むくみ

むくみ解消におすすめのサプリメントランキング

スポンサードリンク

更新日:

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。

夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。

新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。

食事制限しているのに見た目にあまり現れていない気がする。

こんな悩みを抱えている人には、手軽に始められる「むくみサプリメント」がおすすめ!

ここでは、今売れ筋のむくみサプリメントを紹介させていただきます。

するっと小町

  • ミニトマト41個分のカリウム
  • セロリ7.4本分のマグネシウム
  • 赤ワインの300倍のポリフェノール

こんな感じで、むくみや健康に良い成分が「1日たった3粒」で摂取できちゃうんです。

↓ しかも今なら86%OFFの540円で試せます! ↓

※3回以上の継続購入が条件となります。


するるのおめぐ実

  • むくみ解消に効果的なカリウム
  • 美容成分たっぷりのポリフェノール
  • ビタミン・ミネラルたっぷりな明日葉

こんな栄養たっぷりなサプリだけど、自信があるから
「定期購入の回数縛りなし」「30日間返金保証付」で安心!

今まで110万袋も売れているので、みんなが効果を実感しているサプリですね。
↓ このサイトからなら、初回限定980円で買えちゃいます↓


めぐりゆく

  • 赤ぶどう葉
  • 明日葉
  • ハトムギ
  • ウラジロガシ
  • ニガウリ
  • ヒハツ
  • たんぽぽ

など、天然成分がたくさん入っているのが「めぐりゆく」の特徴。

ただし、むくみに効く「カリウム」が何由来のものか分からないなど、ちょっと不安な点も。

「何回買わないといけない!」という縛りはないので、他のサプリが効かなかったという人は試しても良いかも。


きゅきゅっと小町

  • オリーブ130個分のカリウム
  • 食物繊維・ミネラルたっぷりの金時ショウガ
  • リピート率92%

このように様々な栄養とむくみ解消成分が入っています。

ですが、「メリロート」と「キャンドルブッシュ」という人によってはキツすぎる成分が入っているのが不安な点です。


メグリス リコピンプラス

  • バナナ5本分のカリウム
  • トマトジュース45本分のリコピン

など、むくみに効く栄養はたくさん入っています。

ですが、最低3回は買わないといけないので
結局1回あたり2,463円もかかってしまうことに・・・。

足や顔のむくみ解消には、手軽に毎日続けられるサプリがおすすめ!

むくみを根本的に解決するためのむくみのメカニズムとむくみの解消法についてご紹介します。

スポンサードリンク

むくみが起きる原因とは?

むくみは、血液とともに全身に循環している水分がなんらかの原因で一定量を超え、体内で滞った場合に起こります。

塩分の高いものを食べたり、お酒をよく飲んだりすると、体内に余分に摂取された塩分やお酒の濃度を調整するために、身体が自然と水分を貯えるよう働きかけます。

そのため体内の水分量が一時的に増加し、これがむくみとなって現れてしまいます。

また、体内の水分は血液とともに循環しているため、血液の循環が悪くなるような立ち仕事や長時間同じ姿勢で仕事をする人、運動不足の人は、血液とともに水分も滞ってしまうため、むくみが起こりやすくなっています。

特にむくみやすい場所は?

むくみは、皮膚の下にある細胞と細胞の間の水分量が増えることで現れています。

ですから、皮膚の薄い下半身、まぶた、脇腹、背面などはむくみの症状が出やすい場所です。

顔の皮膚が薄い人は、顔にむくみが出やすいのはそのためです。

立ち仕事の人は、血液とともに水分が下半身に滞留してしまうため、夕方になると足がパンパンになり、長時間座り仕事の人は、膝裏で血流を止めてしまっているため膝下がパンパンになってしまいます。

むくみを改善する方法

むくみを改善するマッサージについてご紹介します。

マッサージ

滞ってしまった皮膚の下の水分をマッサージで促すことで、貯まった老廃物や余分な水分が体外に排出され、むくみを改善することができます。

マッサージは、血流が1日のうちで最もよくなっている入浴後がおすすめです。

マッサージには2種類あり、皮膚の下に流れるリンパを促すリンパマッサージと、内臓に働きかけるツボ押しマッサージです。

リンパマッサージはあまり圧をかけずに身体の末端から中心に向かってなでるようにマッサージし、皮膚の下のリンパ液を優しく流してあげるイメージで行ってください。

それでは、むくみに効果的なツボマッサージについてご紹介していきます。

マッサージするといいツボは?

顔のむくみに効果的なツボ

天柱(てんちゅう)

首の後ろの髪の生え際、2本の太い骨の外側に位置しています。

鈍くなった腎臓の働きを活性化するツボです。

天柱を両手の親指でおさえ、残りの指は頭に添えます。

ゆっくりと息を吐きながら頭を倒し、気持ちいいと感じるところで止めます。

その後、ゆっくりと息を吸いながら頭を起こします。

太陽(たいよう)

ちょうどこめかみの真ん中に位置している消化器系の働きを活発にするツボです。

「太陽」を親指でおさえながら、ひらがなの「の」の字を書くように親指でマッサージします。

足のむくみに効果的なツボ

足心(そくしん)

腎臓の働きを活発にして体内の水分量を正常にし、足のむくみに効果的なツボです。

足裏の真ん中にあり、親指で少し強く押し込み、残りの指で足の甲をおさえておくと効果的です。

委中(いちゅう)

ふくらはぎのむくみに効果的なツボです。

膝の関節の裏にある横しわの中央に位置しており、両手でふくらはぎを包み込みながら中指で押します。

マッサージは毎日続けないといけない

マッサージを毎日続けることでむくみのない身体を作り上げることができます。

ここで注意しておきたいのは、マッサージは一時的な解決策の一つであり、予防策ではないということです。

予防するためには、食事制限や水分制限など内側からの対策が必要です。

ただ、マッサージを日々継続することで余計な水分や貯まった排出物が体外に排出され、顔や足がすっきりとしてくるはずです。

食事を改善する

それでは、むくみを予防するためにはどういった食生活への改善が必要なのでしょうか。

適度な水分を摂取する

水分は、多く取りすぎても少なすぎてもむくみの原因になります。

身体に必要な適度な水分を摂取し、一度に大量に摂取しないこともむくみを防ぐコツです。

体内で一度に処理できる水分量には限りがあり、処理できない水分はただの排出物として排出されてしまうため、大量摂取は意味がありません。

カリウムを含んだ食事をとる

カリウムは、塩分(ナトリウム)と対になって働くミネラルで、体内の水分量を調整する重要な役割を担っています。

また、腎臓の老廃物の排泄を促す作用もあり、むくみ改善には欠かせない栄養素です。

カリウムを多く含む食事には、ひじき、昆布、わかめなどの海藻類、あずき、かぼちゃ、アスパラガスなどがあります。

また、飲み物にも多くカリウムが含まれているものもあります。

はと麦茶、黒豆茶、とうもろこしのひげ茶、よもぎ茶、ルイボスティーや、ごぼう茶、ジンジャーティーがその代表例です。

健康的と言われている日本食ですが、実は私たちが日常的に摂取している日本食には多くの塩分が含まれています。

ですから、日本食だからといって安心せず、意識して塩分量の高い食事は控え、カリウムを含む食事を多めにとることで内側からむくみを改善していきましょう。

その他にもむくみを改善する代表的な栄養素に、ポリフェノールがあります。

冷えを予防し血流を良くすることでむくみを改善する効果があります。

ポリフェノールを多く含む食物には、赤ぶどう、ブルーベリー、すもも、ワイン、緑茶などがあげられます。

塩分を控えた食事にする

前章でもお伝えした通り、日本食には塩分が多く含まれる傾向があります。

例えば、和食の定番ともいえる味噌汁や梅干、たらこ、漬物などがその代表例です。

また、便利でつい口にしてしまうハムやソーセージの加工食品やコンビニのお惣菜などにも塩分が多く含まれていますので注意が必要です。

塩分に含まれるナトリウムが体内に増えると、塩分濃度を下げるために体の中に余計な水分を貯め込もうと働きかけます。

この体内に貯め込まれた水分がむくみの原因になってしまいます。

ここで注意しておきたいのは、塩分(ナトリウム)は摂取しなければならない身体に必要なミネラルの一つであることです。

塩分(ナトリウム)はカリウムと対になって体内で働くミネラルですので、塩分濃度が低くなりすぎるとその他のトラブルを発症します。

過度に塩分を控えることのないよう注意しましょう。

飲み物を変える

塩分だけでなく糖分の多量摂取もむくみの原因の一つです。

ジュースや炭酸飲料は糖分を多く含み、過剰摂取すると体内の糖分濃度を下げようと水分を貯め込んでしまいます。

野菜ジュースでも糖分を多く含んでいるものもありますので、成分表示を注意して見てみてください。

また、冷たい飲み物は、体を冷やして体内の血流を滞らせ、水分の排出をする腎臓に負担をかけるため控えるように心がけてください。

暖かいお茶やハーブティーは、体を温まり血流が良くなりむくみが解消されますのでおすすめです。

カフェインが含まれた飲み物には利尿作用を促す効果がありますので適度な摂取はむくみ防止に効果があります。

コーヒーであれば1日2〜3杯が目安と言われています。

ただし、カフェインは過剰に摂取すると今度は脱水症状になり、水分を体内に貯め込もうという作用が働き、逆にむくみの原因となってしまいますので注意が必要です。

日継続することが大事

顔や足がむくんでも、少しの間であったら放っておいても大丈夫だろうと考えてませんか?

実は、むくみを放置すると、ますますむくみを悪化させるという悪循環をうみだすことをご存知でしたでしょうか。

むくみの原因である血液の滞留は、血液と共に体内に栄養を届けたり、老廃物を運び出す運動を滞らせている証拠でもあります。

放置することでこの働きをする力がどんどん弱まっていくため、日に日に老廃物は蓄積され、むくみは悪化していきます。

食事制限や運動をしても、体重や見た目への効果が出ないことに悩まれている人はむくみの蓄積によって代謝が落ちている状態かもしれません。

日々のマッサージや食生活でむくみを解消することで代謝が活性化していき、食事制限や運動の成果が現れ、美しいフェイスラインや美脚を保てるのです。

忙しい人のむくみ解消にはサプリがおすすめ!

仕事が毎晩遅く家でマッサージする時間が取れない、付き合いでどうしても外食が多くなりがち、お酒を飲む機会が多い、ジムは三日坊主、そんな人にはサプリメントがおすすめです。

むくみを改善するために必要なカリウムやポリフェノールを多く含んだサプリメントを毎日摂取することで、内側からむくみを防止します。

サプリメントであれば、忙しい人でも毎日簡単に必要な栄養素を摂ることができ、むくみ対策をすることができます。

まとめ

むくみの仕組みを正しく理解し、食事や水分量を調整することでむくみを予防することができます。

ツボ押しマッサージは、移動中や仕事の合間などの隙間時間を使って実践し、日々の老廃物を蓄積しないように心がけてください。

むくみ対策は日々継続することが大切です。

むくんだ身体をそのまま放置することは老廃物を体内に滞らせ代謝を低下させるという悪循環を引き起こします。

忙しい人はサプリメントを取り入れるなどご自身で日々続けられることを取り入れ、むくみのない健康で美しい身体を目指しましょう。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

2

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

3

学生の頃からニキビができやすくてTゾーン ...

4

健康に良いとされる納豆菌は、近年、健康食 ...

-むくみ

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.