https://iden-tity.biz

ドコモ光 光回線

ドコモ光をお得に申し込める方法とは

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

通信サービスを申し込む際には、さまざまな方法から申し込み方法を選択できます。

どの申込み方法でも基本的に同一のサービスを利用可能ですが、申込方法によって異なるものがあります。

それは「いかにお得な条件で申し込めるか?」という部分です。

せっかく手間をかけて通信サービスを契約するのですから、少しでもお得な方法で申し込みをしたいところです。

そこでこの記事では、「ドコモ光をお得に申し込むための方法」について解説します。

ドコモ光や、光回線契約の申し込みをお考えの方は、是非とも参考にしてください。

ドコモ光の特徴とは

まず最初に、申し込む予定となるドコモ光の特徴について簡単に説明しておきましょう。

まず、ドコモ光は「ドコモの携帯電話とのセット割がある」という点が最大の特徴となります。

これは、「au:スマートバリュー」「ソフトバンク:おうち割」と並ぶ大手キャリア特有の割引サービスです。

対象となるサービスを同時に利用していることにより、該当の携帯電話契約の月額料金が安くなるという内容が共通しています。

ドコモ光の場合、ドコモ光とドコモの携帯電話契約を同時に利用することで割引の対象となります。

さらに、ドコモ光には「ずっとドコモ割」という割引サービスも同時に適用できます。

これにより、戸建てタイプの場合は月額最大5,700円、マンションタイプの場合は月額最大5,500円の割引が受けられます。

また、ドコモ光の特徴は「フレッツ光との違い」についても理解しておきたいところです。

御存知の通り、ドコモ光とフレッツ光、どちらもNTTグループの会社が運営している通信サービスです。

しかし、ドコモ光はドコモ、フレッツ光はNTT東西という、会社名で言えば別の会社の通信サービスです。

その違いとして、例えば「プロバイダ」の扱いが異なります。

ドコモ光の場合、「単独プラン」を除けばプロバイダ料込みの料金設定となります(タイプAとBで200円の違いがある)。

一方でフレッツ光の場合、プロバイダ契約は基本料金とは別個の扱いとなります。

インターネットサービスを利用する以上、実際にユーザーとインターネットを繋ぐ役割を果たすプロバイダは必須です。

ですがプロバイダ料が一緒になるのと別個になるのでは、料金面だけでなく支払い方法にも違いが及びます。

プロバイダ料込みのドコモ光の場合、月額料金は一括で月一での請求となります。

フレッツ光の場合はNTTから回線契約の月額料金が、プロバイダからはプロバイダ料を別々に請求されるので少し面倒です。

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用しているので通信サービスの本質は変わらないのですが、同じNTTでもこういった点で大きく異なるということをきちんと理解しておきましょう。

次に、ドコモ光の対応エリアについて解説します。

ドコモ光の対応エリア範囲はどこまで?

ドコモ光の回線は、前述の通りフレッツ光のそれと同じものです。

つまり、「ドコモ光の対応エリア=フレッツ光の対応エリア」ということになります。

フレッツ光は東西でサイトが異なりますので、お住いの住所に応じて下記のURLにアクセスし、エリア検索を実施してください。

NTT東日本エリア
https://flets.com/app2/search_c.html

NTT西日本エリア
http://flets-w.com/cart/index.php?cp=88888888

郵便番号等の情報を入力することで、お住いの住所がフレッツ光を利用可能であるかどうか調べられます。

利用可能エリア外である場合は基本的に申し込み手続きに進めませんので、お住いの住所情報の入力を間違えないように注意しましょう。

次に、ドコモ光を申し込むにあたって利用可能なキャンペーン情報について解説します。

ドコモ光の申込み時に使えるお得なキャンペーン情報

まずは「dポイント10,000ポイント」プレゼントキャンペーンです。

2017年9月30日までの期間限定のキャンペーンです。

dポイントはドコモではもちろん、全国のマクドナルドやローソン、無印良品ネットストアで利用可能なポイントサービスです。

また、このキャンペーンはdポイント10,000ポイントの代わりに、5,000ポイントと「dTVターミナル」プレゼントキャンペーンも選択できます(ドコモショップでの申し込みの場合のみ)。

次に「ネットトータルサポート割」です。

このキャンペーンは、ドコモ光の申し込みと合わせて「ドコモ光ルーター01」を購入すると、「ネットトータルサポート」の月額料金が割引されるキャンペーンです。

割引額は、毎月370円×24ヶ月、最大で合計8,880円の割引を受けられます。

ドコモ光はキャッシュバックキャンペーンある?

通信サービスのお得なキャンペーンといえば「キャッシュバック」を想像する方が多いのではないかと思います。

キャッシュバック型のキャンペーンには、前述のdポイントのようにポイントサービスや商品券などで還元するタイプのものと、口座に現金で受け取ることができるタイプに分かれます。

キャッシュバック型キャンペーンの優等生と言えば、やはり後者の方でしょう。

前者の方は用途がある程度制限されてしまいますが、銀行口座に送金される場合は基本的に何にでも使用できます。

さて、公式サイトではポイントサービスでのキャンペーンはありましたが、2017年6月時点では後者のキャッシュバックキャンペーンは実施されていませんでした。

ドコモ光に申し込む際に口座振込型のキャッシュバックキャンペーンを利用したい場合におすすめの代理店があります。

上記のサイト経由でドコモ光に申し込むと、地域限定ではありますが4,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

対象となるエリアは以下のとおりです。

エリアA
関西エリア:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県
九州エリア:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

エリアB
東北エリア:青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県

どちらのエリアの場合でも、キャンペーンはは6月27日までの期間限定です。

このキャンペーンの適用条件は以下のとおりです。

  1. GMOとくとくBBのホームページから、ドコモ光を申し込む
  2. 上記該当エリアでドコモ光を開通する
  3. 2017年8月31日(木)までに開通完了する
  4. ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに、GMOとくとくBBへ指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了する

これといって難しい条件はありませんが、送信されるメールに記載された期限内に、所定の手続きを完了させることは忘れないようにしておきましょう。

ドコモ光を使うメリット・オススメポイント

最後に、ドコモ光を選ぶメリットについて解説します。

まずは、前述の「携帯電話とのセット割」です。

ご利用中のスマートフォン・携帯電話がドコモの場合だと、戸建てタイプの契約で最大3,200円、マンションタイプだと3,000円の月額割引を受けられます。

「ずっとドコモ割」と合わせると、最大で2,500円の割引がプラスされます。

次に「dポイント」や「4,000円キャッシュバック」を利用できるというポイントです。

キャッシュバック額は他社光回線のキャンペーンと比較すると見劣りする部分もあるのですが、dポイントと合わせて最大で15,000円のキャッシュバックはなかなか魅力的です。

特に、同じNTTグループのフレッツ光は一昔前のような大々的なキャンペーンは身を潜めており、ドコモ光のほうがお得な条件で光インターネットを利用できる可能性が高いです。

次に「サポートの一元化」です。

これは、利用中のスマートフォンがドコモのスマホであることが条件となります。

スマホがドコモ、光回線もドコモとなれば、通信サービスの利用において何らかのトラブルが発生した場合、「とりあえずドコモに問い合わせてみよう」ということになるのです。

さらに、ドコモが全国に「ドコモショップ」を展開しているという点も、このメリットを引き立てます。

通信サービスを展開している企業の中には、実店舗を持たない、あるいは実店舗の展開が特定のエリアに集中しているということがあります。

この場合、実店舗での問い合わせが難しくなります。

一方でドコモを含めた大手キャリアと呼ばれる面々は、全国にショップを構えています。

これにより、お住いの地域がよほど僻地でない限り、歩いていける距離に何件もドコモショップがあるというケースが多くなります。

電話やオンラインでのサポートも利用可能ですが、スタッフと対面してのサポートを利用したいという人も多いです。

ご家庭での通信サービスといえば、今は固定回線とスマートフォンが現在の主流です。

ドコモの携帯電話契約者がドコモ光を利用すれば、通信関係のトラブルは全てドコモで問い合わせが可能になるということになります。

次に「プロバイダの選択肢が多い」ということです。

ドコモ光の場合、タイプAとタイプBそれぞれに豊富なプロバイダの選択肢があります。

フレッツ光の場合もそれなりのプロバイダが選べますが、ドコモ光はその上を行きます。

また、プロバイダの選択肢が少ないソフトバンク光などと比較すると、好みのプロバイダを選ぶことができるという点が大きなメリットです。

プロバイダごとにサービス内容が異なりますので、インターネットの利用において最も利便性の高いプロバイダを選ぶことが快適なインターネットライフを導きます。

ドコモ光の場合、フレッツ光ほどプロバイダごとの料金の差が少ないのも特徴です。

タイプAのほうが200円安いだけなので、プロバイダの選び方による金銭的な負担は最小限に抑えられています。

また、一部のキャンペーンは特定のプロバイダを選択することが条件に指定されている場合があります。

例えば前述のキャッシュバックキャンペーンを実施している「GMOとくとくBB」です。プロバイダにそれを選ぶと無線LANルーターを無料でレンタルできます。

では、それらを踏まえた上で「どんな人ならドコモ光がおすすめなのか?」ということですが、やはり「ドコモのスマホユーザー」が最もメリットを享受できます。

何と言ってもスマホと光回線のセット割はご家庭の通信費の削減に大きく貢献してくれます。

プロバイダや代理店のキャンペーンを利用することももちろん必要なことではありますが、月額料金を割引してもらえるセット割の存在は無視できません。

ただし、ドコモのスマートフォンを解約して別のキャリアに乗り換える場合はセット割も終了となります。

つまり、少なくともしばらくの間はドコモのスマートフォンを使い続けられる人でないと、セット割のメリットは十分に活かせません。

結論として、すでにドコモのスマートフォンを契約していて、しばらく別のキャリアに乗り換える予定がない人であれば、ドコモ光のメリットを十分に活かせるのだと言えます。

また、サポートがドコモに一本化しているという点について、通信サービスの利用に不安を抱える初心者ユーザーにもお勧めであると言えます。

光回線のサポート体制は本家のフレッツ光のほうがおすすめなのですが、携帯電話のサポートも一本化しているため、通信サービスの総合的な窓口として利用できるという一面があります。

サポートが必要になる場面が頻発しても困りものですが、トラブル発生時に「どこに問い合わせれば良いのだろうか?」と悩まなくて済む点は初心者にとって大きなメリットになります。

逆に、プロバイダに精通するほど固定回線サービスの利用に慣れているユーザーにもおすすめです。

ドコモ光はプロバイダの選択肢が多く、お目当てのプロバイダを利用しやすいです。

他社の場合、回線契約によってはお得なセット料金では利用できないプロバイダも多いです。

特に、月額料金が安めのタイプAで利用可能なプロバイダに目をつけている場合であれば、ドコモ光は非常におすすめの光回線であると言えるでしょう。

まとめ

ドコモ光をお得に申し込むためには、スマートフォンがドコモのもので、ネット代理店で申し込むのが最もお得な方法であると言えます。

公式サイトやドコモショップで契約するのも良いのですが、少しでもお得な条件でドコモ光を利用したいと考えるのであれば、ネットの代理店での申し込みがおすすめの方法です。

実店舗とは異なり、人件費がかかっていない分、キャンペーン内容に反映させることができるのです。

もちろん、代理店で申し込めば常にお得だということでもありません。

代理店サイトのキャンペーン内容を精査し、その内容が自分にとってお得な条件であるか、何かデメリットはないかということをきちんと把握することが重要です。

期間やお住いのエリアを限定して実施されているキャンペーンもありますので、魅力を感じたキャンペーンがあれば早めに精査してしまいましょう。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.