https://iden-tity.biz

ドコモ光 光回線

Wimaxとドコモ光徹底比較【料金・速度・サポートなど】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

現代は、インターネットによる恩恵が日常生活にさまざまな影響を及ぼしています。

もはや必須のツールとも言えるインターネットですが、ネットを利用する方法は様々なものがあります。

大きく分けると「固定回線」「モバイル」になるのですが、その中間とも言えるものが「WiMAX」です。

外出先での利用が中心となりますが、自宅で固定回線代わりにも使えるという便利なサービスです。

そこで今回は、WiMAXとドコモ光を比較してみたいと思います。

Wimaxの特徴まとめ

まずは、WiMAXの特徴について簡単にまとめておきます。

まず、WiMAXはモバイル通信サービスの一種です。

携帯電話と異なる点は、それ単体で通話やデータ通信を行うのではなく、スマートフォンやノートパソコンなどでデータ通信を行う際の媒介となるという点です。

要するに、固定回線におけるルーターのような役割をしているのです。

WiMAXは、モバイルWi-Fiサービスの中でもKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が提供するサービスです。

その特徴としては、モバイルルーターの中では特に通信速度が速いことです。

条件次第ではありますが、最大で400Mbpsを超える最大通信速度でインターネットを利用できます。

また、外出先でもこれだけの通信速度で利用できるというだけでなく、光回線の約半分ほどの最大通信速度であるという点も魅力です。

例えば、引っ越しが多い人はその都度固定回線契約について手続きしなければなりません。

移転手続きか、あるいは引っ越しを機に回線契約を乗換えることもできますが、少なからず面倒な手続きが必要です。

WiMAXの場合は引っ越しの事務手続きは必要ですが、基本的にどこでも利用できます。

加えて最大通信速度がそれなりに速いので、固定回線契約を利用せず、外出先でも自宅でもWiMAXでインターネットを利用するという利用スタイルがあります。

固定回線契約と比較すると「開通工事が不要」という部分も大きなメリットです。

申し込んで、必要な機器がUQコミュニケーションズから届いたら、基本的にその日のうちにWiMAXを利用開始できます。

使用する機器にもよりますが、1台の機器で10台以上のデバイスをインターネットに接続することもできます。

無線通信に対応していればパソコンでも接続できますので、上手に使えば固定回線とモバイル通信契約をWiMAX一つで賄うことも十分に可能です。

その分だけ通信費は節約する見込みがありますが、使い方次第では短期間のデータ通信量による速度制限を受ける可能性もあります。

通信速度を重視しない使い方であればまだしも、そうでなければ不便さを感じることになるでしょう。

ドコモ光との比較(料金・速度・サポート体制)

次に、ドコモ光との比較を行います。

まずは料金面での比較です。

料金面

ドコモ光は戸建てを想定すると、戸建ては5,200円~5,400円でインターネットを利用できます。

対してUQ WiMAXの方は、月間のデータ通信量に上限がない「ギガ放題」であれば、月額4,380円で利用できます。

ですが、ドコモ光はマンションタイプの場合は4,000円~4,200円であり、マンションでの利用であれば(割引を考慮しなければ)両者に料金面での差はほとんど無いと言えます。

次に、通信速度についてです。

通信速度

WiMAXについては先程説明したとおり、ドコモ光は最大で1Gbpsのプランを選択できます。

問題なのは数値よりも「安定度」でしょう。

無線通信技術であるWiMAXは、どうしても利用環境に強く影響を受けてしまいます。

外出先でも使えるというメリットはありますが、使用する場所によってはルーターのスペックを活かしきれない可能性があります。

対して固定回線の場合は、近隣のユーザー数が急激に増加したり、格下の周辺機器、デバイスに変えない限り通信速度は比較的安定します(既に不安定の場合は別ですが)。

最後にサポート体制ですが、どちらの契約もサポート体制に関する悪い口コミがいくつか見受けられます。

とは言え、ドコモと、WiMAXの本家のUQコミュニケーションズのKDDIグループはどちらも通信最大手の会社ですから、十分信用できるレベルではあると思います。

ただし、WiMAXはUQコミュニケーションズ以外でも契約できるため、どこで契約したかによってサポートの信頼度も違うのではないかと思います。

ドコモ携帯を持っているなら、ドコモ光がおすすめ

さて、マンションタイプの契約であればドコモ光とWiMAXにそこまで差がないと言いましたが、その差を決定的にするものがあります。

それは「ドコモの携帯電話契約」です。

もし、この記事をご覧になっている方がドコモのスマートフォンを利用している場合、ドコモ光のほうが安く利用できる可能性が高いです。

ドコモ光とドコモのスマートフォンをセットで利用すると、ドコモの携帯電話契約の月額料金が最大で毎月3,200円安くなるのです(マンションタイプの場合でも3,000円)。

つまり、ほぼ拮抗しているマンションタイプどころか、戸建てタイプの場合でも大幅に安い料金でインターネットを利用できるのです。

さらに、固定回線もモバイル回線もドコモになるということで、ドコモショップの利便性が向上します。

固定回線もスマートフォンもドコモになるので、ドコモショップへ行けばどちらのトラブルに関しても問い合わせが可能になります。

もちろん、プロバイダに問い合わせるべき問題であればドコモショップでは解決できないことも多いのですが、それを知ることができるので今後の問い合わせがスムーズになります。

Wimaxからドコモ光への乗換に必要な手続きとは

WiMAXとドコモ光はそもそもサービスの種類自体が違いますので乗り換え、とは言い難いかもしれません。

ですが、WiMAXが不要であれば解約して、ドコモ光を契約する必要があります。

重要なのは「WiMAXが必要なのかどうか」ということと「解約のタイミング」です。

まず、WiMAXは固定回線代わりに利用できるとは言え、その本質は固定回線ではありません。

外出先でも利用できるのですから、「家では固定回線」「外ではWiMAX」という使い方はできます。

これが不要な場合であれば、つまり外出先でのWiMAXの利用価値が無いのであれば、ドコモ光に乗り換えるにあたって解約するべきでしょう。

ほぼ同水準の料金設定ですから、単純に2倍のコストを負担することになることは無視できません。

次に、WiMAXを解約するタイミングです。

解約も申し込みも、手続きから実際にサービスの利用開始・終了までは時間がかかります。

問題になるのはWiMAXのサービス終了後にドコモ光がまだ利用できない状態にあることです。

この場合、ドコモ光を利用開始できるまでパソコンでインターネットが利用できません。

スマートフォン等、何か別のネット利用法を確保しておくか、ドコモ光の開通を確認してからWiMAXの解約をすることをお勧めします。

まとめ

そもそも固定回線とモバイル端末の違いで見れば別のサービスになりますが、固定回線代わりにも使えることを考えるとインターネットの利用状況が比較対象となります。

外出先での利用は必須であるか、その他のデバイスに接続する予定があるのか、WiMAXに対する評価は固定回線よりも複雑であると言えます。

ドコモ光との比較で最も大きなポイントは「ドコモスマホとのセット割」ですが、それ以外の部分にもきちんと目を光らせる必要があります。

ドコモ光を選ぶ場合は外出先でのネット接続方法を確保しなければなりませんので、料金面だけ比較して安易に乗り換えることは避けたほうが無難です。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.