https://iden-tity.biz

ドコモ光 光回線

nuro光とドコモ光徹底比較【料金・速度・サポートなど】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

ご自宅でパソコンを使ったインターネットを利用したい場合、ほとんどの人は固定回線契約を結んでインターネットを利用することになるかと思います。

しかし、通信サービス自体は同種のものであっても、さまざまな通信会社が選択肢として挙げられています。

選択肢が豊富なのはユーザーの利益となりますが、ユーザー側としては選ぶ際の比較が大変です。

ですが、少しでも満足できるサービスを選ぶためには、比較の手間を惜しんではいけません。

そこで今回は、「NURO光」と「ドコモ光」を比較してみたいと思います。

nuro光の特徴まとめ

まず、NURO光の特徴について解説します。

まず、NURO光の最大の特徴といえば「最大2Gbosの通信速度」です。

ドコモ光を始めとした一般的な光回線契約の最大通信速度は、どこも概ね1Gbpsです。

つまり、NURO光の通信速度は他社の約2倍の速度であるということになるのです。

もちろん、NURO光を利用していれば常にその速度が出るというわけではありません。

NURO光を始めとした通信サービスの通信速度は「最大」とか「概ね」と表記されています。

通信サービスの通信速度というものは理論上の最大数値であり、実際に出せる速度はご利用の環境によって異なります。

とは言え、きちんと通信設備等を揃えていれば、NURO光が他社よりも速い速度を出しやすいということには変わりません。

次に「料金が安い」ということです。

戸建てタイプの契約の場合、一般的な光回線契約の料金はプロバイダ料込みで5,000円を上回ることが多いです。

しかし、NURO光の場合は月額5,000円を若干ですが下回る料金です。

通信サービスは長く使い続けることを前提とすることが多く、毎月支払う月額料金が少しでも安いということは大きなメリットです。

さらに、NURO光を利用すると「カスペルスキー」のセキュリティソフトが無料で利用できるというメリットもあります。

最大で5台のデバイスに適用可能であり、無料とは言え有名所のセキュリティソフトであるため安心感は十分です。

他にも、期間限定ではありますが「高額なキャッシュバックキャンペーン」を実施しているという点も特徴の一つです。

ドコモ光との比較(料金・速度・サポート体制)

次に、ドコモ光との比較を行います。

まずは「料金面」での違いです。

ドコモ光の場合、戸建てプランでは「タイプA」「タイプB」「単独プラン」の3種類のプランから選べます。

それぞれプロバイダの取扱が異なり、料金はそれぞれ5,200円・5,400円・5,000円+プロバイダ料となります。

基本的にタイプAかタイプBで選ぶことになると思います。

安い方のタイプAでもNURO光の月額料金4,743円より高額になります。

また、初期工事費用については、ドコモ光は18,000円、NURO光は40,000円とNURO光の方がかなり高額な工事費用が必要になります。

割引を受けられるとは言え、短期間で解約する場合は工事費用の残りを一括で請求されるので注意が必要です。

次に「通信速度」についての違いです。

前述の通り、NURO光の通信速度は最大2Gbps、一方でドコモ光の通信速度は最大1Gbpsとなっています。

最大通信速度で言えばNURO光のほうが圧倒的に速い速度を実現していますが、注意点もあります。

実際に出せる通信速度は、ご利用の地域や通信環境によって大きく左右されるということです。

例えば、低スペックのデバイスでインターネットを利用しても、通信速度が速くてもページの表示速度やダウンロード時間は低速のままです。

また、有線よりも無線通信のほうが通信速度は遅くなりやすいです。

同一のエリアでのユーザー数が多いと回線が混雑しやすく、インターネットに繋がりにくいことも多いです。

とは言え、理想的な通信環境を整えられれば、速い速度が出やすいのがNURO光であるということには変わりません。

次に「サポート体制」ですが、これは後ほど解説することにします。

NURO光の運営会社であるSo-netも、ドコモ光のドコモもどちらも通信会社としては大手であるため、そこまでサポートの質に上下はないと思われます。

他に大きな違いとしては「提供エリア」が挙げられます。

NURO光は関東地方1都6県だけとなっています。

一方でドコモ光は全国さまざまな地域で利用可能です。

NURO光の提供エリア内にお住まいの場合であれば良いのですが、それ以外の地域にお住まい、または引っ越しする場合はNURO光を利用できないのは大きなデメリットです。

ドコモ携帯を持っているなら、ドコモ光がおすすめ

もし、この記事をご覧になっている方が「ドコモ携帯」をご利用中の場合であれば、ドコモ光を選ぶことをおすすめします。

基本的な月額料金はNURO光のほうが若干ですが安いです。

しかし、これに「セット割」を加算すると、ドコモ光のほうが通信費を節約できる可能性が高いのです。

セット割は、ドコモ光とドコモの携帯電話契約を同時に利用することで、毎月最大で3,200円もの割引を受けられる可能性があるのです。

高額なセット割を適用するためには大容量のデータパックを契約している必要がありますが、ご家族でドコモのスマートフォンを利用している場合だと大容量のデータパックをご利用になっているケースが多いです。

その場合、そのご家庭で支払う通信費をセット割によって安くできるため、通信費全体で見た節約効果はドコモ光のほうが大きくなりやすいのです。

逆に、もしソフトバンクの携帯電話をご利用中の場合は、NURO光がおすすめです。

NURO光の「NURO光でんわ」を利用することを条件として、ソフトバンクの携帯電話契約の月額料金を割引してもらえるサービスです。

また、メリットはそれだけではありません。

利用中のスマートフォンがドコモのもので、ドコモ光を契約するということはもう一つの側面があります。

それは「スマホも固定回線もドコモ」ということです。

ある意味で当たり前なことではありますが、要するに「問い合わせがドコモに一本化する」ということになります。

例えば、ドコモのスマホユーザーがNURO光に乗り換えたとします。

その場合、スマホのトラブルはドコモに、固定回線のトラブルはSo-netに問い合わせることになります。

しかし、ドコモ光の場合であれば、スマホも固定回線もドコモに問い合わせることができます。

もちろん、場合によってはスマホのメーカーやプロバイダに問い合わせるように指示されることもあるでしょう。

しかし、それは他社回線契約でも同様です。

問い合わせの最初の窓口がドコモに統一されることにより、通信サービスでのトラブルはとりあえずドコモに問い合わせしようということになるのです。

加えて、ドコモの場合は全国に「ドコモショップ」がありますので、電話やメールでの問い合わせが嫌だと言う場合はそちらを利用できます。

このように、ドコモの携帯電話契約を結んでいる人の場合、ドコモ光を選ぶことには相応のメリットが有るということになります。

まとめ

ドコモ光は、ドコモが提供する光回線サービスというだけあってドコモユーザーが利用することが特におすすめできるサービスです。

NURO光の場合は通信速度の点では光回線随一の評価ですが、提供エリアが非常に限定的であるという点が大きなネックとなります。

NURO光の提供エリア内にお住まいでドコモ光とお悩みの場合は、ご利用中の携帯電話契約がドコモかソフトバンクかで選ぶと良いでしょう。

もちろん、料金面だけがメリットになるわけではありませんが、今やインターネットは必要不可欠なサービスであり、長く利用することを想定すれば少しでも安く利用できる方がメリットが大きいです。

しばらくドコモ以外のキャリアのスマートフォンを利用しないという場合であれば、ドコモ光一択で間違いないと言えます







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.