哺乳類

ベンガル猫をペットとして飼う際の注意点まとめ【生態・餌・グッズ・病気など】

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ペットショップでも一般的な猫とは異なる雰囲気のあるベンガル猫。

一目を置くその野性的な存在感は、やはりそのヒョウの様な見た目からくるものではないでしょうか。

ベンガルの一番の特徴であるヒョウ柄はロゼットと言い、ベンガル特有のものになります。

他にも、タビーやマーブルなどもおり、同じベンガルでも多くの柄が存在します。

また、ヤマネコを原種とするベンガル猫は、筋肉質でロング&サブスタンシャルタイプと呼ばれる中型から大きめな体格、耳も大きく開いており、尾も細く長いです。

この体格もベンガル猫の大きな特徴と言えるでしょう。

このように、ヒョウを連想させるそのワイルドな見た目からは、気性が荒いように思いますが、実はのんびりとした性格をしている子が多いのです。

イエネコなどの一般的な猫とは異なる性格や、比較的大きな体格という特性を理解し、ベンガル猫との楽しい生活を始めてみませんか。

そこでベンガル猫を飼育する前に、その生態や背景を知ることから始めましょう。

また、飼育に必要な環境など、注意点についても解説いたします。

スポンサーリンク




ベンガル猫の生態 昼行性? 夜行性?

ベンガル猫の生態を知るには、ベンガル猫が野性の「ヤマネコ」と「イエネコ」を交配して生まれた猫種であることを理解する必要があります。

原産国であるアメリカのカリフォルニア大学では、ヤマネコなどの一部の野生の猫がネコ白血病の抗体を持っているという仮説から研究がなされていたそうです。

この研究のためにイエネコと交配して生まれたのがベンガル猫の原種です。

そのため、ベンガル猫は「ヤマネコ」のようなヒョウ柄の見た目と、「イエネコ」のようなのんびりした性格を持ち合わせているのです。

次に外見と内面について紹介します。

被毛について

まずは毛の質についてです。

毛は短く、その毛並みは密集しており、触ると絹のようにとても滑らかです。

また、非常に光沢感もあります。

短毛である猫種にはよく言えることですが、毛が抜けにくく、シングルコート。

つまり単毛ですので、ペットとして飼うには毛のお手入れが少なくて済みますし、シャンプーもそんなに必要ありません。

換毛期の脱毛が少ないのは猫を飼う側としてはありがたいメリットです。

ベンガル猫はイエネコの性格を持ち合わせていますので、撫でられると喜びます。

是非、スキンシップをして愛情を注いであげたいですね。

次に柄についてです。

ベンガル猫のヒョウ柄で最も特徴的なのが、ロゼットと呼ばれるスポットでしょう。

ロゼットは2色から成り立つスポットのことで、猫の中ではベンガル猫のみの特徴です。

ただし、交配を繰り返すことで生まれた猫種ですので、ロゼットを持たないベンガル猫もおり、縞模様であるタビーやマーブル柄もいます。

産まれて間もない頃は柄もまだはっきりしておらず、およそ5か月から模様もはっきりしてきます。

飼育を始める前には、子猫の月齢を確かめた方が良いかもしれません。

体格について

ベンガル猫は、筋肉質でロング&サブスタンシャルタイプと呼ばれる中型から大きめな体格で、体長は長いです。

そして、細身ではありますが筋肉質な体を持ち合わせています。

この体格の大きさは、背骨の節が一般的な猫に比べ一つ多いことが理由でもあります。

また、頭は小さめで、耳は大きめ、尻尾は細長いです。

これらの特徴も、ベンガル猫が野性的でかっこよく見える理由でしょう。

性格と行動について

性格と行動についても、イエネコとヤマネコの交配である特徴が表れています。

性格については比較的、イエネコの特徴を受け継いでいると言えるでしょう。

野性的な見た目とは裏腹に、人懐こく、温厚で社交的です。

親猫や兄弟猫などと一緒に過ごしていると、互いになめ合ったりじゃれ合っていたりもします。

あの大きな体格のベンガル猫がすりすりと寄ってきたり、猫同士で甘えたりする姿を見ることができたら、微笑ましい気持ちになりそうですね。

また、猫を飼育し始めるときは、家族に小さい子供や赤ちゃんがいると心配も多いかと思います。

ですが、攻撃的な性格ではありませんので、家庭でも仲良く過ごすことができます。

どの猫でも言えることですが、比較的猫が小さいうちから飼ってあげると、人との相性も良いことも多いですので、意識すべきポイントでしょう。

また、行動については比較的、ヤマネコの野性的な特徴を受け継いでいると言えます。

ベンガル猫は活発であり、好奇心旺盛です。

筋肉質な体格からも運動神経も抜群です。

高いことが好きなのはもちろんのこと、人の肩の上に登ってくるようなベンガル猫もいれば、猫としては珍しく水遊びが好きな猫が多いのです。

シャンプー嫌いな猫は多いですから、たまにシャンプーをする時でも困らなさそうですね。

人との相性はやはり良さそうです。

ですが、この活発な行動ゆえに、多頭飼いをされる時はよく考えてから始めるべきです。

他の猫種によっては、おっとりしていて行動もゆったりしていますので、そういった猫との相性は良くないこともあるでしょう。

ベンガル猫を飼育されている方にはベンガル猫のみを多頭飼いすることも散見されます。

異なる猫種と一緒に飼育する場合は、猫同士小さな頃から一緒に過ごすなどの工夫をすべきです。

スポンサーリンク




ベンガル猫の食事・餌は何? 1日どれだけ必要?

アレルギーやウイルス感染などを意識して、低アレルゲンのフードを選んであげましょう。

お肉や猫にとって最もタンパク源となりうる白身魚を主原料にしたフードなどです。

小麦粉やトウモロコシなどが主原料になっているとアレルギーになりやすくなります。

哺乳期

生後3週間までが哺乳期です。子猫用の哺乳瓶などを使い、ミルクをあげます。

離乳期

哺乳期以降から生後8週間までが離乳期です。ミルクに加え、子猫用のウェットフードをあげます。

成長期

離乳期以降から生後1年までが成長期です。

ウェットフードからドライフードに切り替えます。

成長盛んな時期ですので、生後6か月程度までは食べる量だけ与えても問題ありません。

しかし、それ以降、成猫になる生後1年までに向けては成猫の食べる量に合わせるように調整していきます。

スポンサーリンク




ベンガル猫を飼うために必要なグッズ

ベンガル猫の運動神経は他の猫よりもかなり抜群と言えます。

走るスピードも速いですし、高所にも簡単に登ってしまいます。

そのため、飼育環境については、運動量を確保できるかどうかが重要になってきます。

また、観察力と洞察力に優れている頭の良い猫ですので、しつけはしやすいですが、ドアや窓を簡単に開けてしまう猫もいます。

たくさん遊んであげる工夫や運動できる環境を整え、住居や家具類、キャットタワー等の配置を熟慮する必要があるでしょう。

キャットタワー

高所が好きなベンガル猫のために、キャットタワーが喜ばれます。

キャットタワーですが、ホームセンターなどに行くと、色々な種類のものがあります。

ベンガル猫の場合、体格も大きいですので、床から天井までの高さに調整できるタイプをチョイスしましょう。

転倒防止にもなりますし、一般的な猫より上下運動を好むベンガル猫に喜ばれます。

広い住環境

ベンガル猫は走るスピードも速く、あまりにも狭いところだと運動量の確保ができません。

猫のためにも飼う前には現在の住環境との兼ね合いを考えましょう。

ドアストッパー

最近はドアレバーをペットに開けさせないための猫用グッズもネットなどで販売されています。

ドアを開けてしまう猫ちゃんの場合は、家の中の危険箇所に近づかないようにするためにも必要です。

家具転倒防止グッズ

防災グッズとして家具の上と天井の突っ張り棒がありますが、地震対策以外にも使えます。

しかし、猫に登られないような位置に家具を設置するのが一番ではあります。

スポンサーリンク




ベンガル猫がかかりやすい病気

ベンガル猫特有の病気はありません。

他の猫を飼育される場合にも共通しますが、「ストレスによる不調」や「膀胱炎」には注意すべきです。

ストレスによる不調

先に述べたように、ベンガル猫は非常に多くの運動量が必要ですので、運動不足はストレスにつながり、心身へ悪影響を及ぼしかねません。

特に、皮膚疾患や過剰な脱毛などが見られたり、攻撃的になったりするなどがありえます。

大切なペットですので、いち早く異変に気付いてあげられるようにしましょう。

また、これは難しいですが、ベンガル猫はヤマネコとイエネコの交雑であるため、染色体異常による失明や貧血がみられるケースがあるのではとの報告がなされています。

アメリカで最初に交雑がされたのも1980年代ですので、疾患として明確になるまで、まだ年月がかかるものと思われます。

何か懸念しうる症状が現れたら、動物病院に相談をしましょう。

スポンサーリンク




ベンガル猫の基本データ

原産国 アメリカ合衆国
寿命 14年程度
体重 3kg~5kg
体長 55cm~80cm
性格 人懐こく、温厚で社交的
価格帯 100,000円~600,000円

原産国

アメリカ合衆国 カリフォルニア大学での研究による交配から生まれました。

寿命

平均的な寿命は14年程度と言われています。中には16年を超えるベンガル猫もいるそうです。

体重

 
体重は、メスが3~5kg、オスは5~7kgです。一般的なイエネコよりは大きめです。

体長

55cm~80cm程度です。

性格

人懐こく、温厚で社交的です。

価格帯

価格には幅があります。安価な場合は10万円くらいから、高価な場合は、60万円以上します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワイルドさのある魅力的な見た目の猫ですが、イエネコの人懐こさも持ち合わせる可愛らしい猫だということがお分かりいただけたかと思います。

運動量が確保できるか?先住猫との相性は大丈夫か?など、幅広い視野で考えてから、ベンガル猫との楽しい生活をお過ごしください!







この記事のURLとタイトルをコピーする

-哺乳類,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.