ダイエット

白湯ダイエットの効果まとめ【痩せた人のダイエット成功の秘訣とは】

投稿日:

巷で話題の「白湯ダイエット」。

多くの芸能人やモデルさんたちが実践し、多くの効果を上げているといわれている、話題のダイエット方法です。

カラダへの負担も少なく、日々の生活の中にちょっと取り入れるだけで、1か月に5㎏痩せた人もいるのです。

そんな話題の「白湯ダイエット」について、その方法や期間をご紹介いたします。

スポンサードリンク

白湯ダイエットの効果と効果が出るまでの期間とは

白湯ダイエットとは、白湯を飲むだけのダイエット方法。

ほかの食事や生活スタイルは一切変える必要はありません。

その方法は簡単。

水道水かミネラルウォーターをやかんで沸かして、40度前後になったら時間をかけてゆっくりと飲みます。

時間のないときは、電子レンジで熱くしてもOKです。

白湯ダイエットはどうしてそんなに効果があるのでしょうか。

それには大きく2つの理由があります。

まず第一に血行促進につながることで痩せやすい体を作ることがるから。

白湯を飲むと、体内が温まります。

人のカラダは、たとえ暑い暑い夏であっても、あまり冷たいものを飲みすぎると内臓が芯から冷えてしまい、基礎代謝が下がり痩せにくくなります。

体温が1度下がるごとに、なんと13%も基礎代謝が下がります。

逆に、体温が1度上がって、代謝が上がると、200カロリー分も消費していることになります。

白湯を飲むと体内がゆっくりと温められ、基礎代謝が上がり脂肪が燃焼。

結果として痩せやすい体になるのです。

第二の理由は、胃腸の動きが良くなることでデトックス効果があること。

白湯を飲むことによって内臓の温度が上がると、胃腸の動きが活発になり、胃の消化機能や腸の活動がアップします。

また、人のカラダは冷たいものを取り入れると、水分を体に溜め込んでしまいますが、逆に温かいものを取り入れると体外に排出しようとします。

その結果、利尿作用が働いて、お手洗いが近くなります。

体にたまった水分が抜けることでむくみ解消が期待できるのです。

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では、古くからこの「白湯を飲むこと」を生活の中に取り入れています。

白湯を飲むことは、体の自然治癒力を高めて、病気になりにくい心身を作るといわれています。

白湯を飲むことは、インドでも古くから当たり前のように取り入れられている、伝統的な健康維持の方法なのです。

白湯ダイエットで痩せた芸能人とは?

多くのモデルや芸能人の間で広まった「白湯ダイエット」ですが、これによって痩せたという人は多くいらっしゃいます。

例えば、深田恭子さんや山本モナさんです。特に深田恭子さんは、白湯ダイエットで5㎏痩せたと、話題になりました。

他にも多くの芸能人が「白湯ダイエット」を実践しています。

ベッキーさん、嵐の松本潤さん・牧瀬理穂さん・宇多田ヒカルさん・江角マキコさん、桐谷美玲さん、平子理沙さんなどです。

皆さんスリムでメリハリのある体形をしていらっしゃいますよね。

スポンサードリンク

効果がないという人は、飲むタイミングが間違っている?

白湯は、一日に数回に分けて、都度ゆっくり時間をかけて飲むことが効果的です。

なかなか効果が出ないと言っている人の中には、朝だけあるいは夜だけ、飲める温度になったら一気に飲み干してしまう人がいるようです。

しかし、白湯はダイエットに効果が出やすい飲み方があります。

  • 起きてすぐ
  • 朝食中
  • 昼食中
  • 夕食中

この4つの時間帯で、1回に少しずつ飲むようにしてください。

一度に一気に飲むよりも、何杯にも分けて飲んだ方が、白湯の効果を実感できるはずです。

1回に飲む量は、大体200ml程度。

1日に800mlが目安です。

これ以上多すぎると、今度はむくみが出てしまいます。

たくさん飲めば効果が早く出るというわけではありません。

一日の適量を守って、じっくりと時間をかけて継続してゆけば、気が付いたら効果が出ている!というのが「白湯ダイエット」の醍醐味です。

まとめ

白湯は水道水やミネラルウォーターを沸騰させて冷ましたものですから、はじめは味気なく感じるかもしれません。

しかし慣れてくると、次第に白湯に甘みを感じるようになります。

そうなってくると、余計な間食もしなくなり、白湯を飲むこと自体を楽しむことができるようになります。

予算はゼロで、健康的な体を保つことができる「白湯ダイエット」。

簡単に作ることができるので、一度試してみてください。

何か効果を実感できることでしょう。

少しでも効果を感じたら、習慣化して日々の体の変化を感じてくださいね。

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-ダイエット

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.