http://iden-tity.biz/zyosi-nayami

美容

粉末・チューブ・ペースト、どの状態が一番ショウガオールが多いの?

スポンサードリンク

更新日:

冷え性改善や代謝アップによるダイエット効果など、女性に嬉しい効果をもたらす生姜。

最近では、生姜パウダーや生姜ペーストの生姜製品が「手軽に温活できて便利!」と人気のようです。

そこで今回は、「粉末・チューブ・ペースト、どの状態が一番ショウガオールが多いのか」調べてみることにしました。

スポンサードリンク

粉末の生姜は、ショウガオールが多い?

粉末生姜(生姜パウダー)は、生の生姜を乾燥させて粉末化させたものです。

生姜を刻んだり、絞ったりせずに、粉末を料理やドリンクに入れるだけで、生姜の栄養をまるごと摂ることができます。

粉末生姜は、家庭で作ることができます。

生姜を薄くスライスし、一週間ほど風通しの良いところで干します。

乾燥してカラカラになった生姜をミキサーにかけて粉末にしたものが、粉末生姜です。

ただ、作るまでの作業には手間や時間がかかりますし、完全に水分を抜かないとカビが生えてしまうリスクもあります。

そこで便利なのが、粉末生姜(生姜パウダー)の商品です。

販売されている粉末生姜は、主原料である生姜の産地がきちんと表示されており、品質的に高いものが多いです。

生姜を乾燥させたものですから、生の生姜より長期の保存が可能です。

そして、粉末生姜にはショウガオールがたっぷり入っています。

生姜を乾燥させることでジンゲロールの一部がショウガオールに変化するからです。

ショウガオールは、体の芯(内臓)に働きかけ、全身の血流を促すため、体全体の体温を上げることができる生姜の成分です。

冷え性改善や免疫力向上、代謝を上げてダイエットに役立つ作用があります。

粉末生姜をホット紅茶やスープ、料理などに振りかけるだけで、ショウガオールを簡単に摂ることができます。

しかし、そんな粉末生姜には欠点もあります。

それは、どんな料理にも利用できるわけではないことです。

粉末ということで、温かい飲み物には解けやすいですが、冷たい飲み物にはなかなか溶けにくいですし、ヨーグルトなどのデザートやパンに塗るにも適していません。

粉末生姜は、ショウガオールたっぷりで体の温め作用に優れていますが、どんな料理にも利用できるわけではないようです。

生姜チューブは、ショウガオールが多い?

スーパーへ行けば、わずか100円程の低価格で販売されている生姜チューブ。

「生姜の皮をむいてすりおろす手間が省ける」という利便性の良さから、どこの家庭の冷蔵庫の中にも入っているのではないでしょうか。

生姜チューブの生姜は、生の生姜を使っています。

しかし、生の生姜が100%入っているわけではなく、添加物が加えられています。

「ハウスのおろし生しょうが」という生姜チューブの原材料を見てみましょう。

しょうが、でんぷん、食塩、デキストリン、ソルビトール、酒精、酸味料、安定剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンC)、調味料(アミノ酸)、香料、香辛料抽出物

このように添加物はかなりの割合入っております。

添加物は体を冷やします。

添加物が入っている分、体を温める作用には向いていないと思われます。

ちなみに、生の生姜を使用した商品ということでショウガオールもほとんど含まれていません。

生姜チューブは、ちょっとした薬味に使うには非常に便利ですが、体を温める効果には期待できない生姜製品です。

生姜ペーストは、ショウガオールが多い?

生姜ペーストは、生姜を加熱し、煮詰めたものです。

生姜の栄養素がギュッと凝縮されているということで、ほんの少量で効率よく生姜効果を得られます。

ペースト状のものは、原料や生姜の原産地がきちんと表示されており、品質が保証されている商品が多いという特徴があります。

しかし、生姜ペーストにするまでのコストがかかるため、生の生姜より値段が高いというデメリットもあります。

加熱し、煮詰めてあることから、ショウガオールがたっぷり入っています。

豊富なショウガオールのおかげで、体温が上がり、冷え性が改善したり、基礎代謝がアップすることでダイエット効果が期待できるでしょう。

ペースト状だから、どんな料理やドリンクにも使いやすいというのもメリットの一つ。

生姜ペーストは、ヨーグルトやアイスといったデザートやパンやクラッカーにも利用できます。

冷たい飲み物でも溶けやすいですし、豚の生姜焼きなどの料理にもよく絡みます。

生姜ペーストは、ショウガオールがたっぷり摂れますし、比較的どんな料理にも利用しやすいため、生姜製品の中でも利用価値は高いです。

ショウガオールを摂るならこれがおすすめ!

そんな使いやすい生姜ペーストの中で最もおススメしたいのが「ヴェーダヴィのジンジャーペースト」です。


ヴェーダヴィ ジンジャーペーストのサイトはこちら

ヴェーダヴィのジンジャーペーストの特徴

  • 高濃度のショウガオールを効率よく摂取できる
  • 辛味成分が豊富な熱帯産の生姜を使用
  • 着色料、香料、化学調味料、砂糖を一切使っていない
  • ペーストだからどんな料理にも使える
  • 辛みと甘みのバランスが絶妙でおいしい

ヴェーダヴィのジンジャーペーストは、生姜をしっかり煮詰めたペースト状だから、高濃度のショウガオールを効率的に摂ることができます。

生姜は、辛味成分(ジンゲロールとショウガオール)が豊富な熱帯産のものを使っています。

熱帯産の生姜は、国産の生姜に比べ、ジンゲロールが2倍、ショウガオールの量はなんと15倍も多く含まれています。

さらに加熱し、煮詰めたことでショウガオールの量が2倍もアップ!

着色料や香料など、化学調味料、砂糖は一切使っておらず、天然素材のみです。

肝心の味や風味ですが、生姜の辛みとはちみつの甘みが絶妙なバランスで配合されており、本格的なジンジャーペーストの味でとてもおいしいです。

味もピリリっと辛く、食べたらすぐに体がポカポカ温まるのを実感!

口コミでも大好評で「冷え性が改善した」「どんな料理にも使えて美味しい」と体への効果をはじめ、味や使いやすさへの高い評価が多く寄せられています。

気になるお値段ですが、1瓶(336g入り)で3,500円(税抜)です。

小さじ2杯で28日分の濃縮生姜ペーストが入っています。

1日たった125円で冷え性が改善できるなら、コスパ的にかなりお得です!

冷え性だけでなく、基礎代謝低下による体重増加、むくみなど、冷え性に伴う体の不調で困っている人には、ぜひともお試しいただきたい生姜ペーストです。

まとめ

以上が「粉末・チューブ・ペースト、どの状態が一番ショウガオールが多いの?」のまとめでした。

  • 「粉末生姜」と「生姜ペースト」はショウガオールがたっぷり摂れる
  • 「チューブ生姜」は添加物が入っているので体を冷やす
  • どんな料理にも利用しやすいのは「生姜ペースト」
  • 生姜ペーストの中でも「ヴェーダヴィのジンジャーペースト」が一番おススメ!

現在では、色々な生姜製品があふれていますが、その中でもショウガオールが多く含まれており、どんな料理にも利用しやすいのは、生姜ペーストです。

毎日の食卓の中に生姜パワーを摂り入れて、健康でキレイをいつまでもキープし続けましょう!



-美容

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2018 AllRights Reserved.