http://iden-tity.biz/zyosi-nayami

美容 腸内環境改善

バイタルフローラは妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な飲み方とは?

投稿日:

妊娠するとホルモンバランスの崩れ、運動不足、大きくなった子宮が大腸を圧迫するなどが原因でどうしても便秘しやすくなります。

長期に渡り、腸内に老廃物がヘドロのように溜まってしまうと妊婦さんの体調や気分が悪くなるだけでなく、お腹にいる赤ちゃんにまで悪い影響がでてきそうで心配ですよね。

また、赤ちゃんも母乳やミルクが少なかったりすると便秘になりやすいようです。

そんな便秘になりやすい妊婦さんや赤ちゃんに試してもらいたいのが、ビフィズス菌BB536を配合したバイタルフローラというヒト由来のサプリです。

  • バイタルフローラは妊娠中や赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?
  • 最適な飲み方とは?

など、バイタルフローラの気になる質問について以下にまとめてみました。

スポンサードリンク

バイタルフローラは妊婦や赤ちゃんが飲んでも良い?

妊婦さんが便秘解消によく利用するものといえば、ビフィズス菌や乳酸菌などの健康補助食品やサプリメントです。

こちらバイタルフローラは、健康的な赤ちゃんから発見されたヒト由来のビフィズス菌の機能性表示食品のサプリです。

機能性表示食品とは、安全性や機能性を科学的根拠に基づいて表示してあり、臨床試験などで効果が実証されていて安心して摂ることができるものです。

バイタルフローラに配合されているビフィズス菌BB536は、生まれたての赤ちゃんのお腹にたくさん生息している菌です。

だから、妊婦さんや赤ちゃんが飲んでも全く問題ないような気がしますが、正確なところどうなのでしょうか?

そこで、バイタルフローラの販売先である健康コーポレーション(株)さんの方に連絡し、妊娠中のママや赤ちゃんの便秘解消にも効果があるのかどうか、聞いてみることにしました。

妊婦さんが飲んでも大丈夫ですか?

健康コーポレーション(株)カスタマーサポートの人によるとバイタルフローラは、サプリメントという扱いなので妊婦さんが飲んでも体に害はないそうです。

とはいっても、妊婦さんの体調や状態によっても違ってきます。

いちを、かかりつけの医師に聞いてから服用した方がいい、というアドバイスをいただきました。

確かにバイタルフローラは、薬ではありません。

あくまでも機能性関与成分のビフィズス菌BB536ですから、副作用の心配はほぼないといって間違いないでしょう。

実際に、妊婦さんでビフィズス菌や乳酸菌のサプリメントを服用している人は数多くいます。

妊娠初期は、つわりの影響でまともに食事を摂ることができない、女性ホルモンの影響で腸のぜん動運動が滞るといった理由から便秘になりやすいです。

妊娠後期になると今度は大きくなった子宮が大腸を圧迫し、便が出にくい状態となるので、これまた便秘症状は改善されません。

あまりに便秘がひどい場合は、下剤を飲むという方法もありますが、妊娠中は赤ちゃんへリスクが高くなり、下剤に頼ることは控えるべきです。

その代わり、ビフィズス菌サプリが活躍します。

善玉菌がどんどんと増えていき、腸内環境が整えば、腸内の蠕動運動が活発化し、自然とお通じが良くなっていくというわけです。

バイタルフローラに含まれるビフィズス菌BB536は、たくさんあるビフィズス菌の中でも、特に人間の腸に適したビフィズス菌です。

そのビフィズス菌BB536のエサとなるミルクオリゴ糖も配合されているので、腸内の善玉菌が元気になっていくのが目に見えて想像できますよね。

ビフィズス菌BB536を飲むことで、妊婦さん本人の便秘解消だけでなく、お腹にいる赤ちゃんの免疫力を高めたり、アトピーやぜんそくなどアレルギー発生率を押さえられたり、いいことばかりです。

カプセル状なので、とても飲みやすいです。

たとえ、つわり中であっても簡単に摂取できます。

ビフィズス菌や酸素や胃酸などに弱いので、大腸に届く前に死んでしまうものがほとんどです。

ですが、バイタルフローラは遮光性の瓶と遮光性カプセルに入っているので、ビフィズス菌がきちんと腸まで届くんですって!

ビフィズス菌サプリを妊娠中にとっておいたほうがいい?

ちなみに妊娠中にビフィズス菌サプリメントを薦めるには理由があります。

それは、ビフィズス菌というのは母子間で遺伝するからです。

ママの腸内にいるビフィズス菌が少ないと赤ちゃんが通る産道のビフィズス菌の量も少なくなり、それが赤ちゃんの健康や体質に左右してしまうというわけ。

腸内にいる細菌の個性は、乳児期に決定し、その後一生変わらないと言われています。

生まれたての赤ちゃんの腸内細菌の個性は、出産後からわずかな期間に決まるわけですから、ママの責任は重大ですよね…。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、ビフィズス菌は妊娠中からとっておいた方が絶対にいいわけです。

赤ちゃんが摂っても大丈夫でしょうか?

では、赤ちゃんがバイタルフローラを摂っても大丈夫でしょうか?

バイタルフローラに配合されているビフィズス菌BB536は、もともと健康な赤ちゃんの腸内から発見された菌ですから、赤ちゃんが摂ってもなんの問題もないように感じます。

しかし、健康コーポレーション(株)の人からのアドバイスでは、かかりつけ医師に確認してから服用した方がいいと言われました。

確かに、赤ちゃんが直接口にするものですから、かかりつけの医師に成分や量を直接聞いてみてからの方が安心できるでしょう。

ちなみに、赤ちゃんの便秘症状が続いたら、すぐにサプリメントに頼るのではなく、白湯を飲ませたり、お腹をマッサージしたり。

いろいろと他の対処策を試みながらやっていく方がすんなりと便がでるのでおススメです。

それぞれの最適な飲み方とは?

妊娠中のママ、赤ちゃんが服用する際、最適な飲み方をそれぞれ見ていきましょう。

赤ちゃんに最適な量と飲み方

赤ちゃんの場合は、大人と同じく用量(1日2粒)はさすがに多過ぎますので、分量を控えなくてはなりません。

その場合、カプセル状なのでカプセルから取り出して分量を調節することになります。

少し手間がかかりますが、仕方ないでしょう。

白湯に溶かして飲ませても良いですし、ミルクに入れてもいいでしょう。

離乳食が始まっていたら、ヨーグルトに混ぜでもかまいません。

ただし、赤ちゃんにも個人差があります。

赤ちゃんの体調や状態、体重などによって分量は違ってくるので、飲ませる分量はかかりつけの医師に聞いてみてからの方がいいですね。

妊婦さんに最適な量と飲み方

妊婦さんの場合は、大人ですから通常の飲み方で問題ないと思われます。

バイタルフローラは、1日の摂取は2粒を基準として、好きなタイミングに水と一緒に飲むだけ。

カプセルタイプなので匂いはなし!

これだったら、つわり症状の人でも続けられそうです。

「たくさん飲めばそれだけ効果ある!」そんな思いで1日に4粒飲む人もいるそうですが、残念ながら、一度にたくさんの量を飲んでも効果はあまり変わりません。

大事なのは量ではなく、継続することです。

毎日継続して飲み続けることで、腸内の環境も良い方向へ変わっていき、頑固な便秘もスッキリと解消されていくでしょう。

便秘だけでなく、免疫機能が高まるので風邪なども引きにくくなります。

妊娠中の感染症予防にも効果ありそうです!

まとめ

以上が、バイタルフローラは妊娠中、赤ちゃんの便秘に飲ませても大丈夫?最適な分量は?のまとめでした。

バイタルフローラは、ビフィズス菌BB536とミルクオリゴ糖が配合された優れた腸内環境サプリメントで副作用の心配はありません。

基本的に健康な妊婦さん、赤ちゃんであれば、飲んでも大丈夫です。

便秘解消や免疫機能を高めるためにもぜひとも飲み続けてみてはいかがでしょうか。

よく読まれている人気記事

1

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

2

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

3

ハーブ健康本舗のスッキリライフ通販から発売しているダイエットサプリメント「シボヘール」。 派手な宣伝は行われていないものの、口コミで少しずつ評判が広がっている話題の製品です。 「シボヘール」はきちんと ...

4

市販でも手に入る大人のカロリミットは、おいしく食事をしながらスリムな体型に近づけてくれる魅力的なサプリメントです。 しかし、カロリミットは続けて飲むべきものなので、少しでも安く購入したいでしょう。 そ ...

-美容, 腸内環境改善

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.