https://iden-tity.biz

ドコモ光 光回線

BBIQ(ビビック)とドコモ光徹底比較【料金・速度・サポートなど】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

お住いの地域によって、さまざまな通信サービスを契約できます。

しかし、固定回線の場合だと一世帯で契約する回線契約は一つだけに限定されることでしょう。

これから新規契約する場合や乗り換えを検討する際には、その通信サービスの特徴を正確に把握し、比較することが重要です。

そこで「BBIQ」と「ドコモ光」の特徴を比較してみたいと思います。

BBIQ(ビビック)の特徴まとめ

まず、BBIQの特徴について解説します。

BBIQは九州地方で提供されている光回線サービスです。

九州の外では契約できませんので、九州から外のエリアに引っ越す際には解約しなければならないという点がネックです。

しかし、メリットが多い契約でもあります。

まずは「BBIQつづけて割ビッグ」という割引サービスがあることです。

これは戸建てプランを対象としたサービスで、5年契約を条件として月額料金を4,700円(100Mコースなら4,400円)まで割引してもらえるサービスです。

しかも、割引の適用の最初からずっと割引が永年継続するので、ずっとお得な料金で光回線を利用できるのです。

また、BBIQは「auスマートバリュー」の対象サービスとなっています。

BBIQの光インターネットに、光電話をセットで利用すると、auのスマートフォンの月額料金を毎月最大2,000円引きしてもらうことができます。

この割引は、家族のauスマートフォンの契約にも有効であり、光回線1契約につきauの携帯電話契約最大10回線まで割引が適用されます。

つまり、最大で毎月20,000円の節約になり、2年間でなんと480,000円の通信費節約になるのです。

家族でauのスマートフォンを利用しているのであれば、その人数が多いほど高額な割引を受けられる可能性があるということです。

さらに、「BBIQ VISAカード」で料金を支払うとお得な特典を利用できるという点も魅力です。

支払いによるポイントの付与や、「BBIQクラブオフ」のVIP待遇も受けられるのです。

ドコモ光との比較(料金・速度・サポート体制)

次に、ドコモ光との比較を行います。

まず、料金に関しては5年契約を前提とした戸建てプランであれば、BBIQのほうが安く利用できます。

1Gbpsのプランで4,700円であり、ドコモ光の戸建て利用料金5,200円~5,400円と比較して500円以上安くなります。

長くBBIQを利用できることを前提とすれば、BBIQのほうが通信費節約につながると言えます。

ですが、マンションタイプの契約については、ドコモ光のほうが安くなる可能性があります。

ドコモ光のマンションタイプの契約は、月額4,000円~4,200円です。

一方でBBIQ光の月額料金は3,800円~5,500円と非常に大きな幅があります。

これは、同じマンションでBBIQを利用している世帯数によって3,800円・4,300円・4,800円・5,500円の4段階の料金設定となっています。

加入世帯数が16戸以上であれば月額3,800円で少し安いのですが、8~15戸でほぼ同額、それ未満の世帯数だと4,800円以上になり、ドコモ光の4,200円よりも大幅に高くなります。

BBIQは九州地方での知名度が高いので同じマンションで契約者数を募りやすいですが、ドコモ光のほうが料金が安くなる可能性が高い事には変わりません。

ちなみに、どちらの場合もプロバイダ料込みの料金設定です(一部、プロバイダ契約が別になるプランもあります)。

次に通信速度ですが、どちらの回線契約も最大通信速度は1Gbpsです。

注意すべきポイントとしては、100Mbpsのコースを選択しないことです。

きちんと、最大通信速度1Gbpsのプランを契約するようにしてください。

サポート体制については、現時点では目立った評価はありません。

以前は、ドコモ光の評判の悪さが目立っていましたが、光コラボがスタートしてすでに2年以上経過し、新規申し込みも落ち着いた現在ではサポート体制もしっかりしている印象です。

ドコモ携帯を持っているなら、ドコモ光がおすすめ

もし、ドコモ光とBBIQでお悩みの方の中に「ドコモのスマートフォン」をご利用中の方がいらっしゃいましたら、間違いなくドコモ光のほうがお得に利用できると言えます。

ドコモ光の割引サービスの中には、ドコモの携帯電話契約とのセット割が含まれています。

これは、ドコモの携帯電話契約の月額料金を割り引くものです。

つまりドコモ光の月額料金には直接関係しないのですが、通信費という括りで言えば同じ話です。

ドコモのセット割は、戸建てで最大3,200円、マンションタイプで最大3,000円の割引が受けられます。

ただし、割引額はドコモのスマートフォンのデータパックの内容次第であり、場合によっては割引額が1,000円未満になるケースもあります。

ですが家族で大容量のデータパックを利用している場合、高額な割引を受けられる可能性が高いです。

仮に、ホームタイプ月額5,200円のプラン(プロバイダ)を選択し、月額3,200円の割引を受けられれば、実質2,000円で光インターネットを利用できる計算になります。

また、料金面以外にも「サポート」においてもメリットがあります。

ドコモ光もドコモのスマートフォンも、問い合わせ先はドコモです。

つまり、パソコンもスマートフォンも、通信関係でトラブルが発生した時はドコモショップに行けば解決できる可能性が高いのです。

モバイルと固定回線が別会社となると、それぞれ別会社に問い合わせることになります。

ドコモユーザーがドコモ光を選択すれば、どちらのトラブルであってもドコモに問い合わせれば問題を解消できる可能性が高いです。

別々の問い合わせ先を把握しておく必要がなく、ネット利用に問題があればドコモショップへ行けば良いので気楽です。

BBIQ(ビビック)からドコモ光への乗換に必要な手続きとは

BBIQからドコモ光に乗り換えるに当たっては、BBIQの解約手続きが必要になります。

BBIQの解約手続きは、電話にて実施できますが、その際には「違約金」などの問題についてきちんと把握しておく必要があります。

もし、5年契約の「つづけて割ビッグ」を利用している場合、最大で30,000円(12ヶ月未満で解約した場合)の違約金に加えて、撤去工事費用5,000円も支払わなければなりません。

解約のタイミングをある程度調整できる場合は、契約中のプランで解約時の違約金が発生するかどうか、発生する場合はいつ解約すれば最小限の支払いで解約できるか調べておきましょう。

また、解約とドコモ光への申込手続きのタイミングによっては、インターネットが使えない期間が発生する可能性もあります。

その場合、事前に連絡して代わりの連絡手段を確立しておかなければなりません。

その他、本当にドコモ光への乗り換えが正しいのかどうか検討しておく必要があります。

BBIQからドコモ光への乗り換えの事情によっては、プラン変更などで対処できる可能性もあります。

一度乗り換えをすると、戻す際にも違約金や手続きの手間がかかることになります。

「本当にドコモ光に乗り換えて問題ないか」ということを、事前にきちんと検討することが重要です。

検討した上で「問題ない」と判断した場合には、違約金等の問題を考慮した上で最適なタイミングで解約手続きと申込手続きをしてください。

まとめ

光回線契約をお得に利用するための鍵を握るのは「スマートフォンとのセット割」の存在です。

回線契約単体でも割引は提供されていますが、割引額の最大金額はセット割のほうが上です。

お使いのスマートフォンの月額料金を安くできる固定回線契約を選び、通信費を削減しましょう。

通信速度やサポートについては、利用するタイミングや地域によって違いがありますので、ネットの口コミなどを参考にして調べることをお勧めします。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.