便秘 腸内環境改善

糖尿病の人の便秘解消にも、オリゴ糖が有効なのを知っていますか?

更新日:

多くの方が悩みの種として抱えている便秘。

特に、カロリー量や血糖値を気にしなければならない糖尿病の人は、便秘解消にも一苦労します。

そんな便秘に悩む糖尿病の人におすすめしたいのが、乳果オリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖になります。

こちらでは、乳果オリゴ糖が便秘を解消したい糖尿病の人におすすめできる理由を、乳果オリゴ糖の持つ性質と共に簡単にご紹介します。

糖尿病であっても、便秘解消はオリゴ糖

血糖値を気にする糖尿病の人にとっての有効な便秘解消の手段として、オリゴ糖の摂取がオススメです。

糖尿病の人の便秘解消に最適なオリゴ糖とは、一体どのようなものなのでしょうか?

便秘解消の効果で知られているオリゴ糖は、数多くの種類が存在します。

特に、難消化性のオリゴ糖に分類される「乳果オリゴ糖」は、消化されずに大腸まで届く唯一のオリゴ糖です。

その効果は科学的にも証明され、特定保健用食品つまりトクホを取得しました。

消化されることなく大腸にたどり着き、腸内に存在する善玉菌の量を確実に増やせられる乳果オリゴ糖は、便秘で悩む人にとって大変嬉しいオリゴ糖だと言えます。

大腸内の善玉菌が増えれば、結果として悪玉菌が減少します。

すると、便秘が解消されることはもちろん、正常な腸の働きにより体内の不要な毒素を排出がスムーズになり、肌トラブルの解消や体の健康維持が可能となります。

さらに、乳果オリゴ糖は、血糖値が気になる糖尿病の人でも安心して摂取できるという魅力も兼ね備えています。

その魅力は大きく分けて、緩やかな血糖値の上昇と低カロリーの2つになります。

オリゴ糖は血糖値の上昇が緩やか

難消化性の乳果オリゴ糖の「大腸まで消化されずに届く」という性質により、血糖値の上昇を抑えられます。

そもそも血糖値が上昇するのは、口にした食べ物に含まれる糖分が小腸内でブドウ糖として消化吸収され、血液に送られるという体の仕組みによるものです。

一方、難消化性の乳果オリゴ糖は大腸まで消化されずに届くので、小腸での消化吸収による急激な血糖値の上昇を引き起こしません。

つまり、乳果オリゴ糖は摂取しても血糖値の上昇が緩やかだからこそ、糖尿病の人でも便秘解消のために安心して摂取できるオリコ糖なのです。

カロリーもわずかなので、ご安心ください

血糖値の上昇が緩やかであることのほかにも、もう1つ糖尿病の人にオススメできるポイントとしてカロリーが低いことが挙げられます。

通常の砂糖であるブドウ糖1gが4kcalのエネルギー量になるのに対して、難消化性の乳果オリゴ糖1gは2kcalと約半分の低カロリーです。

低カロリーに加えて、通常の砂糖と同じくらいの甘さがある乳果オリゴ糖。

使用する砂糖の代わりに乳果オリゴ糖を少量使用するだけでも、便秘解消やカロリー量を抑えることが可能となります。

まとめ

消化吸収後の血糖値の上昇が緩やかで低カロリーという2つの嬉しい性質があるからこそ、糖尿病の人でも安心して摂取できる乳果オリゴ糖。

血糖値や摂取カロリー量が気になる糖尿病の人が、便秘解消を考える上では最適なオリゴ糖です。

便秘を解消しながら血糖値やカロリー量、そして健康管理のためにオリゴ糖を考える際には、難消化性の乳果オリゴ糖を検討してみてはいかがでしょうか?

よく読まれている人気記事

1

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが憂鬱。 夕方になると、足がパンパンで靴を履いていられない。 新しい服を買ったのにむくみが酷くてなかなか履く気分になれない。 食事制限しているのに見た目にあまり現 ...

2

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

3

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

-便秘, 腸内環境改善

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.