から1年かかるとされていますが、家族だけで挙げる結婚式であれば1から3ヶ月あれば準備か可能です。

招待客に悩まなくていい

ゲストに誰を呼ぶかは悩みの種です。

職場であってもどこまでの人を呼べばいいのかわからないとうい意見もよく聞きます。

知人や同僚から呼んで欲しかった、呼ばれなかった、など言われ後々わだかまりが残ってしまうことにもなるかもしれません。

家族、親族だけで結婚式を行う場合は、特に何の問題もなくトラブルになることもないはずです。

低予算で節約ができる。

2016年ゼクシィ結婚トレンド調査2016のデータによると、全国平均の費用総額は招待人数が約71.6人で、359.7万円となっています。

家族だけの結婚式の場合、少人数に対応している会場では、パックプランというのがあるので利用するといいかもしれません。

そういったものを利用すると30名で80〜120万円程度で式と披露宴が可能です。

実際にかかる費用は食事代(ドリンク代)、会場費、衣装代などです。

しかし、食事のグレード、ドレスのこだわりなど最低限費用を抑えていけば、30万〜50万円程度でも可能です。

料理を重視するのか、演出をするのか、まずは結婚式でどうしたいのかをしっかりと決めておくのがいいでしょう。

まとめ

最近はナシ婚やフォトウェディングなどが増えている中、両親に晴れ姿を見せることができる家族だけの結婚式は、大きな意味を持っているのではないでしょうか。

結婚式の準備に時間が取れないカップル、身近な人たちとだけで結婚を考えているカップルに、ぜひ家族婚はおすすめです。

家族だけの結婚式をする場合は、そのメリット・デメリットをしっかり把握した上で準備を進めていきましょう。

また、普段お世話になっている人への結婚の報告やお礼などを忘れず、丁寧な対応を心がけることで、これからの関係にヒビが入らないよう気を配っておくことが必要です。

最終的には無料カウンセリングやブライダル・フェアに行ってプランナーに相談した上で準備を進めていきましょう

>>30名以下のウエディング特集を見てみる

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-ウエディング

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.