開運 開運・占い

【風水で判断】ピンクカラーの財布は金運が上がる?下がる?

スポンサードリンク

更新日:

ピンク色は、特に女性に人気で、売られている財布の中でも多い色です。

ビビットなピンクから薄いパステルのピンクまで様々な色があり、もっているだけで気分が上がるので、是非身に着けていたい色ですよね。

実はピンク色は気分が上がるだけでなく、たくさんのいいことが集まる色なのです。

※厄年にも効果あり
スポンサードリンク

ピンクカラーの財布は金運が上がる?下がる?

ピンク色は人間関係を充実させ、生活が安定すると言われています。

人間関係が充実するということは、商売繁盛に繋がり経済的に豊かになります。

また、ピンク色は、お金を育てるという効果があるためピンク色の財布は金運が上がるといえます。

その他にもピンク色には、たくさんのいい気が集まってくると言われます。

ピンク色のアイテムを身につけていると気分があがり、楽しくなりますよね。

女性らしさが高まり、言葉遣いが優しくなり、行動がおしとやかになることで体のバランスが良くなります。

そのため、健康運が上がり、さらに女子力が上がることで恋愛運も上がるのです。

また、ピンク色の財布を持つことで臨時収入やプレゼントをもらうことが増えると言われています。

このように、ピンク色の財布は、持っていても損はないため是非取り入れたいですね。

メンズやレディースで金運は変わる?

財布にもメンズ、レディースとありますが、その違いだけで金運が変わるということはないようです。

ピンクと言えば女性が使うイメージがありますが、最近ではピンクを好む男性も増えてきており男性がピンクの財布を使っていてもおかしくありません。

しかし、メンズやレディースでの金運の違いはなくても長財布や折り畳み財布などの形や使い方の違いでは、金運が下がることがあります。

財布は、お金にとっての家なのでお金が十分休めるかが大事になってきます。

そのため、折り畳みの財布よりお金がのびのびと休むことができる長財布がよいでしょう。

また、カード入れや小銭入れを別に持ち、スッキリとした財布にしましょう。

ポイントカードや小銭でパンパンの財布は、お金にとって居心地が悪く、金運が下がってしまいます。

他にも、お札を入れるときに向きを揃えないままや折り曲がったまま財布にいれることもいけません。

お札は、きちんと向きを揃え頭から財布に入れましょう。

頭から入れる理由は、金運が逃げにくくなると言われているからです。

また、汚れている財布も金運が下がってしまいます。

毎日持ち歩き、頻繁に出し入れする財布は汚れやすいです。

とくに、ピンク色の財布は汚れやすく汚れが目立つのでこまめに掃除をしてキレイな状態を保ちましょう。

キレイな状態を保ち、余計なものを入れず財布が十分に休めるようにすることが金運アップに繋がります。

※厄年にも効果あり

スポンサーリンク


財布の内側がピンクでも効果は一緒?

財布の外側と内側色が違うことがありますが、財布の内側だけがピンク色でも金運はアップします。

しかし、カラフルな財布など色が3色以上使われているデザインの財布は、いろんな気が混ざってしまいよくありません。

特に財布にとってのよくない色の赤色と青色が入っている財布は避けましょう

赤は火の気をもち、金運を燃やしてしまいます。

青は水のように流れるといわれ、金運を流してしまいます。

財布の色が2色までなら問題はないのですが、この2つの色には気を付けましょう。

また派手なプリント柄の財布もお金が定着しないためよくありません。

今使っている財布がカラフルなものや赤や青、派手なプリント柄の物の場合は買い替えを検討しましょう。

財布を買い替え、使い始める際にも金運がアップするタイミングがあります。

寅の日は、お金を招く、使ったお金がすぐに戻るといわれています。

また、虎は金運の象徴でもあり、寅の日に財布を使い始める人も多くいます。

虎の日は12日ごとに巡ってくるのでタイミングも合わせやすいですね。

さらに、春の時期に買う春財布は、財布が張る(春)と言われており、縁起が良いです。

春の期間の捉え方はさまざまですが、基本的に立春を過ぎてから使い始めることが良いとされています。

新生活がスタートする4月から使い始めると気持ちがリセットされ運気があがるため4月から使い始めるのが一番良いでしょう。

また、財布を買い替えたらすぐに使うのではなく、寝かせることでより金運が集まってくると言われています。

風水的に財布は鳥と同じと言われており、鳥は生まれてから初めて見たものを親と認識して、後を追い始めます。

そのため、財布が初めて目にしたお金を親と認識するまで寝かせて待つとよいのです。

財布を寝かせる期間については特に決まりがあるわけではありませんが、1週間から2週間を目安に財布を寝かせている人が多いようです。

財布がお金を親と認識するのには時間がかかるため焦らず、最低でも1週間は寝かせるようにしましょう。

まとめ

財布は丁寧に扱い、常にキレイにしておくことで金運を上げてくれるので間違った使い方はしないように心がけましょう。

また、ピンク色は、金運だけでなく健康運や恋愛運を上げてくれる色なので財布だけでなく、ファッションやそのほかの持ち物にも取り入れていきたいですね。



-開運, 開運・占い

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.