https://iden-tity.biz

ドコモ光 光回線

フレッツ光とドコモ光徹底比較【料金・速度・サポートなど】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

知り合いからも聞かれたことがありますが、ネット上でもこうした疑問を見かけたことがあります。

「フレッツ光はNTT、ドコモ光はドコモでNTTグループ」

「なら、両者で何が違うのか?」ということです。

確かに運営会社が全く別であれば理解もしやすいですが、同じグループ会社の回線契約となると何が違うのか気になるところです。

ですが、冷静に分析すれば両者は全く別物であることがわかります。

そこで今回は、「フレッツ光」と「ドコモ光」を比較したいと思います。

フレッツ光の特徴まとめ

まずは、フレッツ光の特徴について解説します。

冒頭でも触れていますが、フレッツ光はNTT東日本およびNTT西日本が提供する光インターネットサービスです。

比較するドコモ光などの光コラボの本家であり、両者は同じ回線を使用しています。

厳密に言えば、光コラボ各社はNTT東西からフレッツ光と同じ回線を利用してインターネットサービスを提供しています。

つまり、回線品質の違いによる通信品質の違いは生じないということです。

そして、光コラボの本家であるということで、光コラボ各社よりもサポートが安定しているという点が大きなメリットです。

インターネットを利用するにあたっては、どうしてもトラブルの発生を回避することはできません。

絶対に起こる、というわけではないものの、仮にトラブルが発生した時には場合によっては大ダメージとなります。

フレッツ光は光コラボ以上に長くサービスを提供し続けている実績があり、これがサポートにも反映されています。

ドコモ光との比較(料金・速度・サポート体制)

では、ドコモ光との比較に入りたいと思います。

まずは料金面での比較です。

フレッツ光(東日本)の戸建てプランの月額料金は5,700円、それに対してドコモ光の月額料金は5,200円もしくは5,400円です。

ドコモ光の料金は選択したプロバイダによって異なるのですが、問題なのはこの「プロバイダ」の料金です。

5,700円と5,200円~5,400円であればほとんど変わらないのではないかと思われるかもしれませんが、フレッツ光の月額料金にはプロバイダ料が含まれていません。

フレッツ光の戸建てタイプのプロバイダ料は、プロバイダによって500円~1,200円と幅があります。

これを合計すると、合計の月額料金は6,200円~6,900円に跳ね上がります。

一切の割引を考慮しない場合であれば、ドコモ光のほうが1,000円前後安く利用できるということになります。

次に、通信速度の違いについてですが、これは決定的な違いはありません。

「ADSL」や「WiMAX」であれば比較もしやすかったでしょうが、先程も説明したとおりフレッツ光とドコモ光は同じ回線を使っています。

なので、回線品質による通信品質の違いはありません。

プランを選び間違えなければ、どちらの回線契約でも最大1Gbpsの通信速度でインターネットを利用できます。

ただし、実際に出せる通信速度は別の要因によって変動しますので、その点については口コミ等を参考にして選ぶと良いでしょう。

最後にサポート体制についてですが、これは前述したとおりフレッツ光のほうが安定したサポートが受けられます。

ドコモも老舗の通信会社ではありますが、こちらの本業はあくまでもモバイル端末です。

2015年からスタートした光コラボの一つであり、固定回線契約の運営実績はそこまで長くありません。

光インターネットサービスの提供実績で言えば、その前身である固定回線契約も含めれば相当な実績を持つフレッツ光には及ばないと言えます。

インターネットや通信機器に疎く、トラブルの発生時に手厚いサポートを期待したい方は、フレッツ光のほうがメリットが大きいと言えます。

ドコモ携帯を持っているなら、ドコモ光がおすすめ

ドコモ光の利用を決定的にするものとしては、「ドコモの携帯電話」を利用していることが挙げられます。

ドコモ光を利用するにあたって、ドコモのスマートフォンを利用している場合であれば、スマートフォンの月額料金を安くしてもらうことができます。

割引額は「ドコモ光の利用が戸建てかマンションか」と「利用中の携帯電話契約のデータパックの内容」によって決まります。

得られる最大割引額は、戸建てで3,200円、マンションで3,000円と、侮れない金額を割引してもらえます。

元々、ドコモ光のほうが料金面ではアドバンテージがありましたが、これを適用できれば大幅に安い料金でインターネットを利用できる計算になります。

さらに、月額料金に関してはドコモに一本化できるという点もメリットになります。

フレッツ光は前述の通り基本料金にプロバイダ料が含まれていません。

そのため、光回線に必要な月額料金はNTTとプロバイダで別々に請求されています。

ドコモ光やその他の光コラボについては、基本料金にプロバイダ料が含まれています(プロバイダ料別のプランもありますが)。

その料金についてはドコモに一本化されており、ネット料金とプロバイダ料が別々に請求されるということはありません。

通信費や口座残高の管理という観点で見ると、少なからずメリットが有ることになります。

フレッツ光からドコモ光への転用に必要な手続きとは

もし、フレッツ光を利用中のユーザーで、ドコモのスマートフォンを利用中であれば乗り換えをお勧めしたいところです。

そして、フレッツ光からドコモ光へは「転用」というシステムを利用できます。

転用の手続きは、まず最初に「転用承諾番号」を取得します。

その際には、フレッツ光の契約者情報(IDや電話番号など)が必要になります。

番号を取得したら、ドコモにて申込手続きを行います。

その後、いくつかの手続きを経て、ドコモ光の利用開始となります。

フレッツ光からの転用なら、訪問工事も不要!

さて、この手続のどこにメリットが有るのかと言えば「開通工事が不要」ということです。

通常、フレッツ光やドコモ光などの光インターネットサービスの利用開始には光回線の引き込み工事が必要になります。

しかし、フレッツ光から光コラボに転用する場合、開通工事無しで利用中のフレッツ回線をそのまま光コラボに流用できるのです。

ただし、フレッツ光からの転用にあたって通信速度を早める場合は工事が必要になります。

同じ通信速度で利用する場合は、基本的に派遣工事無しでドコモ光を利用開始できるのです。

工事費用がかからないだけでなく、立ち会いが不要なのでスケジュールの調整が不要になるという点がメリットになります。

他にも、フレッツ光への解約時の違約金の支払いが不要などのメリットもあります。

ただし、一度ドコモ光に転用したらフレッツ光に再転用することはできません。

戻したい場合、通常の回線契約の乗り換えと同じ扱いになりますので、違約金の支払いと初期工事の発生というリスクを負うことになります。

まとめ

同じNTTグループの光回線契約ではありますが、フレッツ光とドコモ光ではさまざまな部分で異なっていることを念頭に置き、比較する必要があります。

特に、同じNTTグループでも「セット割」はドコモ光でしか適用されませんので、ドコモユーザーはドコモ光に転用すれば通信費の節約に繋げられるでしょう。

手厚いサポート体制であればフレッツ光のほうが有利だとは思いますが、既にフレッツ光を利用してインターネットに慣れている人であればそこまでの恩恵はないのではないかと思います。

転用の手続きはネット・電話・ドコモショップと3種類の方法があり、特にスタッフと対面できるドコモショップであれば不安な点も解消しつつ手続きができるのではないかと思います。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.