お墓に関する基礎知識

そもそもお墓の役割とは?

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

お墓は無意味に建てられているわけではなく、「遺骨を埋葬する場所」「家族が集まるきっかけ」「感謝の心の再認識」といった役割があります。

このページではお墓の持つ役割について詳しくご説明しているので、一度自分の考えを見つめ直してみましょう。

スポンサーリンク




お墓の役割とは?なぜ建てるの?

人が亡くなると葬儀が行われ、火葬された後にお墓へと埋葬されるのが日本での常識です。

当たり前のように行われている儀式ですが、そもそもお墓が持つ役割について知らない方は多いのではないでしょうか。

  • 亡くなった人が安心して住める家
  • お盆に参るため
  • みんなが建てているから

このように個人によって考え方は異なるものの、お墓にはきちんとした役割があります。

「お墓の必要性を知りたい」という方は以下を確認してみてください。

遺骨を埋葬する場所

お墓の最大の役割は遺骨を埋葬する場所の確保です。

故人にとってお墓は第二の家と言っても過言ではありません。

  • 亡くなった後に住む場所
  • 死ぬ瞬間まで安心して生きることができた証拠
  • 自分の家系の歴史を知る場所

上記のような意味合いがお墓にはあり、現在では檀家制度の導入によって納骨場所が必要となっています。

自宅で供養するケースもあるので一概には説明できませんが、火災や自然災害で故人の第二の家がなくなってしまう可能性があり、自宅は納骨場所として適さないのです。

文化の継承や家族が集まるきっかけ

四十九日の法要やお盆が文化の継承に該当し、お墓があることで家族や親戚が集まるきっかけとなります。

近くにお住まいであればまだしも、遠方に住んでいる親戚とは頻繁に会うことはできません。

そんな時にお墓があればお盆やお彼岸に離れた親戚と集まり、ご先祖様の話をして家族が一つになることで故人の供養に繋がるのです。

スポンサーリンク




感謝の心の再認識

現代社会で日常生活を送っていると、なぜ自分が生きているのか分からなくなることがあります。

ストレス社会と言われている現代だからこそ、自分の存在意義が薄れていくのかもしれません。

そんな時にお墓があればご先祖様のお陰で今の自分があると再認識でき、感謝の心を忘れずに済みます。

  • 自らの存在意義やルーツを知る
  • 命の尊さを改めて見つめ直す
  • 子孫の無事を守っていることへの感謝

お墓にはこのような役割があるからこそ建てる必要があり、次の世代へと受け継ぐ大切な存在なのです。

墓誌は必要?

墓誌とはお墓の横に建てる石板のことを指し、以下のような情報を彫刻します。

  • 亡くなった故人の名前
  • 没年月日や戒名
  • 法名
  • 享年
  • 略歴

墓誌には自身の先祖との繋がりや家の歴史を知るための役割を果たしており、一族の歴史を後世に伝える際に必要です。

しかし、供養をしていく上で絶対に必要なものではなく、墓誌がない場合には埋葬者の名前などは墓石本体に刻んで残していきます。

どちらにしてもお墓と墓誌は次の世代へと受け継ぐ目的があり、ただ無意味に建てられているわけではありません。

お墓の役割を知れば供養が意義深いものになる

改めてお墓の役割を理解して意味や由来を知れば、故人の供養が今まで以上に意義深いものになります。

お墓を建てて子孫が守っていくのは亡くなった方やご先祖様への供養に繋がり、限られた命の尊さを再認識できるのです。

役割や意味合いを理解していれば一生に一度のお買い物であるお墓選びも重要だと実感できます。

  • 立地(交通アクセス)が良いかどうか
  • 属している宗旨や宗派は何であるか
  • 予算や費用はどのくらいを想定しているか
  • 墓地内や周辺環境はお墓として適しているか

お墓選びのポイントを把握するのも大事で、代を越えて脈々と続いていく意味が込められているからこそ忘れてはいけません。

今一度お墓が持つ役割について見つめ直してみてください。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-お墓に関する基礎知識

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2020 AllRights Reserved.