離婚

離婚をする前に利用したい「離婚相談」とは

スポンサードリンク

更新日:

パートナーと離婚がしたいと思っても、相手に離婚の意志がない場合やそれぞれが求める離婚に対しての条件が一致しない場合は平行線のまま話しが前に向いて進んでいかないようなこともあります。

離婚をすると決めた以上はできるだけパートナーと過ごす時間についても減らしたいと考えるのが普通だと思います。

ですが、どのような場合でも事前に離婚相談をしてから実際に離婚するかどうかについても考えたいものです。

スポンサードリンク

離婚相談とは?

無料相談については主に法律事務所で対応してもらうことができますが、自治体なども定期的に無料相談会を開催していることがあるので、このような相談会を利用して離婚をするかどうかを考えていくと良いでしょう。

また、有料相談をする場合は費用がかかってくるのでコストがかかってくるため注意しなければなりません。

無料相談に比べると親身に相談に乗ってくれることも多いので離婚問題がかなり深刻になっている場合は有料相談による方法もおすすめになります。

いずれにしても離婚問題は最終的にトラブルになることが多いので、そのような場合になった時に対応してもらうことができる法律の専門家を事前に確保しておくという意味でも相談をすることのメリットは十分にあるので相談から始めると良いでしょう。

男性が離婚相談する内容とは

離婚したいと考えている場合は一人で悩みを抱えるのではなく、離婚相談をして専門家のアドバイスを貰うこともおすすめします。

最近は無料相談に対応しているところも多いことやメールなどで相談をすることができるところもあります。

離婚をしたいと考えるのは男性、女性双方にあることです。

男性が離婚したいという場合は不倫が原因になっていることや価値観の違い、セックスレスなども最近は増えている原因の一つと言われています。

子供がいる場合の注意点としては妻側に過失があっても子供を育てることができると判断される場合は妻側に親権がいくのが普通になっており、親権を巡っての争いになってくると女性有利になるのが普通なので注意が必要です。

したがって、男性の離婚相談には親権をどのようにしたらとることができるのかということが相談内容になっていることが多いです。

これは、妻側に子供を見ることができないと判断されると親権を持てることもあります。

離婚にはさまざまなトラブルがつきものになっていますが、離婚をすることのメリットやデメリットなどをきちんと考えておく必要もあり、トラブルにならないようにするためにも専門家に入ってもらうことがおすすめになります。

離婚をする場合は離婚することに対してどのような条件を求めるのかということもあわせて考える必要がありますが、離婚をすることに対しての条件を明示することによって離婚の話し合いも前に向いて進みやすくなります。

女性が離婚相談する内容とは

離婚問題で悩んでいる場合に女性側が離婚したい場合の理由として多くなっているのは相手の不倫問題やDV問題などです。

不倫問題については昔から多い離婚事由の一つでもあり、最近は男性だけでなく女性が不倫をすることで離婚問題に発展するようなこともあります。

また、DV問題も深刻な離婚事由の一つとして最近では多く言われるようになっています。

これは相手に対して暴力を振るうことであり、肉体的なダメージはもちろんのこと精神的なダメージについてもかなり大きくなります。

こうしたDVの問題というのは昔からあることですが、最近はかなりエスカレートする傾向にあり、これが原因になることによって死に至るようなケースも実際にはあるので注意しなければなりません。

女性側に過失がなく相手側に過失がある場合の離婚は基本的に女性側が親権を取ることができるので、子供がいて親権を巡っての争いになる場合でも親権を取ることができないということはあまりありません。

しかし、状況によってはかなり問題が泥沼化してしまうようなこともあるので、必要に応じて弁護士など法律の専門家に仲介してもらって問題解決を図っていくというのも選択肢の一つとしてあります。

いろいろな離婚の形があるのですが、子供がいる場合はできるだけ親の争いに巻き込んでしまわないようにすることが大切で、子供の事を一番に考えて離婚問題を解決に導いていくということも意識して離婚問題に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク


離婚そのもので悩んでいる場合

長い夫婦生活を送っている人になってくると、これまでに離婚を意識したことがあるという人は大半です。

それでも離婚に至っていないのはその時の一時的な感情であることや離婚をすることのメリットとデメリットを天秤にかけた場合にデメリットが大きいなどが理由としてあります。

離婚をするということは夫婦関係の解消に繋がるのですが、これまでに夫婦で積み上げてきたものがリセットされることになるので、これによるデメリット要素というのはかなり大きくなってしまいます。

離婚をしたいと考えている人の中には迷いがあるという人も少なくないと思いますが、すぐに離婚を検討するのではなく、少し時間をおいて冷静に考えて離婚をすることに対してのメリットやデメリットなどを考えることも必要になります。

離婚にはさまざまなメリットやデメリットがありますが、離婚するかどうか本気で悩んで結局離婚を踏みとどまったという場合でも離婚をしなくて良かったと将来的に思う日が来ることも十分にあります。

どのような理由で離婚を考えているかによっても変わってくる部分はあると思います。

将来的に改善される見込みがあるのであれば結婚を思いとどまってしばらく様子を見るという選択肢もあると思います。

特に子供がいる場合は自分だけでなく子供の目線からも考えてあげることが大切です。

子供にとってみると大切な親であることには何の代わりもないので子供の意志の尊重は大切なことだと言えるでしょう。

離婚相談にかかる費用

離婚がしたいと強く思う場合にそれを実現するためにはパートナーの同意が必要になります。

婚姻関係というのは二人で成り立つものであるため、相手の同意を得ることができればスムーズに離婚をすることができます。

しかし、離婚をするということは関係を断ち切って赤の他人になるということでもあるので、できれば自分が有利に離婚を進めて行きたいと思うのが自然であり、どちらかに明らかな過失がないと円満離婚することが難しいこともあります。

離婚すると決断しても話しが前に向いて一向に進まないようなことも実際にはあるわけです。

そのような状態になってしまわないようにするためには離婚相談を専門家にしてアドバイスを貰うことがおすすめになります。

離婚相談をする場合、無料で対応しているところも多くあるのでお金に余裕がない場合は無料相談をすることも選択肢としてあります。

この場合はどのようなことを相談するのかという点について事前にきちんと考えておく必要があり、本来であればお金を取ることができる法律相談を無料にしているということはそれだけコストがかかっていることでもあります。

また、相談をしたところで仲介してもらう方が話も早いので無料相談を利用する場合も事前に相談する先の法律事務所の評判や口コミなどを確認して実際に離婚相談をするかどうか検討すると良いでしょう。



-離婚

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.