腸内環境改善

【価格順】無添加オリゴ糖のおすすめ人気ランキング

スポンサードリンク

更新日:

赤ちゃんからお年寄りまで、様々な人が飲むオリゴ糖。

そんなオリゴ糖ですが、実はオリゴ糖以外の添加物が多い商品が多数販売されているのをご存知ですか?

そのような商品を買ってしまうと、せっかくのオリゴ糖の効果を体感できずに無駄にお金をつかうことになってしまいます。

そこで、無添加オリゴ糖商品をおすすめ順ランキングにまとめました!

毎日使う商品なので、1日あたりの費用を抑えられ、かつ値段だけじゃない強みについても紹介しています。


1位 オリゴのおかげ
トクホ認定。自社工場製造で無添加だから、お子さんや妊婦の方でも安心して飲んでいただけます。
ウェブ販売限定のスティックタイプを試してみる

カイテキオリゴ
2位 カイテキオリゴ
オリゴ糖100%の商品を探しているのなら、こちらのカイテキオリゴがおすすめ。
1日たった84円でオリゴ糖を摂取できちゃいます。
今なら全額返金保証付き。
日本一売れている商品を試してみる

乳酸菌革命Super
3位 乳酸菌革命
女性のリピート率が、なんと85%!
「16種の乳酸菌」と「24種の酵母菌」で毎朝のスッキリをぜひ体感して下さい。
60万袋以上売れている商品を試してみる

以上、3つの商品を紹介させてもらいました。

この中でもやはりいちばんおすすめなのは<<トクホ習得済みで1日あたりの価格も一番安いオリゴのおかげです。

1日分が1本のスティックになっているので、封を開けて湿気ってしまう可能性も低いです。

定期購入したとしてもすぐに解約することはできますので、安心ですね。

ぜひどのような商品か見てみてください。

オリゴ糖をご存知ですか?

オリゴ糖と聞いて一番に思い浮かぶのは、便秘に効くということではないでしょうか?

そして、オリゴ糖を販売している通販ショップも存在し、オリゴ糖人気は上昇中です。

オリゴ糖は単糖がいくつか結合したものであり、その他にも二糖類や三糖類などがあります。

この単糖とは、ブドウ糖や果糖のようにそれ以上分解されないもののことを示しています。

オリゴ糖は私たちの体にはなくてはならない存在です。

私たちが健康に毎日暮らしていくためには、腸内環境が良いか悪いかが大きな問題となってきます。

その腸内環境がしっかり整っている良い状態が、ビフィズス菌が豊富だという点です。

ここで、オリゴ糖の登場です。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなってくれるため、積極的に摂取することでビフィズス菌を増やすことにつながるのです。

オリゴ糖にも様々な種類があります

オリゴ糖は私たちの体にとって必要なものですが、オリゴ糖の中にも種類があります。

以下にいくつかを紹介しましょう。

  • フラクトオリゴ糖・・・玉ねぎやごぼう、ニンニク、バナナ、チコリといった食品に含まれる。低カロリー甘味料として用いられることもある。
  • ガラクトオリゴ糖・・・主に牛乳に含まれる。乳糖をアルカリ処理して作られたオリゴ糖。
  • ビフィズス菌を増やし、下痢や便秘といったお腹の不調を改善してくれる。牛乳以外にキャンディやビスケット、プリン、ヨーグルトといったものに含まれていることが多い。
  • キシロオリゴ糖・・・タケノコやトウモロコシに含まれるオリゴ糖。最近では虫歯予防にも効果が期待できる甘味料。砂糖とほぼ変わらない甘さで使いやすいのが特徴。
  • 大豆オリゴ糖・・・大豆から作られたオリゴ糖。ビフィズス菌を増殖させる働きを持っているので、腸内環境の改善に役立ってくれる。

このように、オリゴ糖には種類があるのです。

この他にもまだオリゴ糖は存在するので、摂取しやすく腸内環境を整えてくれるものを選ぶと体にいいでしょう。

選ぶべきは、難消化性のオリゴ糖

オリゴ糖にも種類がいくつかあり、少しずつ効果も異なってくるわけですが、やはり選ぶべきは難消化性のオリゴ糖でしょう。

オリゴ糖は大きく分けると、小腸で吸収される消化性オリゴ糖と消化されることなく大腸にまで届く難消化性オリゴ糖があります。

便秘や肌荒れの改善、腸内環境を整えたい時には難消化性のオリゴ糖を選ぶ方が良いです。

難消化性のオリゴ糖はカロリーやGI値(食品が体内で糖に代わり血糖値を上昇していくスピード)も低いと言われています。

ここから、ダイエット中であっても安心して料理に使用することができます。

この難消化性オリゴ糖には、上で紹介したオリゴ糖の中のフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などがあります。

フラクトオリゴ糖は主に野菜や果物に含まれるので、食事で摂取していくことができるでしょう。

ガラクトオリゴ糖の方は、母乳や牛乳に含まれる動物性のオリゴ糖になります。

赤ちゃんの粉ミルクにも入っています。腸内の善玉菌を増やしてくれるので、お腹の不調で悩んでいる人にもぴったりです。

オリゴ糖を選ぶ時には適当にするのではなく、難消化性オリゴ糖と呼ばれるものを選んだ方が体にも良いということがわかるでしょう。

気になるカロリーや賞味期限は?

オリゴ糖は糖という言葉が入っているとおり甘いものです。

甘さはオリゴ糖の種類によっても異なってきますが、ついカロリーも気になってしまうでしょう。

ざっくりと言うと、オリゴ糖のカロリーは砂糖の約半分と言えます。

たとえば、フラクトオリゴ糖とガラクトオリゴ糖であれば、1グラム2キロカロリーとなっています。

ちなみによく使用される普通の砂糖は1グラム約4キロカロリーほどあるので、倍になります。

ここからオリゴ糖は全体的に甘さが控えめなので、いろんな料理にも加えることが可能なのです。

味噌汁に加えても違和感はありませんし、料理の時の砂糖をオリゴ糖に変えるとあっさりと仕上げることができます。

また、オリゴ糖の賞味期限についても触れておきましょう。

商品によって少しずつ記載されている賞味期限が違うかもしれませんが、ここでは平均を紹介しておきます。

オリゴ糖は未開封であれば、約2年となっています。

開封してしまうと様子を見ながら継続して使っていく方がいいでしょう。

保存場所によってたまに固まるということもあるので、常温で湿度の少ないところで保管するべきです。

ただし、砂糖は長期保存が可能な食品になっているので、保存状態が良ければ2年以上は使用できます。

賞味期限ははっきりと決まっていないことが多く、決まっていてもそれ以上使用することも可能というわけですね。

オリゴ糖は一日3~10グラム摂取の目安といわれています。

ヨーグルトなどのデザートに混ぜてもいいですし、飲み物やメニューに加えても良いです。

万能に使いやすいものなので、腸内環境を整えていくためにもオリゴ糖を活用していきましょう。



-腸内環境改善

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.