ダイエット

内臓脂肪に効果的な、葛の花イソフラボンサプリメント おすすめランキング

スポンサードリンク

更新日:

シボヘール


スリムフォー

内臓脂肪が身体についてしまう理由とは

内臓脂肪型肥満は中年以上の男女に多く見られます。

程度によってはほとんど肥満を感じさせないこともあるため注意が必要です。

目安としては、女性でウェストが90センチ以上の場合は、内臓脂肪型肥満を疑ってください。

スポンサードリンク

内臓脂肪は身体のどこにつく?

内臓脂肪は「内臓に蓄積した脂肪」

脂肪と聞くと、皮下脂肪を連想してしまいがちですが、内臓にも脂肪を蓄える機能があります。

具体的には内臓の周りに位置する腸間膜に蓄積されます。

さて、皮下脂肪が長期的なエネルギー貯蓄なのに対し、内臓脂肪はあくまでも一時的なエネルギー貯蔵です。

つまり、内臓脂肪は皮下脂肪と比較すれば代謝が早いといえます。

加えて、いかにも脂肪と言うように、外からつまめるわけではありません。

皮下脂肪型肥満が洋ナシ体型(下半身がより太くなる)になるのに対して、内臓脂肪型肥満はリンゴ型体型(ウェスト周りが大きくなる)になります。

実は、内臓脂肪には、内臓にかかるダメージを軽減したり、内臓を正しい位置にキープする役割もあります。

したがって、内臓脂肪が少ない状態も問題なのですが、多ければ多いで別の問題が発生します。

さらに近年、生活習慣病は「ただ単に肥満しているからかかる」と言うわけではなく、特に「内臓脂肪の蓄積」が大きく関係していることが判明してきています。

具体的な生活習慣病には、高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化などがあります。

このような内臓脂肪の蓄積の大きな要因には、やはり「食事・食生活」が挙げられます。

内臓脂肪が身体につく原因は?

食事によってつく

内臓脂肪は、過剰摂取されたエネルギーが脂肪として蓄積されたものです。

したがって、高カロリー・高脂質な食べ物は内臓脂肪の蓄積の原因となります。

しかし、食べ物と同じ位問題となるのが食事内容そのものよりも食生活です。

例えば、早食い(どか食い)は、肥満の原因になります。

糖質などを短時間に体内に取り入れることで、インスリンというホルモンが大量分泌されます。

インスリンには脂肪の蓄積を促す働きがあるため、内臓脂肪がつく原因となります。

また間食が多いことも問題です。お菓子には、カロリーの高いものも多いため、毎日少しずつでも口にしているとかなりのカロリーとなります。

さらに、夜たくさん食事をする方も注意が必要です。

日中に摂取した食物は、活動によって消費されやすいのに対して、夜食べたものについてはあまり消費されません。

特に、肥満が気になる方については、夜9時以降は可能な限り食事をしない方が良いと考えられています。

飲酒によってつく

食べ物のみならず、お酒も内臓脂肪の蓄積の原因となります。

特にお酒を飲んだ場合には、中性脂肪が大量に肝臓へたまる危険性があります。

もともと肝臓は脂肪を貯蓄する働きがありますが、お酒をたくさん飲む方の場合、通常の3倍以上も中性脂肪を蓄えることがあるのです。

これを「脂肪肝」といいます。

目安としては、日本酒で1日3合前後、これを3年前後毎日飲み続けると、脂肪肝を発症する確率が高くなります。

正しい飲酒後に、顔が赤くなったり、頭痛がしたり、冷や汗をかくような感覚があったりと言う方は、もともとアルコールに強くない可能性があります。

このような方が同量のお酒を飲んだ場合には、脂肪肝の発生率が最大で10倍にもなることもあるようです。

手軽に内臓脂肪を減らすにはサプリがおすすめ

このように、内臓脂肪がついてしまう事は、生活習慣病を始め、内臓への大きな負担になります。

もちろん、その解消には食生活の見直しをしたり、運動を始めたりといったことが内臓脂肪を減らす上では効果的です。

しかし、仕事などで毎日の生活が忙しい方にはそれが難しいでしょうし、続かないダイエットに走ってリバウンドしてしまえば元も子もありません。

そこで最近では、手軽に内臓脂肪を減らす手段としてサプリメントが注目されています。

正直に申しまして、サプリメントの効果や品質はピンキリといえます。

中には、痩せるようなイメージのパッケージでありながら、ほとんど効果が期待できないものも存在しているのです。

その点、「機能性表示食品のサプリメント」で「お腹の脂肪を減らす」と言う効果が掲げられているものならば、一定以上の効果が期待できると言えるでしょう。

なぜならば、機能性表示食品は、確かな臨床データに基づいて消費者庁への届け出を済ませた製品だからです。

例えば、近年口コミなどで注目を集める機能性表示食品サプリメントに「シボヘール」があります。

臨床実験で、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を減少させた「葛の花由来のイソフラボン」が配合されていますので、お腹の脂肪にお困り方ならばぜひ1度試す価値があります。

まとめ

内臓脂肪がお腹についてしまう大きな原因は、食事・食生活です。

しかし、好きな食べ物我慢すると言う事は予想以上に大変で、なおかつストレスが溜まります。

そんな時に役立つのが、内臓脂肪を減らしてくれる、「シボヘール」のような「機能性表示食品のサプリメント」です。

運動や食生活の改善といった事柄よりも、はるかにハードルが低い方法ですから、無理なく続けることもできます。



-ダイエット

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.