http://iden-tity.biz/zyosi-nayami

ウエディング

先輩に学ぶ!結婚式で節約して後悔したもの・失敗したもの

投稿日:

結婚式は何につけてもお金がかかってしまうもの。

節約したいけれど一体どこを節約すればいいの?と悩んでいる人も多いはずです。

節約する場所を一歩間違えると結婚式が台無しに!なんてことにもなりかねません。

節約できるポイントと、節約して失敗したポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

司会を友人に依頼し、グダグダに・・・。

司会者は披露宴の進行をする上で最も大切な役割です。

司会者を雇うだけで5万円ほどかかってしまうため、どうしても節約したくなってしまうポイントかもしれません。

特に、少人数の披露宴や友人だけの披露宴の場合は特に、友人に司会を頼むケースが多いようです。

しかし、司会者はプロにお願いするのが正解です。

二次会とは違い、披露宴は司会進行がうまくいかないと披露宴全体が台無しになってしまいます。

盛り上がりすぎて収拾がつかなくなったり、グタグタになってしまったり。

結婚式らしい披露宴にしたいのであればここはプロにお任せしましょう。

段取りよく進行を進めていくためにも節約してはいけないポイントです。

披露宴のインテリア

披露宴会場のインテリアでは節約できるポイントがたくさんあります。

例えばペーパーアイテム。

これは最近の結婚式ではメジャーな節約ポイントになっており、多くのカップルが手作りをしてゲストをもてなすことで、節約に成功しています。

どのようなアイテムを手作りすることができるのでしょうか。

ウェルカムボード、招待状、席次表、席札などです。

時間と手間がかかるのが手作りの大変なところです。

しかし、手作りアイテムはゲストにも気持ちが伝わり、受け取ったゲストに喜んでもらうことができるのも魅力の一つです。

作成するにあたってキットなども市販で購入ができるため手作りできるところは手作りアイテムを活用させてみるといいですね。

ペーパーアイテム以外にも、二人を紹介するDVD作成も自分たちで作ることが可能です。

自分たちでできるものは、時間が許す限り手作りしてみるのはどうでしょうか。

時間がかかってしまうので早い段階で取り組むのがおすすめです。

また、手作り感が出すぎることで、貧相だと思われることのないよう、結婚式にふさわしいアイテムに仕上げていきましょう。

以外とかかる持ち込み料

忘れがちなのが持ち込み料です。

結婚式で必要になるアイテムは基本的には、式場と提携のあるところのものを利用するのが一般的です。

例えば引き出物やドレスなどです。

しかし、式場で用意するプチギフトや引き出物などが割高であるため、これらを式場と提携のない場所で購入をして式場に持ち込むことがあります。

この時にかかるのが持ち込み料、保管料といわれるものです。

持ち込むアイテムがたとえ安くついたとしても、持ち込み料を合算させると割高になってしまうことがあります。

この持ち込み料は会場によって料金が異なるため確認が必要です。

最近では持ち込み料のかからない会場も増えており、まずは会場選びの際に、持ち込み料の有無を確認しておくといいでしょう。

カメラマン代をケチり、後日後悔・・・。

写真も友人に任せてしまいがちなポイントです。

プロのカメラマンに撮影を頼み、アルバムを作成してもらうと10万円から20万円の予算がかかってしまいます。

結婚式とはいえ高いと感じるはずです。

結婚式は一生に一度だけなので、出来上がった写真を見て後日がっかり、なんてことにはなりたくないですよね。

ここはやはりプロのカメラマンに依頼することをおすすめします。

アルバムと一緒にデータもまとめて受け取ることができるため、結婚の挨拶や年賀状を作成する際にも使用できるので便利です。

メイクリハーサルもケチらない

写真うつりもやはり大切です。

結婚式で節約してはいけないのがリハーサルメイク。

リハーサルメイクは、結婚式当日のヘアメイクを事前に試すことができるものですが、料金は約2万円から3万円。

高い金額がかかってしまうこと、またリハーサルなしでも、ヘアメイク担当の人と当日のメイクと髪型を相談することができます。

ぶっつけ本番で問題なければいいのですが、実際はイメージしていたのとは違うなど、普段の自分のメイクと違い、違和感を感じることもあります。

ドレス選びに時間をかけても、ヘアメイクが決まらなければ意味がありません。

ここは危ない橋は渡らずに、節約をしないでリハーサルメイクをしておくことをおすすめします。

本番当日はもちろん、結婚式の写真は一生残るものです。

お気に入りのヘアメイクを見つけるためにもしっかりとリハーサルにお金をかけていいでしょう。

お色直しで節約する

節約できるポイントとしてはお色直しです。

新郎新婦の両方がお色直しをすると、ヘアメイクと合わせて20万円から30万円の費用がプラスでかかってしまいます。

思い切ってお色直しをしない、という方法もあります。

お色直しを省くと、本来であればお色直ししている時間を利用して、ゲストの方達と一緒に過ごす時間が長くとれるメリットがあります。

実際お色直しは時間がかかるものです。

最近ではお色直しをしないカップルも増えており、絶対にお色直しが必要というルールはありません。

例えばドレスはそのままで、アクセサリー、ブーケとヘアセットのみの変更という方法もあります。

新郎はネクタイやブートニアを変更します。

実際にこれだけでも随分雰囲気を変えられることができ、費用も5万円から10前円ほどに抑えることが可能です。

お色直しで節約したいカップルにはおすすめです。

また、お色直しで節約することは十分可能です。

料理・飲み物はおもてなし思考で!

料理、飲み物はゲストが一番楽しみにしているポイントです。

ここはやはり他を節約しても絶対にケチってはいけない部分なのではないでしょうか。

先輩カップルでは、ゲスト1人当たり1万7千円が料理にかける平均金額です。

最近、結婚式はゲストをおもてなしするものとして、料理や飲み物にお金をかけるカップルが増えています。

料理は念入りに決めておきたい部分です。

まずは必ず試食をすること、それからボリュームやコースの量を確認しておけるといいですね。

和洋折衷、フランス料理、中華料理、さまざまな料理が選ばれていますが、ゲストの年齢などにも配慮しながら決めていけるといいですね。

料理は節約するとゲストにも伝わってしまうものです。

他でうまくやりくりをしてしっかり予算を取れるようプランを立てておきましょう。

見積もりは思っていたより上がるもの

見積もりは、結婚式のプランを進めていくうちに値が上がっていくことがほとんどです。

ゲストの人数の増加、飲食のランクアップ、前撮り、二次会、両家の着付けなどです。

最終的に費用が増えることを想定しながら、うまくやりくりしていくことが重要です。

最初に予算をしっかりと決めておき、うまく節約しながら予算内に収まるようにうまく計画を立てていけるといいですね。

まとめ

結婚式では何かにつけて費用がかかり、しかも割高であることがほとんどです。

極力節約できるとこはしていきたいところですが、節約して後で後悔したり、結婚式が台無しになったりしては大変です。

結節約できるポイントとお金をかけるポイントをしっかり見極めて、無駄使いのない結婚式に仕上げていきたいですね。

よく読まれている人気記事

1

私の肌は乾燥肌であり敏感肌です。 若い頃は、肌トラブルとは全く無縁だったのに、出産後くらいから、肌に髪があたるだけで赤くなってしまうくらいデリケートな肌に。 それに柔らかくてしっとりしていた肌は年々硬 ...

2

年齢を重ねるにつれちょっとした刺激でも赤くなったり、かゆくなったり、肌トラブルが目立ってきて「何とかしたい!」と思っていました。 そんなとき、美容雑誌の特集でHANAオーガニックのスキンケアを発見! ...

3

ハーブ健康本舗のスッキリライフ通販から発売しているダイエットサプリメント「シボヘール」。 派手な宣伝は行われていないものの、口コミで少しずつ評判が広がっている話題の製品です。 「シボヘール」はきちんと ...

4

市販でも手に入る大人のカロリミットは、おいしく食事をしながらスリムな体型に近づけてくれる魅力的なサプリメントです。 しかし、カロリミットは続けて飲むべきものなので、少しでも安く購入したいでしょう。 そ ...

-ウエディング

Copyright© 30代・40代の女子力Navi , 2017 AllRights Reserved.