ウエディング

「少人数の結婚式」で出来ることやメリット・デメリットは?

投稿日:

昔と違い今はさまざまな結婚式の形があります。

その中でも年々、少人数の結婚式をするカップルが増加しています。

少人数の結婚式ではどのようなことができるのでしょうか、またメリットデメリットにも触れながら紹介します。

スポンサードリンク

少人数の結婚式では何が出来るの?

両親や親族、親しい友人だけを招いて結婚の報告をするタイプが、少人数の結婚式です。

特に何人以上、何人以下などといった明確な数字は決まっていません。

家族と親族だけて行う10名ほどの食事会のようなものから、家族と親族、友人を招く30名ほどのパーティまで、そのスタイルはさまざまです。

少人数の結婚式の形

少人数で結婚式を挙げるカップルはどのような思いを持っているのでしょうか。

  • アットホームな式にしたい
  • 大勢のゲストに集まってもらっても緊張するだけなので少人数がいい
  • ゲストとたくさん話をしたい

など理由はさまざまです。

大勢のゲストを招待して結婚式をあげたカップルからは、結婚式は緊張していたこともあり、慌ただしく、なかなか感謝の気持ちを伝える時間がなかったなど反省の声が多いのも事実です。

少人数の結婚式の場合は、スケジュールにも余裕があり、リラックスした状態で式に臨めるため、ゲストと話をする時間を持ち、感謝の気持ちを伝えることができます。

テーブルスピーチ

披露宴では、新郎新婦の友人一人が代表でスピーチを行います。

少人数の結婚式の場合は、一人一人の友人や家族からお祝いの言葉をいただくことができます。

少人数性ならではの式の形です。

手作り

例えば席札など、人数が少ないので手書きで用意することが可能です。

全員参加型

新郎新婦との距離が近い少人数の結婚式では、全員が参加できる演出を取り入れたおもてなしができます。

派手な演出や余興の時間を省くことで、食事をゆっくり楽しみ、ゲスト同士の会話、また新郎新婦との会話を楽しむ時間が持てます。

少人数の結婚式のデメリットとは?

少人数の結婚式を考えているカップルは、そのメリットに目を向けるだけでなく、デメリットにも目を向けておくことが大切です。

どのようなデメリットがあるのかを知り、プランニングの際はぜひ注意しておきたいものです。

会場探しの難しさ

会場選びは、ゲストの人数に関わらず手間がかかる上、そこにかかる労力はさほど変わりません。

例えば大安や吉日はすぐに予約で埋まってしまい、そこを狙うなら早く動く必要があります。

他にもブライダルフェアに参加したり、会場見学へ何度も足を運びお気に入りの会場を見つけることは、ゲストの人数に関係なく大変なものです。

その式場は少人数の結婚式に対応しているか

式場によっては少人数の結婚式向けにプランを作り、多くのノウハウや経験を持っている会場もあります。

しかし、少人数の結婚式に力を入れていない会場も一定数あるのも事実です。

そういうところで式を挙げた場合、結婚式にしたかったのに、普通の食事会になってしまった、なんていうことにもなりかねません。

そうならないためにも、ブライダルフェアへ足を運び、しっかりとプランナーさんと話をしておきましょう。

少人数の結婚式を専門に扱っているサービス会社などを利用するのもいいかもしれません。

会場の広さ

広い会場を選んでしまうと、ゲストに寂しい印象を与えてしまう場合があります。

結婚式専門の会場だけでなく、レストランや料亭、ホテルの小宴会場などを候補に入れてみるのもいいでしょう。

ゲストの人数に合わせて会場の広さを選ぶことが必要です。

会場や演出、ドレスの制限

自分の思っている式場、会場があったとしても、少人数に対応していない会場も多くあります。

10名の少人数で考えていたとしても、50名以上で利用が可能な会場であったりということも少なくありません。

また、レストランウェディングの場合は、会場の設備がホテルほど整っていないこともあり、ドレスのお色直しする部屋がなかったり、スカートが広いウェディングドレスでは通路を通ることができなかったりなど、ドレスの種類に制限が出てしまうこともあります。

演出の難しさ

少人数の結婚式では、そこでしかできない演出がある一方で、演出で失敗してしまうと単調で、寂しい披露宴になってしまうこともあります。

ゲストと話をする時間を持つために演出をしなかった場合も、盛り上がるポイントがなくなってしまい、ただの食事会になってしまったなどの失敗談もあります。

大きな演出を考えるのではなく、ゲストに合わせたプランを考えておくといいのかもしれません。

少人数の結婚式のメリットとは?

デメリットを紹介しましたが、少人数の結婚式には多くのメリットもあります。ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

感謝の気持ちを伝える機会

新郎新婦とゲストの距離がとても近くなります。

式と披露宴を通じて、自分たちの親族同士の会話が弾むのはもちろん、相手の親族との交流を持つことができるのもポイントです。

普段なかなか伝えることができない感謝の気持ちを伝えるいい機会になるのではないでしょうか。

準備が楽

何と言っても人数が少ない分、準備が楽です。

大勢のゲストを呼ぶ場合は、招待客リストと招待状の作成、参加者の座席配置表、引き出物の発注など細かい作業に時間と手間がかかってしまいます。

ゲストが少人数であれば、圧倒的に準備に必要な物が少なくて済みます。

また結婚式の準備は半年から1年ほどかかると言われていますが、少人数の結婚式の場合は3ヶ月ほどで準備をすることが可能です。

結婚式サービス会社によっては1ヶ月後の挙式から受け付けているところもあるようです。

親族だけでやりたい、忙しくて準備に時間が取れないなど考えているカップルに、少人数の結婚式をおすすめします。

家族との距離が近い

大勢のゲストを呼べば家族、親族は末席です。

どうしても距離が遠くなりがちで、話をする時間もあまり取れません。

少人数の結婚式は、家族とゆっくり時間を過ごすことができるのが特徴的です。

最近はホテルでも少人数用のプランを用意しているところも多く、小宴会場などを利用することも可能です。

家族との距離が近いアットホームな式にしたいカップルは、是非少人数の結婚式をあげてみるのはいかがでしょうか。

低予算

2016年ゼクシィ結婚トレンド調査2016のデータによると、全国平均の費用総額は招待人数が約71.6人で、359.7万円となっています。

少人数の結婚式の場合約30万円ほどでできてしまいます。

ゲストの数は食事などこだわる部分によっても金額は変わりますが、圧倒的に費用を抑えることが可能です。

まとめ

ゲストの人数が少ないからこそできる結婚式の形があります。

少人数の結婚式では、ゲスト一人一人に感謝の思いを伝え、おもてなしをすることができます。

少人数の結婚式を考えているカップルは、そのメリットだけに目を向けず、デメリットも理解した上でプランを考えていくといいのではないでしょうか」。

デメリットをうまく工夫することでよりよい結婚式ができるはずです。

最終的には無料カウンセリングやブライダル・フェアに行ってプランナーに相談した上で準備を進めていきましょう。

よく読まれている人気記事

1

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

2

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

3

ハーブ健康本舗のスッキリライフ通販から発売しているダイエットサプリメント「シボヘール」。 派手な宣伝は行われていないものの、口コミで少しずつ評判が広がっている話題の製品です。 「シボヘール」はきちんと ...

4

市販でも手に入る大人のカロリミットは、おいしく食事をしながらスリムな体型に近づけてくれる魅力的なサプリメントです。 しかし、カロリミットは続けて飲むべきものなので、少しでも安く購入したいでしょう。 そ ...

-ウエディング

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.