離婚

離婚を考え出した時の基礎知識まとめ【メリット・デメリットなど】

スポンサードリンク

更新日:

今の日本の制度では婚姻届を役所に提出して受理されることによって夫婦であることが認められるのですが、結婚をすることが認められるとそれぞれが互いの道を歩むことになった場合にも離婚届の提出をして婚姻関係の解消をしなければなりません。

日本の離婚率は高いと言われていますが、結婚をする場合と違ってトラブルなどがあって最終的に離婚へ至るケースが多くなっているので、離婚をする場合はさまざまなトラブルを経て、ようやく婚姻関係の解消になることも多くなっています。

スポンサードリンク

離婚とは?

昔に比べると今はインターネットを利用することで実際に離婚した人の離婚までの流れなどを調べることができるようになっていることもあり、昔よりは情報を集めて離婚を進めて行くことができるようになりました。

また、離婚問題がかなり長引きそうな場合やスムーズに話し合いが進まないと想定されるような場合は弁護士などを仲介して話しを進めて行くこともありますが、法律の専門家がいる方が安心して話しを進めて行くことができます。

最終的には慰謝料の請求や親権を巡ってのトラブルになることもありますが、これらのトラブルにならないようにするためにも離婚をする際には相手に求める条件などを事前にきちんと明示しておくことも大切なことだと言えるでしょう。

離婚には体力をかなり使うと言われているのですが、離婚をするだけが解決策でもないので、その時の状況や夫婦関係の状態などから考えて適した方法で話しを行うこともポイントとして抑えておくようにしましょう。

離婚のメリットとデメリット

離婚をすることのメリットは嫌いになったパートナーと縁を切って新しい生活をスタートさせることができることですが、結婚をしている時に新しく好きになった異性がいる場合はその人と関係を公に深めていくことができるようになります。

実際にこうした異性への恋愛感情の高まりから離婚を決断して実行に移すケースは少なくないのですが、そうした事実があってもそれを公にしてしまうと離婚をする際に不利になってしまうことから隠す人が大半になります。

結婚をしている間は配偶者以外の人と関係を持つことは違反になり、不倫などの不貞行為がばれてしまった場合は慰謝料の請求をされるなどさまざまなリスクがあります。

しかし、離婚をして婚姻関係を解消したのであればそれからは誰にも咎められることなく関係を持つことができるようになるので、これが離婚をする上でのメリットだと捉える人は多くいます。

一方で、離婚をすることによって戸籍に傷がついてしまうというのは実際のところであり、将来を通して離婚歴が有る人ということになるので、再婚をする際などはそれが原因となってトラブルになるようなことも可能性としてはゼロではありません。

いろいろな形の離婚があるので一概には言えないところもあるのですが、結婚をすることにメリットやデメリットがあるように離婚をすることにもメリットやデメリットがあるということを認識して話しを進めていくことも円満離婚を目指すための方法になります。

離婚相談と離婚への意志

結婚している場合にパートナーと関係を解消したい場合は離婚届にサインをして提出することで簡単に婚姻関係の解消をすることができるようになっているものの、前に向いてスムーズに離婚話しが進むケースというのはそこまで多くありません。

婚姻関係というのは二人で一つのことであり、どちらかが離婚に対して納得してない場合やそれぞれの言い分が通ってない場合だと慰謝料や親権などを巡ってトラブルになる事も少なくなく、泥沼化の様相になってしまうこともあります。

離婚相談と離婚に対しての意志については明確にすることが大切ですが、離婚をする場合はかなりの体力を消耗することになるので、本当に離婚がしたいのかということや離婚した後のメリットやデメリットについても冷静に考える必要があります。

また、離婚問題でトラブルになることが事前に想定されている場合は弁護士など法律の専門家に仲裁してもらうという方法もあり、これであれば相対的に専門家が判断して離婚の進め方を提示してくれます。

離婚問題は長引くほど解決が難しくなる傾向がありますが、できれば今後のことも考えて円満離婚が望ましく、そのためにも妥協点を夫婦が見つけていくことも大切なことだと言えます。

子供がいる場合は子供が一番の被害者になりやすいということもあわせて考えておく必要がありますが、いつの時代も親の勝手な話しでつらい思いをするのは子供であることに違いなく、子供の心のケアをすることも大切です。

スポンサーリンク


離婚と子供

離婚問題はなかなか解決をすることが難しいことも少なくなく、これは結婚している同士が別れるということはそれだけ負担が大きくなっていることも理由としてあり、特に子供がいる場合は子供のことでトラブルになることもあります。

特に多いのが養育費の問題や親権の問題になりますが、おのずと親権がある側に養育費が振り込まれるという形になるので、子供と離れたくないという意味や生活の支援をしてもらえるという意味でも親権を巡ってのトラブルは大きくなります。

ちなみに離婚する原因にはさまざまな原因があり、男親側に問題があるケースもあれば反対に女親に問題があるケースもあるのですが、多くの場合は親権が女性側に渡ることが多くなっていて女性の方に非があっても同じです。

これは子供が父性よりも母性を求めることが理由としてあり、他にも生活の面などにおいても女性の方が細かく見ることができるなど生物学的に見た場合にも女性が子育てをする方が向いているという理由があります。

しかし、明らかに女性の方に離婚する原因を作った過失がある場合や子供を任せることができない状況であると判断される場合は離婚をした後に父親側が親権を持つこともあります。

いずれにしても子供にとっては大切な親であることに違いはないので、親は子供に対してできるだけマイナスな部分を見せないようにする考慮も必要であり、この頃の受けたショックがトラウマになって人格形成に影響が出てくるような例も少なくありません。

離婚時のトラブルとは

夫婦関係を解消したいと思った場合に双方が納得しているのであれば話しは早く、役所にいって離婚届を貰って提出することによって離婚が成立することになるのですが、どちらかが納得してない場合そうはいきません。

離婚にはさまざまなトラブルがつきものであると言われていますが、もっともその原因を作り出す原因として多くなっているのが双方の気持ちの不一致であり、それぞれが離婚を希望していても離婚に求める条件は異なることが多いのも実際のところです。

また、離婚をするという経緯は悪いことがあってそうなることも多く、関係が既に悪化して関係修復をすることが難しい状態に陥ってしまっていることも少なくないので、これが原因となって離婚のトラブルになることもあります。

離婚をすることでかなりの体力消耗になってしまうのが普通ですが、それをするだけのメリットがあるのかということもきちんと冷静に考えた上で離婚をするかどうか考えて行きたいものです。

また、トラブルになってなかなか離婚問題の収束が難しいと想定される場合は弁護士などの法律の専門家に依頼して話しを進めてもらうという方法もあるので、状況に応じて対応を進めて行くようにしましょう。

日本と海外の離婚事情

日本と海外では離婚事情に違いがありますが、これはそれぞれの価値観の違いなどはもちろんのこと、それだけでなく婚姻に対しての制度なども深く関係している部分になっています。

日本であれば結婚をするためには婚姻届に互いが署名をして役所に提出することによって受理される仕組みになっており、反対に離婚をする場合も同じように離婚届に署名をして役所に提出することで離婚が認められるようになっています。

しかし、海外には離婚をする際の手続きがかなり面倒になっているところもあり、離婚がしたくてもその後の煩わしさなどを考えて、婚姻関係の解消になかなか踏み込めないという人もいるのが実際のところとなっています。

一方で、離婚大国と呼ばれるような国もあり、離婚率が高い日本というイメージを持っている人もいると思いますが、それよりもはるかに高い離婚率になっている国もあるので、結婚ということに対する気持ちの違いなども明瞭になっています。

いずれにしても結婚をする場合は話しがスムーズに進むことが多いものの、離婚になるとトラブルなどが起こる事も多く、子供がいる場合は子供を巻き込んでの一大騒動になってしまうのが離婚の怖いところです。

特にどこの国でも共通しているのは離婚における一番の被害者になりやすいのは子供であることから、子供に対しての配慮をきちんと考えた上で離婚の準備を進めて行くことも離婚で失敗しないための気持ちの持ちようにもなってきます。



-離婚

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.