むくみ

足や顔のむくみ解消には、手軽に毎日続けられるカリウムサプリがおすすめ!

スポンサードリンク

更新日:

女性は男性に比べ、むくみがでやすい体質です。

特に、足や顔のむくみには悩まされている人も多いのでは?

足がパンパンだと太って見えるし、痛いし、顔がむくむと不細工に見えたりします。

リンパマッサージや塩分制限でむくみは解消できますが、それには相当な時間が必要です。

できるだけ早くむくみを解消したいなら、カリウムたっぷり配合のサプリメントを摂るのが一番です。

なお、カリウムサプリで一番オススメなのは、するるのおめぐ実です。

お得なキャンペーンはこのページにまとめてあるので、気になる方は最後までご覧くださいね♪

関連記事:

参考情報:

スポンサードリンク

むくみが起きる原因とは?

ただ漠然と

  • 足がパンパンに張っているとか
  • 顔がぼてっと腫れているとか

そういった認識はあっても、「どうしてむくみは起こるのか」とか、「この水分は何者?」という踏み込んだところまで考える人は少ないのではないでしょうか。

しかし、根本からむくみを解消したいなら、むくみが起こる原因をしっかりと知っておく必要があります。

むくみを引き起こす水分とは何?

むくみを引き起こす水分は、細胞内を満たしている細胞間質液というもの。

この細胞間質液は、血液の一部で血管の外にでた液体で、細胞に酸素や栄養素を運んだり、細胞の老廃物を排出する大切な働きがあります。

働きの流れとしては、酸素や栄養素を運ぶために動脈から細胞間に入り込みます。

そして、細胞にある老廃物を除去し、静脈に戻ったり、リンパ管から排出されたりします。

ここで、動脈からでてくる細胞間質液の量が多すぎたり、細胞間質液が静脈へ戻る量が少ない、または、リンパ管に排出される量が少ないとむくみます。

とにかく細胞間質液が細胞にたっぷりと溜まってしまうとむくみの症状に悩まされるのです。

では、なぜ、細胞間質液は細胞にたっぷり溜まりやすくなってしまうのでしょうか。

むくみが起こる主な原因について

むくみが起きる主な原因は下記のとおりです。

  • 長時間同じ姿勢
  • 筋肉の衰え、筋力の低下
  • 冷え症によるもの
  • 塩分の摂り過ぎ

それぞれ見ていきましょう。

長時間同じ姿勢

立ちっぱなしの人や椅子に座りっぱなしの人などは、重力の影響から下半身(足のふくらはぎなど)のむくみに悩まされるケースが多いです。

筋肉の収縮(ポンプ)によって血液やリンパは流れますが、長い時間、立ちっぱなし、座りっぱなしだと重力の影響とともに筋肉のポンプの働きがほぼないので、細胞間質液が細胞に溜まりやすく、むくみに悩まされてしまいます。

筋肉の衰え、筋力の低下

運動不足の人がむくみやすいのは、筋肉が衰えてポンプ作業が弱くなったからです。

筋肉の収縮(ポンプ)の作用があるからこそ、血液やリンパの流れがスムーズに流れるのですが、この筋肉自体が少ないとポンプの力が弱まり、細胞間質液は細胞内に滞ってしまうことに…。

冷え症によるもの

基礎代謝が高くて暑がりの人にむくみ体質の人はほぼいません。

しかし、基礎代謝が低くて冷え性の人はむくみに悩まされやすいですね。

これは、体が冷えることで血行不良となり、細胞間質液がスムーズに流れずに細胞に滞ってしまうからです。

塩分の摂り過ぎ

「寝る前にラーメンを食べたら朝起きたら顔がパンパン」

誰しもこのような経験はあるのでは?

細胞内ではナトリウムとカリウムがバランスよく配分されています。

しかし、塩分(ナトリウム)を摂り過ぎるとそれを薄めようとするため、水分を体内に溜め込もうと働くのです。

細胞内の水分増加に伴い、細胞間質液も増え、むくみに悩まされるはめに…。

むくみの原因は、他にも「自律神経の乱れ」「内臓疾患」などさまざまです。

特にむくみやすい場所は?

体の中でも最もむくみやすい場所は、「足」と「顔」でしょう。

足のむくみ

夕方になるとふくらはぎはパンパン張るし、パンプスがきつくなったりするのは、誰しも経験あるはずです。

女性は筋肉量が少ないので、筋肉のポンプ作用がうまく働かず、リンパの流れが滞りやすい。

だからこそ、筋肉をつけることが何より大事!

日頃から運動をする、そして、リンパマッサージで血液やリンパの流れを促進する、これらの習慣を身につけたいですね。

顔のむくみ

顔のむくみ(目の周りなど)もむくみやすい場所です。

朝、起きたときに顔が一回り大きくなっていた、これは寝て横になっているとき、顔の方にも余分な水分が回ってきたからです。

これは時間と共に解消していくので、それほど、心配しなくてオッケーです。

昼間活動していれば、重力に従い、自然と体内に流れていくのでそれほど気にする必要はないでしょう。

むくみを改善する方法

むくみを解消するための代表的な方法をご紹介します。

「リンパマッサージ」と「食生活の改善」です。

こちら2つを習慣化すれば、むくみ体質の改善に繋がっていくでしょう。

リンパマッサージ

リンパの流れが悪くなると、細胞間の水分が滞ってしまいます。

逆に、運動やリンパマッサージなどでリンパの流れを促進すれば、余分な水分や老廃物が尿として流れでて、むくみやすい足もスッキリと細く変わっていきます。

  • 基本的に運動が苦手
  • 運動している暇がない

このような人は、体が温まったお風呂上がりにでもリンパマッサージを行うことを習慣化してみてはいかがでしょうか。

足のリンパマッサージの手順は

  • アキレス腱の凹んだ部分とひざ裏のリンパ節をよく揉みほぐしましょう
  • 足首からふくらはぎにかけて10回ほど流します
  • 太ももから股にかけて包み込むように10回ほど包み込むようになで上げます

顔のリンパマッサージの手順は

  • 鎖骨のくぼんだ部分(リンパ節)をグリグリと5秒ほど押します
  • 顎の骨を親指と人差し指で挟み、耳下まで10回流します
  • 鼻の横から目の下を覆いながら、耳下まで10回軽くさすります
  • 額全体を手の平を使いながら、耳下まで10回さすります
  • 耳下のリンパ節から首に沿った鎖骨まで5回ほど流し、
  • 鎖骨の凹んだ部分をほぐしたら終わりです。

※リンパマッサージを行うときは、マッサージクリームやオイルをつかうと肌を傷めずにマッサージすることができます。

マッサージは毎日続けないといけない

リンパマッサージを毎日10分間続けるだけでふくらはぎはスッキリと細くなるのが分かります。

これは、直接に水分や老廃物を流すマッサージなので即効性があるからです。

しかし、この状態は一時的なもの。

リンパマッサージは、毎日続けなくては意味がありません。

毎日続けていけば、むくみも取れていくでしょう。

食事を改善する

食生活を意識するだけでもむくみ体質を改善することができます。

むくみ解消の食事ポイントは

  • 塩分を控えたメニュー
  • たんぱく質をしっかりと摂る
  • アルコールの飲み過ぎに注意

細胞内ではナトリウムとカリウムのバランスが大事。

塩分(ナトリウム)を過剰に摂ってしまうとそれを薄めるために体内では水分を溜め込もうという働きをします。

塩分を摂り過ぎないことで余計な水分を溜め込む必要はなくなります。

たんぱく質の不足により、むくみが生じる場合もあります。

たんぱく質は体内で分解されるとアルブミンという物質に変化しますが、このアルブミンの濃度が低いと細胞間質液が増えて、むくみがでてしまうのです。

たんぱく質が不足しないよう、肉や魚、大豆製品などを適度に摂るようにしましょう。

アルコールもむくみに繋がるので、飲む量を考えながら適度に!

塩分を控えた食事にする

外食やレトルト食品などは、どうしても塩分過多になりやすいです。

塩分を抑えるためにも自炊で塩分を控えた味付けにするようにしましょう。

味付けを塩分以外に頼るというのもありですね。

たとえば、魚や鶏肉のムニエルを作る場合、塩や醤油を控える代わりに、酢やレモンをつかうとかです。

あと、煮物や炒め物をするときは、調理中に塩分で味付けするとどうしてもしょっぱくなりやすいです。

だから、調理後に塩分を入れるとよいでしょう。

飲み物を変える

飲み物でむくみを解消するには、「カリウムの多いもの」「体を温めるもの」を選ぶことがポイントです。

カリウムの多い飲み物がむくみ解消にいいわけ

塩分(ナトリウム)が細胞に多いと水分を溜め込んで、体がむくみます。

反対に、カリウムは、塩分(ナトリウム)を排出する作用があります。

体に溜まった余分な水分や老廃物の排出を促す効果も期待されています。

カリウムを十分に摂取していれば、塩分を摂り過ぎてもミネラルバランスが崩れることはないので、体のむくみが起こる心配はありません。

もちろん、本気でむくみ解消を考えるなら、塩分を控えてカリウムを積極的に摂るべきですが、仮に「しょっぱいもの食べ過ぎちゃった…」というときは、以下で紹介するカリウム豊富な飲み物を摂るようにするとむくみも解消しやすいでしょう。

カリウム豊富な飲み物

  • とうもろこしのヒゲ茶
  • 明日葉茶
  • ゴボウ茶
  • くわのは茶
  • 青汁
  • 野菜ジュース

体を温める飲み物がむくみ解消にいいわけ

冷え性の人は、体内の血液のめぐりが悪いため、むくみやすいです。

体を温める飲み物を飲んで体内の血の巡りを良くすることで余分な水分や老廃物が流れやすくなります。

体を温める飲み物

  • 生姜湯(しょうがゆ)
  • ほうじ茶
  • ホットワイン

以上が、体を芯からポッカポカに温め、むくみ解消に繋がる飲み物でした。

逆に、体を冷やす飲み物といえば、コーヒー、炭酸などの清涼飲料水などです。

むくみがひどい場合は、こちらの飲み物はできるだけ控えたいですよね。

むくみを簡単に即効改善する方法はありません

はっきりいいます。

リンパマッサージにしろ、食生活の改善にしろ、むくみの症状を即効で治す方法はありません。

むくみ体質を改善するには、毎日、地道に継続するしか方法はないのです。

忙しい人のむくみ解消にはサプリがおすすめ!

しかし、日々忙しい中でバランス良く、しかもカリウムを考えた食生活を摂り続けるのは、とても難しいものです。

それにリンパマッサージも時間に余裕があるときにしかできないでしょう。

そんなときは、カリウム配合サプリメントを摂るというのが賢い選択だと考えます。

カリウム配合のむくみ解消サプリの代表格が『するるのおめぐ実』です。

カリウムがたっぷり配合された「とうもろこしのヒゲ」が配合されています。

とうもろこしのヒゲには、体内に溜まった余分な水分と老廃物を排出する作用があります。

だから、これを飲んでいれば、とうもろこしのヒゲ茶を飲み忘れても、リンパマッサージを多少サボっても大丈夫!

あと、食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれた「明日葉(あしたば)」も入っているのでお通じ解消にも美肌効果にも期待できそうですね。

自然由来の成分を使っているから体にやさしいだけでなく、コスパもいいんです!

公式サイトから定期便で注文すれば、1ヶ月分がなんと980円でお試しできちゃいます。

30日間返金保証付きなので、「私の体質には合わなかった」という場合でも損をすることはないので安心してください。

いつでも休止、解約ができる!というのも購入しやすい理由のひとつですね。

忙しい人でも手軽にむくみ解消できるサプリといえば『するるのおめぐ実』

↓↓↓すらっと定期便でお得な980円【公式サイト】↓↓↓

まとめ

以上が、足や顔のむくみ解消に役立つ情報の紹介でした。

とにかく、現代の女性たちは、子育てに仕事に毎日忙しい日々を過ごしています。

少しでも負担がかからずにむくみを解消するにはサプリメントの力を借りるのが一番です。



-むくみ

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.