https://iden-tity.biz

ドコモ光 光回線

J-COM(ジェイコム)とドコモ光徹底比較【料金・速度・サポートなど】

投稿日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

引っ越しなどを機に、固定回線契約を見直すことはよくあります。

固定回線契約は地域ごとに契約可能な通信会社が異なりますが、基本的にどの地域でもいくつかの選択肢があるものです。

選択肢があるということは、それぞれの特徴を把握してよりお得で便利なサービスを選びたいところです。

そこで今回は、「J-COM」と「ドコモ光」を比較してみたいと思います。

J-COMの特徴まとめ

まずは、J-COMの特徴について説明します。

この記事をご覧になっている方の中には、J-COMと言えば「ケーブルテレビ」の会社であると思っているのではないかと思います。

しかし、J-COMはテレビサービスの他にもネットや電話といった通信サービスを提供しています。

その性質が料金プランにも如実に現れていると言えます。

ネット単体では高額な月額料金であり、最大で月額6,500円の料金がかかります。

しかし、電話やテレビとセットで利用することにより割引が受けられ、比較的割安な料金でこれを利用できます。

また、J-COMは「auスマートバリュー」の対象サービスの一種です。

「ネット」「テレビ」「電話」のうち2種類以上をセットで利用している場合、auの携帯電話料金が毎月最大2,000円安くなります。

インターネットだけでなく、テレビや電話サービスも必要としており、さらにご家族でauのスマートフォンを利用しているご家庭の場合、通信費を大幅に節約できる可能性を秘めた回線契約であると言えます。

次に、ドコモ光との比較を行います。

ドコモ光との比較(料金・速度・サポート体制)

まずは料金面での比較についてです。

通信速度最大1Gbpsのプランで言えば、J-COMの場合は「auひかり」を利用したプランになります。

ネット料金単体で考える場合(プロバイダ料込み)、auひかりのプランは月額6,500円と、他社と比較すると1,000円以上高い料金になります。

一方でドコモ光の場合、プロバイダによってプランが異なりますが、月額5,000円~5,400円で利用できます。

単純に考えると、ネット料金単体で考える場合はドコモ光のほうが1,000円ほど安く利用できるのです。

次に、通信速度について比較してみます。

先ほど「J-COMの1Gbpsのプランはauひかりコース」ということを説明しています。

J-COMには他にもコースが有り、auひかりのプランと比較すると安い料金で利用できます。

しかし、その最大通信速度は320Mbpsのコースが最速で、最低速度で言えば1Mbpsという、光回線と比較して圧倒的に遅い速度しか出ないプランまであります。

ちなみに、それぞれのコースと基本料金を比較してみると以下のとおりです。

  • 320Mbpsコース:月額6,000円
  • 120Mbpsコース:月額5,500円
  • 12Mbpsコース:月額3,980円
  • 1Mbpsコース:月額2,980円

もちろん、テレビサービス等のセットコースによって料金は安くできます。

しかし、単体だと上記の値段設定であり、昨今の固定回線サービスとして12Mbpsおよび1Mbpsでは(ウェブサイトの閲覧やメールの送受信くらいしか利用しないのであればまだしも)まともにインターネットを利用することは難しいです。

一方で120Mbpsおよび320Mbpsコースであればある程度快適なネット環境は構築できますが、同じ価格帯でもドコモ光であれば1Gbpsの速度が出せるプランを選択できます。

通信速度で固定回線を選ぶのであれば、わざわざJ-COMを選ぶ理由は無いと言えます。

次に、サポート体制についての比較です。

前述の通り、J-COMはケーブルテレビ中心であるためか、ネットに関してのサポート体制はあまり充実していないように思えます。

実際、ネット上にはJ-COMのネットについての問い合わせで相当な苦労をされたという意見がいくつか見受けられます。

一方でドコモ光の場合、最も得意とする分野は携帯電話サービスであるとは言え、通信会社として老舗です。

本家フレッツ光(NTT東西)と比較すれば見劣りする部分もあるかもしれませんが、サポート体制について大きな不満を感じることはないと思われます。

ドコモ携帯を持っているなら、ドコモ光がおすすめ

もし、ご利用中のスマートフォンがドコモである場合は、まず間違いなくドコモ光を選択するべきであると言えます。

先ほど「J-COMはauスマートバリューを利用できる」という話をしています。

ドコモ光の場合は当然ながらドコモの携帯電話契約に絡めた割引サービスを用意しています。

ドコモ光とドコモの携帯電話を一緒に利用している場合、セット割として戸建てでは最大3,200円、マンションタイプの場合は3,000円の月額割引を受けられるのです。

これ自体は固定回線の割引ではありませんが、スマートフォンも固定回線も基本的に同じ人が支払うものです。

つまり、ドコモ光を契約してセット割を適用できれば、その人が毎月支払っている通信費を節約できるということになるのです。

もちろん、auやソフトバンク、格安SIMを利用している場合はこれを利用できないので、ドコモのスマートフォンを利用している人の特権であると言えます。

また、ドコモのスマートフォンを利用している人がドコモ光を利用することには他にもメリットがあります。

どちらも運営会社はドコモであるということはつまり、問い合わせの窓口がどちらの場合もドコモであるということになります。

要するに、スマホでも固定回線でも、通信関係のドラブルが発生した時はドコモに問い合わせれば良いということになります。

加えてドコモの場合、全国に「ドコモショップ」が展開しているため、実店舗での問い合わせができるということになります。

もちろん、電話やメールフォームでの問い合わせも可能です。

問い合わせの理由となるトラブルの原因がドコモ側にない場合(端末側の問題など)であれば対処できませんが、ひとまずの窓口としてドコモに問い合わせれば良いとかんがえられるのは気楽です。

J-COMからドコモ光への乗換に必要な手続きとは

もし、J-COMを利用していて、ドコモ光に乗り換えようと考えているのであれば、まずはJ-COMの解約について考慮する必要があります。

解約時に違約金がかかる可能性が高いので、契約書などを確認して違約金の条件等をしっかりと把握しておきましょう。

次に、ドコモ光の契約についてですが、可能な限りお得な条件で契約できるようにすることをおすすめします。

ネット上で運営している代理店サイトであれば、キャッシュバックなどのキャンペーンを利用できる可能性があります。

なお、J-COMの解約とドコモ光の契約との間にネットの不通期間が発生する場合は、その間の代替通信方法についてきちんと確認しておきましょう。

特に、パソコンのメール等で頻繁にやり取りしている人がいる場合は、携帯電話や固定電話での連絡に一時的に切り替えてもらうように連絡しておく必要があります。

まとめ

テレビや電話などを一緒に利用することを前提とすれば、J-COMもお得に利用できます。

しかし、こと「インターネットの利用」に重点を置く場合であれば、J-COMだと割高で速度にも難ありのサービスを利用することになってしまいます。

特に、ドコモのスマートフォンを利用している人にとっては、セット割によってドコモ光を大幅にお得な条件で利用できます。

J-COMの場合だとauスマートバリューが利用できますので、ドコモ光とJ-COMでお悩みの場合はまず利用している携帯電話契約のキャリアが鍵となります。

その上で、実際に料金を試算してみましょう。

J-COMの場合は基本的に料金が割高であるため、割引を適用できてもドコモ光のほうがお得な料金で利用できる可能性もあります。

J-COMは他のサービスとの兼ね合いもあり料金計算が少し複雑なのが気になります。

ですが、公式サイトには料金シミュレーションが用意されていますので、それを利用して両者の料金の差をきちんと確認しておくことをおすすめします







この記事のURLとタイトルをコピーする

-ドコモ光, 光回線

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.